街レポート

三越前(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

三越前(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都中央区にある三越前は、オフィスビルや老舗百貨店が立ち並ぶエリアです。かつての城下町としての面影を残しながらも、再開発によって新しい表情も見せ始めています。ビジネス街でありながら、ショッピングやグルメの注目度が高いスポットとしてのイメージがありますが、ほかにも多くの魅力がある街です。今回は、そんな三越前エリアの特徴や魅力についてご紹介します。

歴史と文化を引き継ぎながら進化する街

三越前近辺は、江戸時代から商業の街として活気がありました。現在の三越前駅周辺には、越後屋の跡地に立っている「三井本館」、日本国の中央銀行である「日本銀行」、国の重要文化財に指定された「日本橋三越」などの歴史的建造物が、圧倒的な存在感を放っています。

都内主要エリアへもアクセスしやすい

三越前には、東京メトロ銀座線と半蔵門線の2線が乗り入れています。どちらの路線でも渋谷まで約20分で行くことができます。銀座線を利用すれば、新橋や上野には約7分で行くことができます。半蔵門線を利用すれば大手町まで約1分で行くことができるので、ビジネスや旅行で東京駅を利用する方には、とても便利なアクセス環境だと言えるでしょう。

三越前駅は、中央通りに本店のあるデパート「三越」が、駅の建設資金を全て負担したことで開業したという歴史があります。この経緯から、銀座線ホームの壁紙には、三越の“三”をモチーフにした赤い3本線が引かれているといった、ほかの駅にはない装飾が施されています。

三越前駅は新日本橋駅とつながっており、連絡通路を利用して総武快速線に乗り換えることもできます。また、徒歩圏内には東京メトロ銀座線・東西線・都営浅草線が乗り入れている日本橋駅や、巨大ターミナル駅である東京駅があります。路線バスも多く走っており、日本橋エリアを走る無料巡回バス「メトロリンク日本橋」は、約10分間隔で東京駅八重洲口と日本橋の南北エリアを運行しています。

重要指定文化財のデパート「三越本店」

三越駅前に構える「三越本店」は、2016年に国の重要指定文化財に指定されました。三越本店は、1673年に三井高利が「越後屋」として創業したのがはじまりです。その後、明治に入り「三井呉服店」「三越呉服店」と移り変わり、1904年にデパートメント宣言を行い三越は日本初の百貨店になりました。三越本店は日本のデパートメントストア・お子様ランチ・エスカレーター発祥の地となっています。

三越本店本館正面玄関には待ち合わせの場所として親しまれている2頭のライオン像がいます。像は1914年に誕生し、気品と店格を象徴する存在であり、東京名物の一つとして有名です。さらに、本館1階中央ホールから吹き抜けの4階に届くようにそびえる天女の像は、三越の基本理念である「まごころ」を表徴する像として1960年に造られました。ほかにも、三越本店の内装には大理石が使用されていますが、こちらにはアンモナイトなどの化石が含まれており、ショッピングに限らず観光目的としても十分に楽しむことができます。

新たなランドマークの「日本橋三井タワー(三井新館)」

再開発によって誕生した超高層複合ビル「日本橋三井タワー(三井新館)」は、1929年に竣工した三井本館の歴史や文化を受け継ぎつつ、日本橋地区の再開発を両立するというコンセプトのもとで建築されました。2005年には、その三井本館の保存と都市再開発を両立させたことが評価され、三井不動産は日本設計と共に日本建築学会賞を与えられました。地下4階、地上39階で、ビル内にはオフィス・美術館・ホテル・アトリウム・ショップ・レストラン・郵便局が入っています。地下1階は飲食ゾーン「COREDO室町タワーダイニング」が入っており、ディナータイムになると、ほかの店舗のメニューを一緒に注文できるサービスが展開されています。

むろまち小路

昭和通りと中央通りに挟まれた「むろまち小路」には、多くの老舗店が立ち並んでいます。「むろまち小路」は、電線を地中化し、さらには路面を石畳にすることで、江戸の粋と品格を受け継いだ風情ある通りになりました。こちらには、魚市場発祥の碑もあります。中央通り側にはシンボル「時層の門」があり、5つの層が江戸・明治・大正・昭和・平成を表しています。

