街レポート

清澄白河(江東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

清澄白河(江東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

清澄白河は、もともと下町風情を感じる街として親しまれてきましたが、最近では“アートの街”や“カフェの街”として、若者たちから注目を集めるようになりました。おしゃれな街として徐々にその名を知らしめていますが、実はとても住みやすい街でもあるのです。今回は、そんな清澄白河の魅力をご紹介します。

アートの街・カフェの街・そして住みやすい街

「清澄白河」という名前は、つい最近生まれた呼び方です。このエリアに駅が作られたのは2000年代以降のことで、2000年に都営地下鉄大江戸線、2003年に東京メトロ半蔵門線の駅が開業しました。この駅の駅名をつける際に、近隣の「清澄」と「白河」の地名を合体させて生まれたのが、今の清澄白河のエリアになります。清澄白河も江戸の文化が根付く深川エリアに属しています。

もともと清澄白河は深川エリア開発の際に起点となった場所と言われています。清澄地区を流れる小名木川は、江戸時代に塩を江戸市中に運ぶために整備された川であり、江戸初期から物流の拠点でした。その名残から、清澄白河周辺には江戸時代に造られた堀割が今も多く残っています。

関東大震災や東京大空襲の影響で歴史を感じる建物はなくなってしまい、今の清澄白河には繁栄していた頃の面影はあまり感じにくいかもしれませんが、この周辺を散策してみると歴史を感じるスポットが多く点在しています。

利便性の高い交通アクセス環境

清澄白河には、都営地下鉄大江戸線と東京メトロ半蔵線の2線が乗り入れています。乗り換えなしで新宿駅や渋谷駅などの都内ターミナル駅へのアクセスが可能なので、通勤・通学はもちろん休日のお出かけもしやすいエリアです。都営新宿線の菊川駅や森下駅は徒歩圏内。バス路線も充実しており、都営得両国駅、とうきょうスカイツリー駅入り口経由 亀戸駅行、門前仲町・月島駅・勝どき駅経由 豊海水産埠頭行など多方面に路線バスが出ています。

駅前に広がる「清澄庭園」の自然

駅から徒歩3分にあるのが「清澄庭園」です。こちらは「泉山」「築山」「枯山」を中心とした回遊式林泉庭園で、明治時代に三井財閥の創業者である岩崎弥太郎によって造園されました。当時は社員を休ませたり接待に利用したりと、さまざまな目的で使われていたと言われています。昭和初期になると、岩崎家が東京都へ、この庭園の一部を寄付したことで都立庭園となり、今は都民や観光客が多く訪れる場所となっています。清澄庭園内には、大正記念館や涼亭といった歴史的建物もあります。さらに、庭園内には芭蕉の句碑もあり、庭園のすぐ外には芭蕉が住んでいたと言われる「採茶庵跡」があります。

アートの街”としての側面

清澄白河には多くの美術館やギャラリーが点在しており、“アートの街”として有名です。1995年に東京都現代美術館が開館して以来、最先端のアートを見るために多くの芸術家・ファンが集まっています。その影響から、周辺にはギャラリーが増えていき、アートの街として有名になりました。清澄白河は、かつて水運の倉庫が多かった場所ですから、柱などが少なく大きなアート作品も保管・展示しやすい物件が多かったことも、この街とアートの親和性が高まった要因と考えられます。深川資料館通りでは、定期的にアートイベントが開催されており、街ぐるみで盛り上がっています。

“カフェの街”としての側面

アートの街として有名な清澄白河ですが、最近はアメリカ発の「ブルーボトルコーヒー」やニュージーランド発の「オールプレス エスプレッソ」など、国内外の有名焙煎所やカフェが続々と出店しており、カフェの街としても注目を浴びています。この現象は2014年ごろから起き始め、多くのカフェは駅から少し離れた倉庫街や住宅街にあります。どのカフェも繁盛しているようで、休日になると行列を作っている店舗も少なくありません。清澄白河の落ち着いた雰囲気の中で、美味しいコーヒーをじっくりと堪能できるからこそ、カフェの街としても根付いたと考えられます。

住みやすい雰囲気とレトロな物件

最近、多方面から注目を浴びている清澄白河は、下町情緒を感じることのできるとても住みやすいエリアでもあります。都心でありながら駅前には「清澄庭園」、少し足をのばせば広大な敷地を誇る「木場公園」があり、自然が豊富です。また、かつての名残から街には水路が流れており、お散歩におすすめのスポットとなっています。住宅街のため、落ち着いた雰囲気で治安が非常に良いエリアです。

