街レポート

川口(埼玉県川口市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

川口(埼玉県川口市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

ロータリー

東京都北区と隣接する埼玉県川口市は、タワーマンションが林立するベッドタウンとして知られてきました。その中心市街地である川口駅周辺は、再開発により大型ショッピングモールやスーパーなどの生活環境が整い、ファミリー層を中心に居住地としての人気を高めている注目の街でもあります。
今回は、そんな川口の魅力についてご紹介します。

 都内へのアクセスや家賃の安さから注目されているベッドタウン

大型ショッピング施設が立ち並ぶ
1994年の「スカイフロントタワー」建設に始まり、98年に当時の住居用マンションとして日本一の高さを誇った「エルザタワー55」が建設されるなど、90年代から再開発に力を入れてきた川口市。
2000年代中盤の建設ラッシュを経て、現在はタワーマンションが林立する都心のベッドタウンとして定着しています。現在も新たな再開発事業が進行中で、さらなる活性化が期待されています。こうして見ると、川口は再開発によって成長してきた街と言えます。

川口市は子育て世代に対する行政制度が充実していることからファミリー層が多い街です。市内には市民の憩いの場である川口市立グリーンセンターや、市民からの信仰が厚い密蔵院もあります。
家族連れや子供に人気のスポットとしては大型ショッピングパークであるアリオ川口が有名です。川口市立科学館やSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザでは体験型学習を通じて、子供の情操教育を行う施設も充実しています。

都心へのアクセスが抜群である割には家賃が安く、居住者をターゲットとした飲食店もたくさんあります。これからも川口市には多くの人が流入し、飲食店が増えることが期待されているエリアなのです。

 都心へ直結の交通アクセス利便性

駅の出入り口
ホーム
川口市は東京都北区に隣接していることから、都心へのアクセスが良好な街です。すぐ隣駅が赤羽駅のため、埼京線に乗り換えれば渋谷や新宿まで30分前後、池袋までは20分で出ることが可能です。
また、赤羽駅には7路線が乗り入れていて、赤羽駅乗り換えで都内のたいていの街には出かけやすいのも特徴です。JR京浜東北線は、東京駅や大宮駅に直通でつながっていて、巨大ターミナル駅に乗り換えなしで行くことができるという点も、川口が人気の街である理由の一つです。

 駅周辺には大型ショッピング施設や飲食店が密集

川口駅周辺には大型のショッピング施設や飲食店が密集しており、ショッピングはもちろんのこと、食事をする場所にも事欠きません。特にラーメン屋と焼肉屋は、川口駅周辺でも激戦区となっています。
そこで、人気のラーメン屋と焼肉屋をピックアップして、5軒ずつご紹介します。

 川口の人気ラーメン店5選

川口駅周辺はラーメン屋の激戦区となっているため、どのお店もハイクオリティーのラーメンを提供してくれます。中でも次に紹介するラーメン屋は特に人気です。

 葵

葵のラーメンの特徴は、シンプルな味わいながらも食材本来のおいしさを極限まで引き出している点です。「老若男女すべてのお客さんを笑顔にする」というコンセプトのもと、従業員のサービスが良いのも人気のポイントです。
葵で特におすすめのメニューが「名古屋コーチン極上醤油らぁ麺」(800円)。こちらは純粋な鶏出汁スープと春恋麺のからみが秀逸です。東京でこのクオリティーであれば1,000円を軽く超えるのではないでしょうか。
葵はいくつかの店舗を展開していますが、川口に新しく「葵 ララガーデン川口店」をオープンしました。JR京浜東北線「川口駅」西口を下車後、2番乗り場から国際興業バス「前新田循環」に乗車。「ララガーデン川口」バス停からすぐの場所にあります。

 かねかつ

かねかつは川口の住宅街にある、知る人ぞ知る隠れ家的なラーメン屋です。店内はカウンターが5席のみという、こじんまりとした規模ながら、いつでも行列ができる人気ぶりです。
かねかつのウリは自家製の手打ち麺で、工場で大量生産される中華麺とはモチモチ度が全く違います。しかも作り置きをせず注文ごとに麺を打つというこだわりっぷりも人気の秘密です。
かねかつを訪れたら、まずはシンプルに「らーめん」(800円)を食べてみると良いでしょう。スープと麺だけでもその抜群のおいしさを実感できると思います。JR京浜東北線「川口駅」西口から歩いて12分の場所にあります。

