街レポート

勝どき(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

勝どき(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都中央区に位置する勝どきは、下町情緒を残しながらも再開発が進んでいる街です。
ビジネス街としてのイメージが強いエリアですが、タワーマンションの建設やショッピング施設の充実により居住区としても人気です。特にファミリー層には住みよい街といえます。
今回は、勝どきの魅力についてご紹介します!

下町情緒と最先端が混在する街

勝どきは隅田川と朝潮運河、月島川と新月島川に囲まれた島で、東京都中央区に属します。勝どきが誕生したのは1913年で、隅田川河口の砂州を埋め立てて造成されました。勝どきという地名の由来は、築地と勝どきの間に設けられた渡し場「かちどきの渡し」からきています。
この渡し場は、1905年1月18日、日露戦争における旅順陥落祝勝記念として、住民有志が設けたものです。渡し場は東京都に寄付され、「かちどき」という名前がつきました。その後、1940年に国内最大級の可動橋「勝鬨橋」が誕生しました。現在は国の重要重要文化財にも指定され、勝どきの象徴となっています。

都心へのアクセスがスムーズ

勝どきから銀座には徒歩約20分でいくことができます。交通機関を利用すれば新宿や渋谷といった都内ターミナル駅へのアクセスも良好です。勝どき駅には2000年に開設された都営地下鉄大江戸線が乗り入れており、新宿には乗り換えすることなく約23分で行けます。また、乗り換えはありますが、渋谷には約28分、池袋には約32分で向かうことができるので、通勤・通学にとても便利です。
さらに横浜へは乗り換えることなく約45分で向かえます。都営バスも通っているので、東京駅周辺や亀戸方面、四谷方面へもアクセスできます。

「東海道中膝栗毛」で有名な十返舎一九の墓

勝どきには「東海道中膝栗毛」で有名な十返舎一九の墓があります。
十返舎一九の墓があるのは、東陽院というお寺です。勝どき駅前の交差点から清澄通りを豊洲方面に歩くと、橋の手前左側に東陽院がみえてきます。
十返舎一九は1766年に生まれ江戸で多くの黄表紙・洒落本を出しました。1832年に没し、最初は浅草にあった東陽院に葬られたそうです。東陽院が関東大震災で被災すると現在の場所に移ることになり、その際に十返舎一九の墓も移動することとなりました。
墓石には、「此世をば どりやお暇に 線香の 煙と共に はい左様なら」という辞世が刻まれているそうです。残念ながら墓をみることはできませんが、門前には碑が建てられており、多くの観光客や参拝客が訪れます。

かちどき 橋の資料館

勝鬨橋は、246mの長さがあります。ジョギングやペットの散歩で橋を利用する近隣住民も多いようです。1998年からは夜間ライトアップも行われており、ロマンチックな夜景を収めようとカメラを持って訪れる方もいます。
勝鬨橋は隅田川のもっとも下流にある橋です。日本では数少ない可動橋ですが、現在は開かずの橋となっています。勝どき側から橋を渡った左手にある「かちどき 橋の資料館」では、勝鬨橋が開いている貴重な写真をはじめ、工事写真や関係文献などを閲覧することができます。

月島第二児童公園

晴海通りと清澄通りが交わった交差点のすぐそばにある月島第二児童公園は、一般的な遊具の他に珍しい遊具も備えられている広い公園です。園内には「勝どき・豊海歴史資料展示館」があり神輿や山車が展示されています。
また毎月第2土曜日と日曜日には、100店舗近くが出店する「太陽のマルシェ」が開催されます。全国から集まった新鮮な野菜や加工品、オーガニックアイテムを多くの方々が買い求めます。

今後さらに発展していく住みよい街

昔ながらの下町情緒を残しつつ、勝どきエリアはタワーマンションや近代的なオフィスビルが建設されています。この再開発には、2020年に行われる東京オリンピックも関係しています。勝どきは会場へ向かう通り道のひとつだからです。東京オリンピックでは有明・お台場・夢の島・海の森といった東京湾に面した「東京ベイゾーン」を中心に競技が行われます。

