街レポート

大門(港区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

大門(港区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都港区に位置する大門は大企業から中小企業までさまざまなオフィスビルが立ち並ぶビジネス街です。ビジネス街としての側面だけではなく東京タワーや世界貿易センタービル、増上寺といった観光スポットも多く近年は特に外国人を中心に人気の街になっています。
一方で観光スポットを離れるとオフィス街なので繁華街のような騒がしさはなく、静かで落ち着いた印象のある街です。歴史もある土地柄なので東京都心にありながらミーハーなトレンドとは少し離れた大人の街と言えるかもしれません。
そんな大門の魅力について地域情報を見ながらご紹介します。

建ち並ぶオフィスビルと歴史、緑が融合した街

芝大門の交差点

大門は浜松町に非常に近くオフィスビルが多く立ち並ぶビジネス街として有名です。羽田空港へのアクセスが良く出張の多いビジネスマンを中心によく利用されています。
大門の周辺には東京タワー・芝離宮恩賜庭園・世界貿易センタービルといったように見どころあるスポットが多くあることに加え増上寺をはじめとして寺社が多く、オフィス街でありながら歴史を感じることのできる街です。周辺に飲食店は多く交通アクセスもよく便利です。
街を歩くといつも東京タワーが目に入ります。広々とした芝公園では都会の中心なのに、緑を感じながら心地よい時間を過ごすことができます。

浜松町・大門エリアのオフィスビル

増上寺越しに見る愛宕方面

再開発が進みリニア新幹線駅も開業予定

大門を含む浜松町エリアでは現在再開発プロジェクトが進められています。2018年に「ニッセイ浜松町クレアタワー」を完成させ、ランドマーク的存在だった世界貿易センタービルは2027年に全体の建て替え完成を目指しています。
さらに2027年には品川駅で「リニア中央新幹線品川駅」が開業する予定です。こちらの駅が開業すれば東京から名古屋まで最速40分でアクセスできることになり、今後さらなる発展を遂げる街として要注目です。「2024年に建て替える計画が立てられています」を「2027年に全体の建て替え完成を目指しています」に変更しました。リニア中央新幹線品川駅は現在も2027年に開業予定です。

駅名の由来にもなった「増上寺」

大門駅

増上寺と東京タワー

浄土宗の七大本山のひとつである「増上寺」は港区芝公園四丁目にあるお寺です。大門という駅名はこちらの寺院の総門(大門)からつけられたと言われています。
増上寺の前身は9世紀に空海の弟子である宗叡が建立した「光明寺」です。1393年に酉誉聖聡(ゆうよしょうそう)によって真言宗から浄土宗へ改宗され、現在の増上寺という名前に変わっています。
増上寺では今でも日本の伝統を体験できる寺社フェスや、キャンドルナイトといった流行のイベントが定期的に開催されています。様々な体験を通して仏教と触れ合う機会を設け、一般的なお寺にあるような堅苦しいイメージとはまた違った印象を与えています。イベントを行うことで仏教に興味が無い人も気軽にお寺に集まり、仏教への興味関心をもってもらうきっかけの一つとなっています。
また桜の時期には敷地内の約200本の桜が咲き誇り、人気のお花見スポットになります。場所柄的に宴会など騒がしい花見は禁止されているため酔っ払いや騒がしい学生がいることもなくため静かに大人のお花見ができる貴重な穴場スポットです。

芝公園前のバス停

芝公園

町名にもなっている芝公園は明治6年に開園した日本で最も古い公園の1つです。春の桜をはじめ、夜の東京タワーのイルミネーション見物などで人気のスポットです。天気の良い休日は家族連れのピクニックや、デートコースとしてもよく利用されています。
都会の中に突然現れる緑の空間はまさに都会のオアシスです。特に頭上を遮るものがなにもない、というのは都内では貴重な場所なので天気が良い日には空が広く見えます。レジャーシートを敷いて芝生にゴロンと寝転がればとても気持ちの良い自分だけの簡易リゾートの出来上がりです。

“関東のお伊勢様”と呼ばれる芝大神宮

芝大神宮

芝大神宮

大門一丁目にある「芝大神宮」は「関東のお伊勢様」とも呼ばれています。「東京十社」の一つに数えられており東京十社巡りをしている人々は「芝大神宮」を目当てに大門に訪れます。
芝大神宮の祭神は伊勢神宮と同じであるため、昔は「日比谷神明」「芝神明宮」「飯倉神明宮」と称されることもありました。平安中期に伊勢内外両宮を勧請して創られてから源頼朝をはじめ多くの武将に崇敬されてきた神社であり、現在でも周辺住民を中心に、たくさんの参拝客でにぎわっています。
最近では大物政治家の孫でタレントのDAIGOさんと女優の北川景子さんが参拝したことが週刊誌で報じられて話題になりました。1000年の歴史を誇る由緒正しい都内有数の神社としてお参りする人が絶えることはないパワースポットと言えます。

