特集記事

パン屋開業は初期費用が高額って本当!? パン屋を開業するための基礎知識

パン屋開業は初期費用が高額って本当!? パン屋を開業するための基礎知識

パン職人になるには

パン屋に行くこともパンを食べることも好きだから、パン職人になりたい。あるいは、パン屋を経営したいと具体的なイメージを浮かべながら、どうするべきか模索しているという方も多いはずです。

しかし、パン屋を開店することで儲けが出るのかどうか不安も大きいでしょう。
パン屋を開業することは、他の飲食店を始めるよりも、安定した経営が見込めると考えられています。
まず、それほど自宅で本格的なパン作りをする方が少ないことが理由です。おいしいパンを食べるために、手作りをするのではなく、多くの方はパン屋を目指すでしょう。
また、時間の経過とともにパンが固くなるので、コンスタントにパンを購入するリピーターも獲得しやすいといえます。そのため、立地や商品をよく研究すれば、ある程度の利益を得ることができるようになると考えられるのです。

パン屋さんになるために義務付けられている資格というのは特にありませんが、「パン製造技能士」という国家資格が存在します。
パン製造技能士国家試験には実技試験もありますので、合格するためにパン作りの勉強を始めるのも一案です。
夜間の専門学校もありますから会社の仕事と並行してパン作りを学ぶことも不可能ではありません。

それほど本格的なパン屋ではなくても、基準値のパンを売れればそれでいいという考えであれば、冷凍で売られているパン生地を買ってきて成形し、焼くだけで十分においしいパンができ上がります。
パン屋の経営に魅力を感じていながら、自分で作ることは難しいという方は、パン職人を雇うという方法も選択肢にあげられます。
もちろん経歴や腕前によって違いはありますが、パン職人の月給はだいたい15万円~25万円程度です。

パン屋開業までの流れ・必要な手続き

パン屋を開業するためには、まず「食品衛生責任者」の資格が必要です。
これは食品を扱う営業施設では必ず誰か一人が持っていなければならない資格ですが、養成講習会を受ければ誰でもこの資格を得ることができます。
講習会は各都道府県の食品衛生協会が実施していますので開催日時などの詳細を問い合わせてみるといいでしょう。
受講費用は約1万円です。なお、調理師か栄養士、製菓衛生士の資格を持っている人ならこの講習会を受ける必要はありません。

パン屋さんは食品を扱う業種のため、保健所に営業許可申請を行わなければなりません。
まず店舗内装の着工前に店舗の図面を保健所に持参して事前相談を行います。
店舗で使用する水が貯水槽のものである場合には水質検査も必要になってきます。
工事が実際に始まり、完成まで残り10日という辺りで必要書類を提出し、検査日を決めます。
保健所の担当者が工事の終わった店舗を訪れて検査を行い、問題がなければ営業許可証が発行されます。
交付までには数日かかりますので早めに準備をしておくことが重要です。

以上がパン屋を開業するために必要な手続きになります。
無事開業が済んだら税務署にも必要書類を出しておくことを忘れないようにしましょう。
まず「開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)」はお店を開業したら1ヵ月以内に出さなければ行けません。
さらに青色申告を行う場合には開業後2ヵ月以内に「青色申告承認申請書」を提出します。

開業資金を抑えるポイント

パン屋開業でどうしてもお金のかかる部分はやはりオーブンやホイロなどの設備です。
元パン屋だった居抜き物件で格好のものが見つかればこれらの機器が設置されている可能性が強いので、こまめにこういった物件を探せば初期費用をかなり節約することができます。

全く新しい何もない物件(俗に言うスケルトン物件)を借りて内装をした場合の費用は500万~600万円ほどかかると言われています。
パン屋の居抜き物件なら100万円程度の出費で済むこともありますから居抜き物件はとても重宝されます。

厨房設備だけではなくて内装にしても同様です。
例えば以前洋服屋さんだったお店を居抜きで借りると内装やレイアウト、水周りの工事に相当のお金がかかってしまいます。
内装で最もお金がかかるのは上下水道の工事費です。物件を見て歩くときには水道の位置と状態をしっかりと確認することが大切になってきます。

パン屋の居抜き物件が見つからない場合は元レストランでもかまわないでしょう。
パン用のオーブンなどは中古のものを格安で譲ってもらうという方法もあります。
ただし格安で状態のいい中古品はそれだけ需要も高いので、時間に余裕を持たせて開業数ヶ月前から探し始めるべきです。
内装に関しても水道工事や電気工事はプロに任せるにしても、壁の塗装や床の張替え程度は自分でやれば開業費用を低めに抑えることができます。
お店の顔ともいえる看板もプロに頼むと最低でも数万円かかってしまいますが、手先が器用な人なら自分で作れば安上がり。手作りなら愛着もひとしおです。

入念にリサーチして成功するパン屋へ

パン屋として成功するためにはやはり食べてみて誰もがおいしいと思えるようなパンを店頭に並べなければなりません。
冷凍されているパン生地で作ったパンと自分でこねて作ったパンの違いは一目瞭然。クオリティの高いパンを手が届きやすい価格に設定してコストパフォーマンスを上げれば一度買ったお客さまは必ずリピートしてくれます。

パン屋を開業して成功するためには実際に流行っているパン屋をリサーチが大事。
どこが人気の秘訣なのか、どういった点を自分の店舗に取り入れられるかを徹底的に研究していくことが必要です。

流行っているパン屋の秘訣はパンと価格だけではなくて内装や立地にあるかもしれませんし、オーナーの人柄に魅せられてみんな集まってくるのかもしれません。
また、パンを入れてくれる袋がかわいいとか夜22:00までやっているなど何かしらのメリットがあるはずですので、よく観察して真似できるところは真似てしまいましょう。
人気のあるパン屋には必ず自分で足を運んでパンを買ってみることが大切です。

こういったリサーチはパン屋開業の少なくとも1年ぐらい前から始めるのがいいのですが、そういう時間がなかった人は明日にでもリサーチを始めましょう。
パン屋家業に時間を取られてリサーチに時間が割けないオーナーは、アルバイトに時給を払ってリサーチを頼むという方法もあります。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.