特集記事

飲食店の内装工事にかかる費用|注意点と安くおさえるための方法

飲食店の内装工事にかかる費用|注意点と安くおさえるための方法


「憧れの飲食店を開業したい」そう思う方も多いと思いますが、その中でも「自分好みの内装にすると工事費用が高いんじゃないか」そんな不安を抱えている方も多いかも知れません。

お店を開業するにあたって、内装工事の費用がどれくらいかかるか分からないと心配ですよね。
そんな方のためにこの記事では、内装工事の注意点と費用を安くする方法について紹介します!

飲食店の内装工事の費用相場

飲食店の内装工事の費用相場

実際に飲食店の内装工事をするための費用相場はどれくらいなのでしょうか。
内装工事をする際にはまず、以下の事について知っておく必要があります。

<飲食店の内装工事>
 ・内装工事の内訳
 ・業態別の費用の違い
 ・設備の費用
 ・居抜きかスケルトンか

それぞれの項目について、詳細を見ていきましょう。
飲食店の内装工事の費用相場

内装工事の内訳

飲食店の内装工事の内訳

内装工事の内訳は以下のようになっています。

<内装工事の内訳>
 ・デザイン設計

35万円~70万円程度かかります。
デザイン設計は、内装工事の業者と一緒にする場合と、デザイン設計専門の業者に依頼する場合があります。
・設計管理
25万円~50万円程度かかります。
・内装工事
50万円~150万円程度かかります。
デザイン設計の業者と違う業者の場合、設計と一致しているかをこまめに確認することをおすすめします。
・厨房工事
30万円~300万円程度かかります。
業態によって設備が大幅に変わるので、工事費用にも幅があります。

業態別の費用相場

内装工事の費用相場は、業態によって大きく変わります。
それぞれの費用相場が以下になります。(坪単価で表記しています。)

<業態別の費用相場>

業態 費用相場
カフェ 約15万円~25万円
レストラン 約25日万円~40-万円
和食店 約35万円~50万円
焼肉店 約50万円~

カフェはドリンクの提供がメインのため、厨房設備が安く済み工事費用が抑えられることが多いようです。
レストランでは、フードの提供がメインなので厨房設備に高い費用がかかります。

和食店は提供する製品の価格帯が高い場合が多く、それに合わせて内装も高級感のあるデザインになるため、内装工事に高い費用がかかります。
焼き肉店では通常の飲食店とは違い、ダクト工事や無煙ロースターなどの排気設備や空調設備の工事費用が高くなり全体的に工事費用が高い傾向にあります。

設備の費用相場

業態別の内装の費用相場

設備の内装工事には、以下のような工事があります。

<設備の内装工事>
 ・電気工事
 ・ガス工事
 ・水道工事
 ・ダクト工事

業態別の内装の費用相場
それぞれの費用相場について解説していきます。

電気工事

電気工事の費用相場は、約80万円~120万円程度が目安です。
実際の工事内容は、幹線引き換え工事、配線工事などです。

幹線引き換え工事とは、電気容量が足りていない場合に電気容量を増やすために電気を供給している幹線を太いものに変えて電力をアップする工事です。
配線工事は電気容量が足りている場合に、劣化した分電盤の交換や、照明・スイッチ・コンセント・空調電源などに関する工事です。

上記した価格は、幹線引き換え工事が不要な場合です。

ガス工事

飲食店用にガスが引き込まれている場合のガス工事の費用相場は、約35万円~40万円程度が目安です。
この場合は、ガス子器具への配管工事費用になります。

一般的にテナントビルの場合は、一本の供給管から各テナントへガスを割り当てています。
この割り当てられた容量が足りない場合は本管からの引き込み管を交換するための工事が必要になり、上記したものよりも高額になってしまいます。

自分のお店がどのパターンにあたるのか把握しておくことが大切です。
気をつけてください。

水道工事

水道工事には、約60万~120万円の費用が目安です。
これは水道管や排水設備を厨房に引き入れるための工事費用になります。
価格は、厨房の広さや、水道管や排水設備の配置の場所によっても変わってきます。

飲食店を運営するうえで、水回りの工事は必須。
かなりの費用がかかりますが手を抜けない部分ですね。

ダクト工事は約80万円~120万円が目安になります。
具体的には「空調ダクト」「排気/換気ダクト」「厨房ダクト」「排煙ダクト」などがあります。
厨房の換気はもちろんですが、お客さまが食事をするホールも臭いがこもらないように気をつけなければなりません。

また焼き肉店を経営しようと考えている方は注意してください。
肉独特の臭いが籠りやすく、煙の処理も必要なため特殊な空調設備が必要になります。
そのため費用は更に高くなる場合がほとんどです。

居抜きとスケルトン物件の費用比較

内装工事にかかる費用は、居抜き物件かスケルトン物件かで大きく変わります。
居抜き物件とは前に入っていたお店の設備や内装などが残っている状態で借りる物件のことです。

スケルトン物件とは、前に入っていたお店の借主が、退去時に店内設備や内装を除去し、天井・壁・床をすべてはがした状態の物件の事です。
それぞれのメリット・デメリットについても紹介していきます。

居抜き物件 スケルトン物件
メリット ・内装がそのまま利用できる
・工期が短い
・内装の除去費用がかからない
・好みの内装にできる
デメリット ・自分好みの内装にしづらい
・古い設備の不良も自己責任になる
・内装工事費用がかかる
・工期が長くなる