 凪

凪

凪は、最近、流行の煮干し出汁のラーメンをウリにしています。おすすめはその名もズバリ「すごい煮干しラーメン」(830円)。煮干しはもちろんのこと、動物系の出汁もガツンと利いています。
自家製の中太縮れ麺が濃厚なスープとからんで、とてもおいしいです。
JR京浜東北線「川口駅」東口から歩いて3分というアクセスの良さもうれしいポイントです。

 丸源

丸源はこだわりの熟成しょうゆを用いた「肉そば」で有名なラーメン屋です。平日のランチタイムでも駐車場がいっぱいになるほどの人気で、多くの人が肉そば目当てにやってきます。
中太の縮れ麺と濃厚なしょうゆスープの相性が抜群。おすすめは肉そばと餃子、そしてから揚げがセットになった「から揚げ餃子セット」(920円)です。
川口駅よりは蕨駅の方が近いかもしれませんが、蕨駅から歩いても1.7kmほどあるので、車で行くのがおすすめです。

 濃厚担々麺 らーめんつけめん 仁

濃厚担々麺 らーめんつけめん 仁
川口樹モール商店街にある「濃厚担々麺 らーめんつけめん 仁」は、その名の通り濃厚な坦々麺(800円)をウリにしているラーメン屋です。
特に汁無し坦々麺は、その中毒性からリピーターになる人も多いほどのおいしさです。食べ終わったあと、丼に卵とごはんを投入しておじや風にして食べられるのもうれしいポイントです。
その他、煮干し中華そば(700円)も人気メニューとなっています。
JR京浜東北線「川口駅」東口から歩いて5分ほどの距離にあります。

 川口の人気焼肉店5選

川口駅周辺では、焼肉屋もラーメン屋に負けず劣らず激戦区となっているため、どの店もハイレベルです。特にここでご紹介する焼肉屋は、一度は訪れたい焼肉屋として人気です。

 豊田屋

もともとは精肉屋だった豊田屋が焼き肉を始めたのは、かれこれ40年以上も前のこと。肉を知り尽くした職人さんが提供する黒毛和牛が絶品です。
牛タンから始まり、カルビ、ロース、ハラミ、ホルモンミックスと続く15品コースが3,500円とリーズナブルなのも人気ポイントです。また、プラス1,600円で90分飲み放題もつけられます。
本店は蕨駅の方が近いのですが、川口駅には西口店があります。
JR京浜東北線「川口駅」西口から歩いて6分くらいの場所です。

 興隆

焼肉興隆は、食肉卸直営の焼肉屋です。食肉卸直営というメリットを活かし、新鮮な牛肉をボリュームたっぷりで提供してくれるのが魅力です。食肉卸直営なので安心しておいしいユッケ(1,200円)が食べられるのもうれしいです。
コースメニューも予算に応じていろいろ用意されており(3,000円コース・4,000円コース・5,000円コース)、お米も特選のコシヒカリを使用しています。
最寄り駅は地下鉄南北線・鳩ケ谷駅なのですが、大型駐車場(20台)を完備しているので車でのアクセスが便利です。

 きは良

きは良

きは良(きはら)は、とてもきれいな店内が特徴の焼肉屋です。ベンチソファのテーブルはゆったりとした作りになっていて、週末になると多くの家族連れが訪れます。
コースメニューもおすすめですが、特別な日に食べたいのが上ヒレ(4,000円)です。脂っこくなくて上品な味わいの上ヒレを口に入れると、誰もが思わず笑顔になるおいしさです。
定番メニューは950円からとリーズナブルなので、予算に応じていろいろな楽しみ方ができます。
JR京浜東北線「川口駅」の東口から歩いて3分ほどの場所にあります。

 葉菜


葉菜は「焼肉TORAJI」がプロデュースする焼肉屋です。ランチメニューにはお好みのビビンパが作れる、その名も「ピビンBAR」が人気メニューです。
ピビンBARのすごいところは、なんと言っても時間無制限でおかわりが自由な点です。白米だけでなく16種からなる雑穀米、15種類のキムチにナムル、卵スープ、コーヒーがすべておかわり自由となっています。
お値段も1,100円から1,300円と良心的。ディナータイムにも50品食べ放題(3,080円・150分)といったメニューがあり、ガッツリ食べたい人におすすめです。
JR京浜東北線「川口駅」東口から歩いて1分というアクセスの良さもウリです。

