街レポート

茅ヶ崎(神奈川県茅ケ崎市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

茅ヶ崎(神奈川県茅ケ崎市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

神奈川県の中南部に位置する茅ヶ崎市は、東は藤沢市、西は平塚市、北は寒川町と接しており、南側には広大な相模湾が広がっています。
そんな茅ヶ崎市の中心地である茅ヶ崎駅周辺は、山と海の豊かな自然に恵まれた穏やかな街で、1年を通してマリンスポーツを楽しむ人々が多く訪れます。
また、海水浴客でにぎわう「サザンビーチちがさき」や、海岸から望むことのできるシンボル「えぼし岩」など、レジャースポットとしても見どころ満載で、夏場になると特に観光客が増加します。
こちらでは、そんな茅ヶ崎の魅力についてご紹介します。

湘南ライフを満喫できる 海沿いの穏やかな街

湘南エリアを代表する街でもある茅ヶ崎の一番の魅力は、なんといっても身近に海があることです。
街には穏やかで牧歌的な雰囲気が漂っており、海沿いの街にあこがれて移り住んできた人たちや、もともと茅ヶ崎が地元だった人たちが、同じ海を共有しながら生活を営んでいます。
また、駅の北側と南側で雰囲気ががらりと異なるのも茅ヶ崎の特徴で、開発が進んだ山側は、比較的都会的な街並みが広がっているのに対し、昔ながらの飲食店やこだわりの個人店が軒を連ねる海側は、庶民的な雰囲気が魅力となっています。

一年を通して温暖な気候のため、明治から昭和初期にかけては湘南の別荘地として親しまれていた茅ヶ崎は、住環境もよく、逗子や葉山といった同じ海沿いの観光地に比べると、物価も安く生活がしやすい街といえるでしょう。

都内や県内、静岡へもアクセスしやすい街

JR東海道線、湘南新宿ライン、そして茅ヶ崎?橋本間を結ぶJR相模線の3路線が乗り入れる茅ヶ崎駅は、都内や横浜、鎌倉などへも出やすく、アクセス利便性の高い街です。
湘南新宿ラインが停車するため、東京駅、新宿駅、横浜駅といったターミナル駅へも乗り換えなしでいくことができます。
また、東海道線で小田原や湯河原といった県内の観光地や、熱海などの静岡方面にも出やすく、ビジネスはもちろん、レジャーに行くにも便利な街となっています。

茅ヶ崎のシンボル えぼし岩

茅ヶ崎と言えば、相模湾に浮かぶ姥島(通称:えぼし岩)が有名です。サザンビーチからも臨むことのできるこの岩は、その形が平安時代の貴族がかぶる「烏帽子」に似ていることから名付けられています。
この岩が誕生したのはおよそ1,200万年前と言われており、周辺の地層は茅ヶ崎最古のものだそう。つまりこのえぼし岩は、想像もできないくらいの長い年月をかけて、海から街を見守り続けている茅ヶ崎のシンボル的存在なのです。

2013年からは、「えぼし岩周遊船」が通年運行されるようになりました。
普段みることのできないえぼし岩の裏側や、海上からの江の島、そして良い天気の日にはえぼし岩越しの富士山も望むことができるなど、観光客からの人気を集めています。

人気の海水浴場 サザンビーチちがさき

夏場は海水浴場として大人気となる茅ヶ崎の海といえば「サザンビーチちがさき」です。後述しますが、名称は桑田佳祐率いるサザンオールスターズからとられています。
砂浜にある茅ヶ崎のイニシャル「C」をかたどったモニュメントは、あいている空間にカップルが立つことで「C」が「〇」になり縁が結ばれるという縁結びスポットとしても人気で、夏に限らず一年を通して多くの観光客が写真を撮りに訪れています。
また海岸の向こうに、えぼし岩をはじめ、伊豆大島、江ノ島、富士山という絶景を望むことができるロケーションも、多くの人に愛されています。

サザンオールスターズなど、著名人のゆかりの街でもある茅ヶ崎

茅ヶ崎は、桑田佳祐さんの出身地であることから、サザンオールスターズのゆかりの地としても知られています。よくサザンの歌の歌詞に茅ヶ崎のスポットがでてくるため、ファンが聖地巡礼に訪れることもしばしばだそうです。
それだけでなく、茅ヶ崎では頻繁にサザンオールスターズのライブも開催されています。
そんなことから、街をあげてのサザン愛も強く、桑田さん馴染みの商店街である茅ヶ崎駅南口の商店街は「サザン通り商店街」、茅ヶ崎海水浴場は「サザンビーチちがさき」へと改名されているほどです。