潮の干満が楽しめる「浜離宮恩賜庭園」

浜離宮恩賜庭園

大門の近くには「浜離宮恩賜庭園」という都立庭園があります。中央区に位置してはいますが大門からも徒歩圏内というアクセスの良さです。
同園ではきれいになった東京湾の海水を取り入れているため、塩の干満によって変化する景色を楽しむことができます。加えて園内には「鴨場」や「潮入の池」以外に、お茶屋やボタン園があります。季節によって景色が変化するのでシーズン毎に遊びに訪れたいスポットです。
現在は釣りが禁止されていますがボラ・ハゼ・セイゴといった東京湾の生き物が棲んでいます。もしかしたらウナギも見つかるかもしれません。

「浜離宮恩賜庭園」の敷地はもとは甲府藩主徳川綱重の下屋敷でした。しかし綱重の息子の徳川綱豊が6代将軍になった後将軍家の別邸になります。この際「浜御殿」に名前が代わり庭園や茶室が整備されました。
その後の明治時代になると「延遼館」として外国人の接待に利用されるようになります。1870年には宮内省の管轄になり名前を「離宮」に改められました。1945年にGHQの要求で東京都に下賜された庭園は、1946年に都立庭園として開園し現在に至ります。とても長い歴史を持った由緒正しい庭園です。

2つの神社が合わさってできた「讃岐小白稲荷神社」

讃岐小白稲荷神社(左右にある鳥居)

讃岐小白稲荷神社

「讃岐小白稲荷(さぬきこはくいなり)神社」は2つの神社が合併してできた稲荷神社です。もともとは寛永年間に四国高松藩松平家の下屋敷内に創建されました。それが1870年に現在の土地へ移り、1937年に隣接していた小白稲荷神社と合祀して、現在の讃岐小白稲荷神社になったのです。
主祭神が倉稲魂神(うかのみたまのかみ)である讃岐小白稲荷では生成発展や火伏せといったご利益があります。

讃岐小白稲荷神社を訪れると鳥居が2つあり2つの神社の名残が残されています。拝殿は1つですが左右に「讃岐稲荷神社」「小白稲荷神社」があり、2つの神様が祀られています。参拝は両方の神社に敬意を払っていれば一度で問題ありません。
讃岐小白稲荷神社に入る際は、2つあるうちの片方の鳥居をくぐり、出る際は行きとは違う鳥居を使うことが推奨されています。左側が讃岐稲荷神社で右が小白稲荷神社の鳥居になっています。好きな方から入ってもう片方から出ましょう。

152mの高さを誇る「世界貿易センタービル」

浜松町二丁目にあり152mの高さを誇る「世界貿易センタービル」は、建設当初は日本一高いビルでした。現在でも会議室や展示場、展望台を備えた多機能ビルです。
天気が良い日には東京タワーやスカイツリーだけではなく富士山までもきれいに眺められる展望台も魅力です。その展望を眺めながら食べられるレストラン街には雰囲気の良い有名店がそろっているためデートや外食にはうってつけです。
世界貿易センタービルは2021年に解体され再建設される予定です。現在の風情のあるビルで外食をしたことがない方は早目に行くことをお勧めします。

ランチ激戦区、こだわりの名店がある「大門」

大門・浜松町近辺の路地

大門は浜松町駅がすぐ近くにあることから、浜松町のオフィスで働くビジネスマン向けのランチ激戦区です。お洒落なお店、庶民的なお店、老舗店、観光客向けと様々なニーズに応えられるお店が目白押しです。
その中でもこだわりのあるお店を少しご紹介します。

じゃんがら系統なのに豚骨ではない「東京らあめんタワー」

東京らあめんタワー芝大門本店の外観

東京らあめんタワー芝大門本店入口

東京らあめんタワーは、レトロな外観に東京タワーのイラストがプリントされた暖簾がかわいらしいラーメン店です。九州とんこつラーメンを東京で広めたと言われている「じゃんがらラーメン」の系列店として有名です。
ただこのお店では濃厚な豚骨ベースではなく、しょうゆ、塩、みそ味のラーメンがメインメニューになっています。ラードの膜で覆って冷めにくい熱々のスープ、ちょっと焦げ目がついていて何枚でもいけてしまいそうなあぶりチャーシュー。どの味も美味しくてその日の気分に合わせて選べる楽しさがあって飽きないお店です。

