用語集

前家賃

前家賃とは、貸店舗や居抜き物件などの賃貸契約を結ぶときに先払いする翌月分の家賃のことです。入居する前に先払いをするので、前家賃と呼ばれています。

一般的に前家賃は、契約した月の途中に入居する場合はその日から月末のまで金額を日割り計算した金額と、翌月の家賃を合わせた額になります。
つまり最低1ヶ月から最大2ヶ月分を、賃貸契約を結ぶ前に用意しなければいけないと考えられるでしょう。ただし貸店舗や居抜き物件によっては、前家賃は1ヶ月分ではなく2ヶ月分請求するケースもあります。
その場合は最大3ヶ月分の家賃を支払う可能性もあるので、必ず条件は確認しておきましょう。また近年増加傾向にあるフリーレント物件の場合は、無料になるか少なくなる可能性もあります。契約時にあらかじめ翌月分を支払うので、その期間の家賃は必要ありません。

入居時に先払いした金額分の期間が過ぎてから、貸店舗や居抜き物件の賃料は発生するようになります。
 

貸店舗や居抜き物件を借りて店舗などを開店する場合は、敷金・礼金・仲介手数料を支払わなければいけません。しかし日本では、前家賃として1ヶ月分の賃料を先払いするのが一般的です。

独立開業時に前家賃についての理解が不足していると、賃貸契約を結ぶときに予想外の出費をしてしまい開店資金を圧迫しかねません。その結果店舗の設備投資や宣伝費用にしわ寄せが来るので、事前に貸店舗や居抜き物件を借りる際に必要なお金については、綿密に調べて余裕を持っておきましょう。
前家賃の条件は物件ごとに異なるので、予算内に収まるか確認しておくことも大切です。

少しでも貸店舗や居抜き物件を借りるときの負担を減らしたいなら、敷金・礼金・仲介手数料が無料の物件を選択すれば、初期費用を抑えながら開店することができます。またフリーレントの物件も契約時の前家賃を節約できるので、初期費用を抑えたいときにはおすすめの選択肢です。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.