飲食店の内装工事の注意点

飲食店の内装工事の注意点

飲食店の内装工事には下記のように、様々な注意点があります。

<飲食店の内装工事の注意点>
・費用は坪単価で変わる
・予算を決めておく
・インテリアは高額になりがち
・内装工事費はローンが組めない
・複数会社で見積もりを比較する

それぞれについて詳しく解説していきます。

内装工事費用は坪単価で変わる

内装工事費用は坪単価で変わります。
特別な工事をしない一般的な飲食店でも、坪単価30万円~50万円はかかるといわれています。

しかし天井や壁、床に使う素材によっても坪単価は変わるので素材についても事前に知っておかないと予想より工事費用が高くなってしまう場合もあります。

内装工事の予算を決めておく

飲食店の内装工事の費用相場や内装工事費用は坪単価で変わるという事実を踏まえ、事前に予算を決めておくことが重要になってきます。
自分のお店を開業するとなると、内装にはこだわりたいという方もいると思いますが、内装デザインを決める前に予算を決めておく必要があります。

飲食店の内装工事の費用相場を見ておおまかにどのくらいかかるのかを確認し、自分で決めた予算内で収まるように立地・物件選び、内装デザイン・素材を選んでいきます。
特にスケルトン物件を利用する場合、ゼロからすべて工事することになるので予算内で納められるように考案しましょう。

インテリアは高額になりがち

飲食店は雰囲気も重要のため、座り心地のよい椅子や照明にこだわったりするなどが積み重なって高額になる場合があります。
スケルトン物件の場合、天井や壁の素材も自分で決めるので、こだわりすぎると高額になりがちです。

どうしても内装にこだわりたい場合は一旦理想の素材やインテリアを思い描いた後、インターネットで似たようなものをより安く探したりリサイクルショップを訪れたりするなどして費用を抑える工夫をしてみると良いでしょう。

内装工事費用はローンが組めない

内装工事費用はローンが組めず、現金払いになります。

現状で現金払いでは厳しいという方は、日本政策金融公庫や金融機関から融資を受けることをおすすめします。

その場合は融資が決済された時点で契約し、内装業者の口座に振り込みます。
公庫から融資を受ける場合は自己資金がいくらあるか「どのようにして自己資金を融通したのか」を明確にする必要があります。

基本的に融資を受けられる金額は、自己資金と同額程度と考えておくとよいでしょう。
銀行から融資を受ける場合には事業計画も重視されます。

実現性の高い売り上げ目標を立て、売り上げ目標の7,8割の売り上げで諸経費を賄えることを示すことが重要です。
返済計画も示すとよいでしょう。

内装業者は複数会社で見積もりを比較する

内装業者を検討する際は複数の会社にで見積もりを依頼しましょう。
比較することで相場が把握出来て失敗も少なくなります。

業者の比較ポイントについて説明します。

<内装工事業者の比較ポイント>
 ・業者の得意分野や過去の実績

飲食店・アパレル・オフィスに強いなど、業者によって得意分野があります。
業者のホームページで確認しましょう。
また、過去に多くの依頼をこなしている経験豊富な業者の方が安心して依頼できます。
・設計・加工事例
業者のサイトなどで加工事例を見つけ、良い事例を見つけられたところに依頼するのも一つの手です。
・賠償責任保険の有無
業者が請負業者賠償責任保険に入っているかを確認しましょう。
この保険では損害賠償責任を負う事故が起こった場合に保険による補償が適用され、工事が続行できます。
未加入の場合は賠償責任のために工事が中断してしまうことがあります。
・登録・許可
建築士事務所登録や一般建設業許可などの資格を確認しましょう。
内装工事を受注するには、このような登録や許可が必要です。
・見積もり
業者によって見積もりは変わってきます。
複数の業者で比較すると良いでしょう。

内装工事費用の見直しポイント

内装工事費用の見直しポイント
内装工事費用の見直しポイントには以下のようなものがあります。

<内装工事費用の見直しポイント>
 ・厨房設備費用

厨房費用は、飲食店の要となるため設備の中で最も高額になりやすい費用です。
できるだけ安く抑えられたらベストですが、予算と質のバランスをとって考慮しましょう。
居抜き物件の場合、この問題は解消されますが、立地が飲食店に不向きなため他の人がそのお店を借りなかった可能性もあるので、慎重に検討しましょう。
・見積もり比較
見積もりに抜けている部分はないか、逆に過剰な部分がないかをしっかりと確認しましょう。
複数社と比較することで、項目や金額をしっかりと確認・把握することができます。
・減額工夫
一旦見積もりを出したことで満足せず、素材や設備の導入・インテリアなどでより安く抑えられる部分がないかを見直しましょう。

まとめ

内装工事費用についてのまとめ

新しく飲食店を開くには、店舗の内装工事は欠かせません。
そしてかなり大きな費用が必要となるため、経営がうまくいくかの重要なポイントでもあります。

業者によって見積もりの値段は変わりますし、工夫次第で減額することも可能です。
予算内でこだわった内装に仕上がるよう、業者選びや内装・素材選びなど、最後まで手を抜かずに考えましょう。
内装工事費用についてのまとめ

▼こちらもぜひご覧ください▼
☟飲食店の開業までに必要な準備や申請など、注意点など各フェーズ毎に開設しています☟

飲食開業マニュアル

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.