◇東京らあめんタワー 食べログ
 ⇒https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13094448/

地元に愛される老舗の会席料理「碗宮」

碗宮の外観

会席料理の碗宮は、大通りから少し裏道へ入った場所にある日本料理店です。創業から3代続く老舗で、接待や会食にぴったりのお店。ランチタイムには一流の味がお得な値段で味わえるメニューが用意されています。
うどんやそばにかき揚げのセットはリーズナブルで人気です。平日のみの営業なので、休日にゆっくり訪れるというわけにはいきませんが、隠れ家的に知っておきたい大人なお店の一つです。

◇碗宮 食べログ
 ⇒https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13023070/

どんな飲食店がある?(1km圏内)

大門には居酒屋(718件)や和食(688件)、BAR(239件)といった飲食店が多くあります。オフィスの多い大門では、仕事帰りに飲みに行けるようなお店が人気です。また、お昼に利用できるような、イタリアン・フレンチ・中華といったお店も多く営業しており、食べたい気分のお店がほぼ確実に見つかるくらい充実しています。

どんな業態が出店チャンス?

大門に出店チャンスがあると考えられるのは、『居酒屋』や『和食店』です。特にビジネスマンが多いオフィス街のため、ランチ需要が高いエリアです。働く人の年代層は幅広いため、和食の定食メニューはもちろんですが、ターゲットを絞って『イタリアン・フレンチ』でおしゃれに攻めるのも良いでしょう。夜の需要を考えるならランチも提供できる『中華』も人気が出そうです。
サラリーマンもOLも多い街ですのでターゲットを男女どちらかにするのは難しいかもしれません。傾向としては大衆に愛されるような形態の飲食店が人気のようです。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
イタリアン・フレンチの居抜き
中華の居抜き
BARの居抜き

周辺の主なスポット

・芝大神宮
・増上寺大門
・花岳院
・安養院
・常照院
・旧芝離宮恩賜庭園
・芝公園
・増上寺
・讃岐小白稲荷神社
・芝東照宮
・天光院
・浜離宮恩賜庭園
・東京タワー
・港区立公衆浴場ふれあいの湯
・徳川家霊廟
・プリンス芝公園
・愛宕神社

大門に似た地域

後楽園
後楽園駅には東京メトロ南北線と丸ノ内線が乗り入れており、大門と同様に交通アクセスが便利です。

大手町
大手町は大門と同じく多くのオフィスビルが立ち並ぶエリアです。

銀座
銀座には飲食店が多くあり大門と同じく外食する場所に困りません。

類似地域 周辺の募集物件一覧

後楽園・大手町・銀座の居抜き物件一覧

どんな客層?

【平日/昼】
オフィス街である大門には、昼間多くの方が通勤してきます。飲食店は、サラリーマンやOLがお昼に利用しやすいように、メニュー価格を1,000円以下に設定している場合が多いです。
【平日/夜】【土日】
夜や休日に飲食店を利用するのは、周辺の観光スポットに来た方や、地元住民が中心です。ディナー価格は昼よりも高い3,000~4,000円に設定しているお店が多くなります。

人口特性

大門のある港区の人口総数は、2019年3月時点で237,847人です。そのうち、男性は111,045人、女性は126,802人住んでいます。人口推移を見てみると、1996年まで人口の減少が続いていましたが、1997年から徐々に増え始め、2010年には200,000人を超えました。再開発が進んでいるエリアということもあり、今後も人口は増えていくと考えられます。

乗降人数

大門駅は、都営浅草線と都営大江戸線も2路線が利用可能です。2018年度の1日平均乗降人員は、浅草線が109,299人で、大江戸線が131,584人でした。浅草線の中では押上駅や泉岳寺に次ぐ3番目、大江戸線の中では新宿に次いで2番目に利用者の多い駅です。

大門の賃貸相場

大門で部屋を借りるとワンルームでも平均13.06万円かかります。1LDKだと22万円ほど、2LDKだと約27万円です。経済的に余裕のある方が多く住むエリアになります。ただし、港区全体の相場と比べると大門の賃料は安めです。

大門の店舗賃料相場

大門の平均坪単価は2万9千円ほどですので、東京23区でも特に賃料の高いエリアになります。毎月100万円以上の賃料を払っているという方が、全体の29%を占めています。大門で飲食店を開業する際は、ほかの地域よりも高額な資金を用意する必要があり、より売上を獲得するための企画力なども必要になってくるのではないでしょうか。

大門(港区)の居抜き店舗物件を見る

大門(港区)の居抜き物件一覧

記事に登録されているタグ

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.