ショッピング施設が身近に

ビジネス街のイメージが強い勝どき周辺は、意外にもショッピング施設が充実しています。スーパーマーケットは複数あり、中には24時間営業の店舗もあります。仕事で帰りの遅い方には特に便利です。
また、黎明橋を渡って対岸にある複合施設「晴海トリトン」には、100円ショップやドラッグストア、レストラン、書店などが出店しています。この「晴海トリトン」に向かう道には、動く歩道つきのトリトンブリッジがかけられています。この橋はチューブ型になっており、雨が降ってもぬれることなく歩けます。

さらにショッピングタウンとして有名な銀座や日本橋は徒歩圏内ですので、老舗百貨店や大型複合施設での買い物も楽しめます。周辺には築地や月島など、グルメを存分に堪能できるスポットが多いのも魅力のひとつです。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

勝どきでもっとも多い飲食店は和食店で476件、その次は居酒屋で223件が営業しています。カフェは80件、バーは79件と同じくらいの店舗数となっています。韓国料理店がもっとも少なく14件しかありません。その他の業態は30件~40件ほどの店舗数になっています。

どんな業態が出店チャンス?

勝どきエリアで新規店舗をオープンするなら人気の高い和食店や居酒屋がおすすめです。繁盛しているお店の近くには同じように客足の途絶えない人気店が多くなる傾向があります。人気店の近くに新規店舗を構えることで店のクオリティーも高まっていくでしょう。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

和食の居抜き
居酒屋の居抜き

周辺の主なスポット

・勝どき橋
・Y&Y サイクリングツアーズ東京
・月島第二児童公園
・大震火災横死追悼之塔
・十返舎一九の墓
・築地市場
・フードツアーズ東京
・月島もんじゃストリート
・かちどき橋の資料館
・第一生命ホール
・住吉神社
・晴海トリトン
・勝どき湯

勝どきに似た地域

武蔵小山

武蔵小山には東急目黒線が乗り入れているので都内主要駅の近くのためアクセスが良好です。

亀有

亀有駅周辺には大型商業施設や商店街があるので買い物の環境が充実しています。
亀有(葛飾区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

関内

町並みがきれいな関内は治安も良く住みやすい環境です。
関内(横浜市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

関内・亀有・武蔵小山の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
勝どきの昼間人口は608,603人、夜間人口は141,183人です。ビジネス街・観光地として人気の勝どきは昼間人口の方が高くなる傾向があります。そのためランチの平均価格は1,000円以内でリーズナブルな価格帯の店が中心となっています。

【平日/夜】【土日】
勝どきの平均単価は2,000~3,000円となっています。夜間人口が少ない勝どきでは、みんなでワイワイ楽しむ食事よりも少人数で落ち着いた雰囲気で食事をする方が多いようです。

人口特性

勝どきの総人口は平成30年6月時点で26,830人となっています。男性が12,956人、女性が13,874人と男女の数には大きな差はありませんでした。総世帯数は13,776世帯となっているので、勝どきエリアは単身者よりもファミリーの層が多いと考えられます。

乗降人数

勝どき駅は都営地下鉄大江戸線の駅になります。2016年の1日平均乗降人員は99,517人です。都営地下鉄大江戸線では、新宿・大門・六本木駅に次ぐ第4位の乗降人員となっており、開業当初に想定していた乗降人員28,000人を多く上回っています。

勝どきの賃貸相場

勝どきの家賃相場はワンルーム約7万円、1DK約13万円、2LDK約27万円となっています。東京23区内の中では高めの相場となっているエリアですが、主要都市へのアクセスも良く再開発が進み発展していることからこのような家賃設定になっていると考えられます。

勝どきの店舗賃料相場

勝どきエリアの賃料相場はさまざまで、20万円未満、20万円~40万円、80万円~100万円、100万円以上の店舗賃料のところがそれぞれ22%になります。最低坪単価は14,483円、最高坪単価は38,885円となっています。そのため選択の幅は広いと考えられます。

勝どき(中央区)の居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.