 焼肉きんぐ

焼肉きんぐは全国に展開する焼肉チェーンで、埼玉では17店舗を展開中です(2019年5月現在)。川口駅からもっとも近いのは川口本町店で、川口元郷駅から歩いて10分ほどです。駐車場も広いので、車でのアクセスもおすすめです。
また、全国チェーンだからこそできる大量仕入れによって、価格を抑えることに成功しているのも特徴です。各種食べ放題に出てくるお肉は「これがチェーン店のお肉?」と驚くくらいハイクオリティーです。未就学児童は無料なので、家族連れにもうれしいお店です。

 商業面も充実、ショッピングに最適な街

川口駅の南東にそびえたつ「エルザタワー55」は、地下1階地上55階、高さ185.8mのタワーマンションです。2002年にはその隣に「エルザタワー32」も建設されました。
この「エルザタワー55」は、2004年に東京都港区の汐留H街区超高層棟ができるまで、日本で最も高い超高層マンションとして知られており、川口の再開発の象徴となっていました。
ちなみに2019年5月現在、2009年に大阪市中央区に建設された54階建ての「北浜タワー」が209.1mと最も(高さが)高い超高層マンションとなっていますが、2022年に虎ノ門・麻布台地区 B-1街区に竣工予定の270mの超高層マンションに記録を塗り替えられることが予定されています。
リリア
川口駅には西口と東口がありますが、西口はどちらかというと住宅街が広がっていて、飲食店を利用するには東口へ行く必要があります。
川口駅西口には総合文化ホール「リリア」があり、コンサートやイベントなどの催しが定期的に行われています。
そごう
川口駅の東口にはそごう百貨店をはじめ、大型のショッピング施設が点在しています。また、川口銀座商店街にはさまざまな個人商店が軒を連ねているほか、チェーン店もたくさん入っていて、いつも人通りが多く、にぎやかな印象です。

川口西公園

川口駅前には川口西公園があり、市民の憩いの場です。

 川口駅周辺で進められる大規模再開発

現在、川口駅東口徒歩5分ほどの場所に位置する約1.1haの土地を利用して、川口の表玄関とも言える中心地の活性化を目指す再開発計画(「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」)が進行中です。
川口駅東口から東へ約300mに位置するこの区域には商業施設が密集してはいますが、不正形な敷地や未利用な敷地に老朽化した建物も多いため、建物の更新時期もきているようです。

また、現在の商店街には未利用な敷地が多いため、銀座通り商店街に面した低層部分を主に商業施設として、高層部分には高齢化社会を見据えたバリアフリーの住宅を建設することで商店街の活性化が期待されています。
地上29階建て、高さ約100mの複合タワーマンションが建設予定で、人口増加によるファミリー層の流入も見込まれています。

この再開発に伴い、敷地東西を貫通する通路が配置され、街を訪れる人の流れも活性化されて駅周辺がさらに発展しそうです。2018年の3月に埼玉県の認可を得たこの再開発は、2023年3月の竣工予定です。

 子育て世代への行政サポートが厚い街

大型ショッピングモールやスーパーの充実、都心へのアクセス利便性など、川口の住環境の良さの理由はいろいろありますが、子育て世代への行政サポートは大きな特徴です。

川口市では、中学生までの児童は医療費無料となっているほか、無料の子供料理教室や科学教室が開催されるなど、子供たちの学びの場も充実しています。主な市内の施設は、市民であれば半額で利用することができ、子供を持つ世帯の経済負担を軽くするさまざまな制度が実施されています。
また、市内には広い公園や遊具などもたくさんあり、子供の遊び場にも事欠きません。こうした子育て環境の充実ぶりが、川口へのファミリー層の居住人口増加にひと役買っています。
さらに川口市は、2018年4月1日に中核市へと移行しました。これにより、ますます各種制度の充実が期待されています。

 ファミリーにうれしい各種商業施設が充実

川口エリアは、ファミリー層の集客を見込んだ大型商業施設があります。

 アリオ川口

アリオ川口は、サッポロビール埼玉工場の跡地の再開発事業として誕生した「リボンシティ」の中にある大型ショッピングパークです。イトーヨーカドーをメインのテナントとし、パルコが運営を委託されています。
アリオ川口にはファッションや雑貨のお店、グルメやフードのお店だけでなく、映画館やフィットネスクラブ、ペットショップなども入っているため、家族で1日中飽きることなく過ごせます。

