用語集

原状回復

店舗として新たに賃貸しようとするときに、すぐに使える状態であることは、要らない手間やコストを省くために大切なことです。そのため、賃貸する条件として原状回復が必須であることも含まれていることが多いです。逆に借りるときに原状回復してあるのかを確認することも欠かせません。

原状回復とは借りたときと同じ状態に戻すことで、汚れをきれいに戻ることや借りた後にアレンジを加えた部分があれば、それを元に戻ることも含まれます。さらに、使っているうちに部品などがなくなってしまった場合には、同じものを購入してあった通りにすることが求められます。場合によっては自力で回復できないケースも出てきますが、その場合はそれ相応のコストを払って貸主に修復を依頼することになります。

ですから、元の状態を記憶しておくことも必要ですし、付属していた道具や設備をなくさないように保管することも原状回復を考えると大切なのです。次に使う方のためにもメンテナンスをすることが手間を省くことにもなります。
 

きれいに使っているつもりでも経年劣化は起こりますので、全く同じ程度にして戻すのはほぼ不可能です。少し本格的な掃除をして落とせるものであれば、最後はきれいにしていくのがトラブルを避けるためにもできることですが、中には電気が切れてしまってもダメといった対応をすることもあります。そのためどこまでが借り手の負担になるのか、どの程度まで原状回復してほしいのかを借りるときに話をしておくとガイドラインができてメンテナンスもしやすくなりますし、トラブル予防にもなります。

契約するときに原状回復の目安を示してもらうことで明確な判断材料になりますし、それに沿って日々使っていけばいいので手入れもしやすくなり、結果的にきれいに使うことができます。とはいっても、大切に使っていくことで戻すことの負担も減りますので、毎日のコツコツとしたケアが最後の負担を減らすことにもなります。自分のためにも小さな積み重ねがトラブルの予防のコツです。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.