そのほか、市内のお店では、サザンの曲名にちなんだゼリー菓子「いとしのジェリー」(いとしのエリー)や「生チョコの海岸物語」(チャコの海岸物語)といった製菓、「サザン佳祐ドッグ」というソーセージサンドがあるなど、サザン好きの店主によるオリジナル商品も多数開発されています。

また、サザンだけでなく、俳優の加山雄三、小説家の開高健といった有名人にとっても茅ヶ崎は馴染みの深い場所です。
サザン通りと同じように、加山雄三にちなんだ「雄三通り」があるほか、開高健が最後の地に選んだのもここ茅ヶ崎だったというエピソードもよく知られています。
ちなみに開高が住んでいたという邸宅は、現在「開高健記念館」として一般にも公開されています。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

茅ヶ崎に多い飲食店は和食(163件)です。次いで多いのが、居酒屋(112件)・カフェ(59件)となっています。海が近い立地ということもあり、ステーキや焼肉といった肉系に比べ、寿司、海鮮系の飲食店の割合が多い傾向にあります。

どんな業態が出店チャンス?

茅ヶ崎に出店チャンスがあると考えられるのは、『和食』や『居酒屋』の業態です。これらのお店は茅ヶ崎にたくさんあるため、地域と合っていると考えられます。その中でも寿司や海鮮系は需要が高く、競合も多そうです。また海沿いの街ということでオシャレなカフェなども多い傾向です。和食やカフェを開店予定の方は、是非、茅ヶ崎を候補に入れてみてください。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

和食の居抜き
居酒屋の居抜き
カフェの居抜き

周辺の主なスポット

・サザンビーチちがさき
・松籟庵
・姥島(えぼし岩)
・氷室椿庭園
・エメロード商店街
・サザン通り商店街
・文教大学
・小出川
・清水谷
・市民の森
・茅ヶ崎公園
・海浜自然生態園
・茅ヶ崎公園野球場
・殿山公園
・神奈川県立茅ケ崎里山公園

茅ヶ崎に似た地域

菊名

菊名は新横浜と近いことから交通アクセスの便利な街です。都内にも横浜にも出やすく、また新幹線を使ってレジャーにも気軽に行やすい立地という点が、茅ヶ崎と共通しています。
菊名(横浜市港北区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

鎌倉

古くからの歴史をもつ古都 鎌倉は、寺社仏閣に恵まれた観光地です。それだけでなく、由比ガ浜や材木座海岸などには多くの海水浴客が訪れ夏場は特に賑わいます。このような、山と海に囲まれた自然豊かな環境は、茅ヶ崎と共通しているといえます。
鎌倉(神奈川県鎌倉市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

金沢文庫

金沢文庫は茅ヶ崎と同様に、海の近い街です。さらに、八景島シーパラダイスや動物園など人の集まるスポットが充実している点も、茅ヶ崎と共通しています。

類似地域 周辺の募集物件一覧

菊名・鎌倉・金沢文庫の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
都内や横浜で働く人たちのベッドタウンでもある茅ヶ崎は、夜間に比べ、昼間人口は多少減少しますが、駅周辺に市役所などの行政機関やオフィスもあり、働く人も一定数います。平日昼間は近隣住民に加え、そうした周辺で働く人たちがメインターゲットとなります。メニューは1,000円以下というお店が多数です。

【平日/夜】【土日】
平日は、都内や横浜で働く仕事帰りのビジネスパーソンたち、土日は地域住民に加えて観光客がメインターゲットとなります。メニューは3,000~4,000円が平均的です。

人口特性

茅ヶ崎市の総人口は242,003人(2018年)です。その中でも、世帯数は101,744世帯となっています。男女比を見てみると、全体的に女性の人数が若干多い傾向にあります。

乗降人数

茅ヶ崎駅にはJR東海道線、湘南新宿ライン、相模線が乗り入れています。2017年度の1日平均乗車人員は56,149人で、JR東日本の駅としては新浦安駅に次いで第87位、相模線内では橋本駅に次いで2位となっています。

茅ヶ崎の賃貸相場

茅ヶ崎で部屋を借りる場合の相場は、ワンルームの場合5.58万円、1LDKの場合6.37万円です。また2LDKは9.24万円、3LDKは12万円となっています。茅ヶ崎市の中心地となるため、近隣駅とくらべれば若干高めですが、暮らしやすさを考えれば充分リーズナブルと言えます。

茅ヶ崎の店舗賃料相場

茅ヶ崎の店舗賃料は、月に40~60万円という方がもっとも多くいらっしゃいました。こちらが全体の35%を占めています。次いで多いのが、20万未満と20~40万で共に23%です。平均賃料相場の推移を見てみると、大きな変動はありませんが、2015~2018年にかけて一年ごとに上がったり下がったりを繰り返しています。

茅ヶ崎(神奈川県茅ケ崎市)の居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.