 スパロイヤル川口

スパロイヤル川口は、川口市にある天然温泉です。地下1,300mからくみ上げた源泉は有機物が溶け込んで黒色になっており、抗菌性が高く塩分を含んでいるため身体の芯から温まることができます。
入浴料は大人(中学生以上)が850円(土日祝日は950円)、小学生が420円(同470円)、未就学児が210円(同230円)です。入浴後はレストラン「アジアンカフェ」でまったりと食事することもできます。

 川口市立グリーンセンター

川口市立グリーンセンターは川口市新井宿にある植物園です。もともとは「グリーンセンター川口市立花木植物園」として開園され、1979年に現在の呼称へ変更されました。
広い園内には季節ごとにバラエティーに富んだ植物が植えられ来園者の目を楽しませてくれています。
入園料は大人が310円、高校生以下が100円。園内にはたくさんの遊具がありレストランもあるので、家族連れで1日満喫できる施設としておすすめです。

 川口市立科学館

川口市立科学館は川口市上青木にある科学館で、プラネタリウムや化学実験施設、天文台などを備え、子供から大人まで人気の科学館となっています。
入館料は高校生以上が200円で中学生以下が100円、未就学児は無料。プラネタリウムの観覧料は高校生以上が410円、中学生以下が200円です。
プラネタリウムでは最新鋭の「ジェミニスターⅢ」を用いた臨場感ある映像を楽しむことができます。また子供向けにさまざまなイベントも開催されています。

 日本万華鏡博物館

日本万華鏡博物館
川口市には世界でも珍しい万華鏡をメインとした博物館があります。館内にはたくさんの万華鏡が展示され、来館者の目を楽しませてくれます。
隔月で日本万華鏡倶楽部手作り教室を開催しており、世界で1つしかないオリジナルの万華鏡を作ることができます。会費は8,000円で15本限定(先着順)となっています。

 SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザは、映像関連産業を中心とした「SKIPシティプロジェクト」の中心的施設です。映像ホールでは大人800円、子供300円で映画が見ることができます。
また、映像ミュージアムでは映画の作り方を体験することができます。週末には小学生を対象としたワークショップも行われており、子供に人気のスポットとなっています。

 川口オートレース場

川口オートレース場は、日本に5か所あるオートレース場の中でも一番の入場者数と売り上げを誇っています。元SMAPの森且行選手や、女性レーサーの佐藤摩弥選手などが属し、「オートのメッカ」とも呼ばれています。
オートレース場というと、かつてはオジサンばかりのイメージがあったものの、最近では女性のお客さんも増えてきています。また、施設内ではB級グルメも楽しめたりするので、家族連れで訪れてみるものいいかもしれません。

 密蔵院

密蔵院は真言宗智山派の仏教寺院で、文明元年(1469年)に創建された歴史あるお寺です。密蔵院には有名な安行桜があり、参拝者の目を楽しませています。

 どんな飲食店がある?

川口に最も多い飲食店は和食(192件)。次いで居酒屋(104件)が多く、半数以上の差を開いてカフェ(54件)、中華(53件)と続きます。和食の比率が全体的に高く、その中でも焼き鳥や寿司が人気のようです。

 どんな飲食店が出店チャンス?

川口市にはファミリー層が多く客層が幅広いため、ターゲットを絞った出店計画を練る必要があります。たとえば、ファミリー向けだと食べ放題のお店などが人気です。

また、川口市には居酒屋もたくさんありますが、大衆向けのこれぞ居酒屋というお店もあれば、カップルなどをターゲットとしたおしゃれな個室を用意した居酒屋もあります。
居酒屋に関してはニーズによる使い分けが行われているので、どういった客層をターゲットにするのかを考えて出店することが重要です。ニーズは大きいので、客層とマッチすれば出店チャンスと言えるでしょう。

女性をターゲットにするのであれば、おしゃれなカフェがおすすめです。川口市にもカフェがありますが、都心などと比べるとまだまだ多いとは言えず、出店チャンスと言えそうです。特に隠れ家的なカフェや古民家を改造したおしゃれなカフェが人気です。

 業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
カフェの居抜き

 川口の歴史

キューポラのモニュメント
川口市には旧石器時代の遺跡がたくさんあるものの、歴史上その名前が有名になるのは江戸時代に入ってからです。江戸時代の川口市には「川口宿」が置かれ、日光街道の宿場として栄えました。
明治時代の版籍奉還によって最初は大宮県に属し、次いで浦和県となりますが、明治4年の廃藩置県によって埼玉県に属することとなるのです。