意外と住みやすいエリアでもある

老舗店が多い三越前ですが、生活者に便利なスーパーマーケットもあります。ビジネス街や観光地としてのイメージが強い一方で、意外に住みやすいエリアでもあるのです。また、三越本店のある中央通りには、産地直送の食品を揃えたアンテナショップやコンビニも点在しています。

全体的に商業施設の多い街ですが、子どもを連れて遊びに行けるスポットも充実しています。近辺には、常磐橋公園・浜町公園・堀留町公園・久松児童公園・隅田川テラスなどの公園も多く、都心にいながらのんびりと散歩を楽しむことができます。中でも常磐橋公園は、江戸時代に城門の城門橋門があった場所で、桜祭りや夏の納涼祭が開催されます。堀留町公園の隣にある堀留町児童館では、定期的に家族で参加できるイベントが開催されています。

また、三越前周辺には、「三井記念美術館」「千疋屋」「日本橋高島屋」「丸善」のギャラリーがあるため、アートに触れる機会も多くなります。治安が良く、最近では再開発によりマンションや大型商業施設が増えてきた影響からか、以前よりも若い世代が増えています。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

江戸の風情を引き継ぎ続けている三越前には、和食店が1,677件、居酒屋が1,516件あります。古くから続く老舗店や、観光客やビジネスマンが立ち寄りやすいお店が多いようです。一方、洋食店や中華料理店、韓国料理店は少なく300件以下となっています。

どんな業態が出店チャンス?

三越前に出店している業態でもっとも多いのが『和食』と『居酒屋』の2ジャンルです。出店する際に重要になってくるのはやはり「場所」。繁盛店の近くに出店すると、集客しやすいというメリットがあります。出店を考えている方は、同じジャンルの人気店の近くに店を構えてみてはいかがでしょうか?

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
BARの居抜き

周辺の主なスポット

・日本橋三井ホール
・三井記念美術館
・日本橋三越本店
・日本銀行金融研究貨幣博物館
・福徳の森
・日本橋三井タワー
・日本橋室町 豊年萬福
・箔座日本橋
・コレド室町1
・コレド室町2
・コレド室町3
・福徳神社
・ライオン像
・日本銀行

三越前に似た地域

新富町

新富町は多くの路線が乗り入れている有楽町駅が徒歩圏内にあり、三越前と似ています。
新富町(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

浜松町

浜松町は三越前と同じくオフィス街で、全体的に落ち着いた雰囲気です。
浜松町(港区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

銀座

銀座は三越前と同様にショッピング施設が充実しています。交通のアクセスも良好で、多くの路線が通っています。
銀座(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

新富町・浜松町・銀座の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
三越のある千代田区の昼間人口は、608,603人と、夜間と比較するとかなり多いエリアです。昼間は、サラリーマン・OL・観光客が多くなります。ランチ平均単価は1,000円以下となっています。

【平日/夜】【土日】
夜になると人口が141,183人となり、日中とは客層が変わります。飲食店の利用は、仕事帰りのサラリーマンやOL、地元住民がメインになります。接待に使われることも多いため、メニューの価格は少し高めの3,000~4,000円が平均的です。

人口特性

三越前のある日本橋室町の人口は、男性149人、女性158人となっています。世帯数は181件。オフィス街・観光地としての印象が強い三越前ですが、最近は再開発によりタワーマンションも増えており、交通アクセスの利便性の高さからファミリー層が多くなっています。

乗降人数

三越駅前の1日平均乗車人員は127,157人です。東京メトロ全130駅中24位の乗車人数となっています。計測を開始した1999年より10,000人以上も利用が伸びています。これは再開発によって観光客の割合が増えたことが影響していると考えられます。

三越前の賃貸相場

三越前の家賃相場は、ワンルームで8万円前後、1Kで10万円前後、1DKで13万円前後となっており、近隣エリアと比べてみると平均的な金額だと言えます。交通アクセスが良く、スーパーやコンビニも点在しているため、一人暮らしからファミリー層まで比較的暮らしやすいのが特徴です。

三越前の店舗賃料相場

三越前周辺エリアへ店舗を出店するときの相場でもっとも割合が多いのは、20万円~40万円です。最高坪単価は59,712円、最低坪単価は13,072円となっています。駅周辺や商店街には多くの飲食店が立ち並んでいるため、出店チャンスがあると言えます。

三越前(中央区)エリアの居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.