清澄白河には、地域密着型の商店街が充実しています。「深川資料館通り商店街」は歴史ある寺社仏閣や史跡に囲まれた商店街で、昔ながらの呉服屋・豆腐屋・石屋をはじめ、100店ほどの商店が立ち並んでいます。漫画家・田河水泡の作品「のらくろ」に会える街として主にファンの間で有名なのが、「高橋のらくろード商店街」です。のらくろに囲まれながらショッピングや食事を楽しむことができます。他にもスーパーマーケットなどが点在しているので日常のお買い物に不便を感じることはないでしょう。

清澄白河はバラエティに富んだ住宅物件が揃っています。下町らしい雰囲気が好きな方はレトロ物件に、アートが好きな方はリノベーションマンションに、ファミリーなら一戸建てに、といった具合に自身のライフスタイルや趣味に合った物件を選ぶことができます。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

昔懐かしい下町情緒たっぷりの清澄白河には、和食店が191件、居酒屋が124件あります。最近は、カフェの街として注目を浴びていることで、カフェが88件と増えている傾向です。韓国料理店や焼き肉店の数は少なくどちらも10件もありませんでした。

どんな業態が出店チャンス?

清澄白河に出店している業態でもっとも多いのが『和食』と『居酒屋』という2つのジャンルです。清澄白河で新規店舗をオープンするならこの2ジャンルがおすすめです。繁盛している店の近くに出店すると、同じように客足の途絶えない店になる傾向が大きくなります。さらに人を集めやすいメリットもあります。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
カフェの居抜き

周辺の主なスポット

・深川江戸資料館
・清澄庭園
・霊源寺
・本誓寺
・臨川寺
・深川稲荷神社
・清澄公園
・田河水泡・のらくろ館
・深川図書館
・芭蕉記念館
・深川不動
・アンドーギャラリー
・ブルーボトル清澄白河
・ワイルドシルクミュージアム
・小名木川
・福富川公園

清澄白河に似た地域

調布

調布は都内で働く人に人気のベットタウンでとても治安の良いエリアです。
調布(調布市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

練馬

都内主要都市のアクセスが良好で、駅周辺の施設は大変充実しています。
練馬(練馬区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

光が丘

光が丘は、大きな公園も多く緑が豊かでファミリー層に人気のある街です。

類似地域 周辺の募集物件一覧

調布・練馬・光が丘の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
清澄白河のランチ平均単価は1,000円以下となっています。清住白河が属している江東区の昼間人口は、454,680人です。清澄庭園や東京都現代美術館などのスポットがあることから清澄白河は夜間人口より昼間人口の方が多いと考えられます。

【平日/夜】【土日】
夜になると人口が376,784人となり、日中よりも減ります。清住白河は住宅街なので、一人暮らし、ファミリーのどちらも気軽に足を運べる価格帯が望ましいと言えます。

人口特性

清住白河の人口は、男性7,355人、女性7,929人となっており、女性のほうがやや多い傾向にあります。世帯数は7,650件。1もっとも人口が多いのは、白河3丁目で4,228です。参考までに2018年4月までの江東区の世帯数は、264,416。人口総数は、514,532人です。

乗降人数

都営地下鉄大江戸線と、東京メトロ半蔵門線が乗り入れている清澄白河。それぞれの乗降人数は、都営地下鉄大江戸線が41,032人であり、東京メトロ半蔵門線が54,201人となっています。どちらも開業当初の見込みを大幅に上回っています。

清澄白河の賃貸相場

清住白河の家賃相場は、ワンルームで8万円前後、1Kで9万円前後、1DKで10万円前後、2DKで11万円前後、3LDKで17万円前後となっており、一人暮らしからファミリー層まで比較的暮らしやすいのが特徴です。住宅物件は一戸建てマンションなど種類豊富です。

清澄白河の店舗賃料相場

清住白河周辺は、40万円以下で借りられる物件が多くあります。条件によっては20万円以下という物件も見つかります。店舗賃料の平均坪単価は14,735円です。最近は、倉庫街や住宅街にカフェをオープンする方が多い傾向にあります。

清澄白河(江東区)エリアの居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.