 キューポラのある街

川口と言えば、昔から鋳物の街としてよく知られ、現在のようにタワーマンションが林立するベッドタウンになる前の川口は、鋳物工場で働く労働者たちの街でした。
その頃の川口を舞台にした、吉永小百合主演の映画『キューポラのある街』はとても有名ですが、そこに映し出される当時の川口の街の様子と、現在の姿の対比もまた興味深いものです。

キューポラとは鋳物を溶かすときに使う溶解炉のことで、現在では鋳物工場もほとんど見ることができなくなりました。キューポラの煙突も街から姿を消しつつありますが、川口駅のキューポラ広場には、キューポラのモニュメントが飾られています。
鋳物産業は一大消費都市である東京を背景におこなわれてきましたが、最近の川口市では急速な都市化が進んでおり、鋳物の街というよりは東京のベッドタウンとしての個性が強まってきています。

 川口駅周辺の主なスポット

・川口市役所
・川口市立医療センター
・そごう川口店
・キューポラ
・かわぐちキャスティ
・イート川口
・アリオ川口
・川口パブッリクゴルフ場
・川口オートレース
・川口神社
・都市農業公園
・川口総合文化センター(リリア)
・ララガーデン川口
・川口市浮間ゴルフ場
・リプレ
・SKIPシティ

 川口駅に似た地域

上大岡
上大岡は90年代から再開発が進んでいきました。マンションと商業施設が一体となった複合施設が駅前に林立している点が川口と共通していると言えます。

町田
町田も川口同様、再開発により成長した街です。駅周辺にショッピングビルが充実し、連日多くの買い物客でにぎわいます。

小岩
小岩は東京都の中でも子育て世帯へのサポートが行き届いた江戸川区にあります。子育家庭に対する補助が充実し、ファミリー層に人気のある点が川口と共通していますね。

 類似地域 周辺の募集物件一覧

上大岡・町田・小岩の居抜き物件一覧

 どんな客層?

【平日/昼】
都心のベッドタウンである川口は、平日昼間は仕事に出かけてしまう方が多いため、昼間人口は少ないです。しかし市役所などもあり、市内の労働人口も110,114人と一定数います。メニューは1,000円以下というお店が多数で、中には500円台のお店もあり、東京に比べるとやはり安いです。

【平日/夜】【土日】
反対に夜間は都心に通勤していた人たちが帰ってくるため、人口が増加し、典型的なベッドタウンと化します。平日は仕事帰りのビジネスパーソン、土日はディナーを楽しむファミリー層がメインになり、メニューは3,000~4,000円が平均的です。

 川口の人口特性

川口の総人口は600,050人(2018年)です。その中でも、世帯数は280,069人となります。前述の通り、ファミリー世帯が多く住んでいるエリアです。男女比を見てみると、全体的に男性の人数が若干多い傾向にあります。

 川口の乗降人数

川口駅にはJR京浜東北線が乗り入れ。2017年の1日平均乗降人員は84,231人で、埼玉県内のJRの駅では、大宮駅、浦和駅に次ぐ第3位です。

 川口の賃貸相場

川口で部屋を借りる場合の相場は、ワンルームの場合5.91万円、1LDKの場合8.84万円。また2LDKは9.63万円、3DKは8.56万円となっています。ちなみに2018年の2LDK及び3DKの相場は昨年に比べ上昇傾向にあるもようです。

 川口の店舗賃料相場

川口の店舗賃料は、月に20~40万円というところがもっとも多いようです。こちらが全体の29%を占めてます。次いで多いのが20万未満で23%。平均賃料相場の推移を見てみるとほぼ横ばいでしたが2018年に入り若干、下降気味なので狙い目かもしれません。

こちらの記事もご覧ください☟随時更新中です!飲食店のリアルが詰まっています

▼開業には苦労と工夫と勇気がある!そんな物語、語っていただいています

開業者インタビュー

▼あなたのお家のお近くにも新店OPENしているかも知れません

OPEN情報

▼“居抜き物件って本当にそのまま使っているの?”オープン前のビフォーとアフターを写真で掲載

ビフォーアフター

▼物件探しの決め手を開業者にインタビュー!リアルな物件探しの現状を語っていただいています

物件の決め手

▼様々な観点の記事を掲載中。いろんな発見があるはずです。

特集


Written by 飲食店の居抜き物件なら!ABC店舗

物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

飲食店、物販やテイクアウトなどの店舗物件をご紹介します!

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.