用語集

害虫駆除

事務所や店などの法人が行う害虫駆除というものは、個人で行う手段よりもかなり大掛かりな手段をとる必要があります。まず害虫駆除というよりはその居ぬき物件のリフォームであり、それによってその建物の機能が働くようにしなければいけません。なので一番確実な方法は、スケルトン物件と呼ばれるコンクリートむき出しの状態にすることが一番といえます。

こういった専門用語とその意味を理解して行っていけば、間違った手段をとる心配はなくなるでしょう。ただ駆除を確実にしたいばかりに極端な方法をとってしまうのもコストがかさむので、まずはその建物の診断を業者に依頼するべきです。どのくらい害虫被害が生じるのかを最初に把握しておけば、コストと工期の見通しを立てることも簡単にできるでしょう。

ネズミ退治やゴキブリ退治などその種類によって専門用語が異なりますが、基本的にはどちらも出入り口の封鎖がメインです。駆除が終わった後は必ず出入り口をふさぐことになるので、そのことを意識して駆除を依頼しましょう。
 

害虫駆除で一番有名なのがバルサンですが、これは実際にはあまり効果が得られないので気を付けましょう。これを使えば確かに一時的に虫がいなくなりますが、結局人間の健康に害がないガスである以上効果は薄いのです。

害虫駆除は虫を駆除するよりも侵入できなくすることが、居ぬき物件の虫対策としては完璧といえます。そのためまずは虫が入る余地があるかどうかを見てもらうことが大切なので、そういった穴と隙間のチェックをしっかりしてもらうべきです。バルサンや超音波も確かに効果的ですが、穴をふさがなければまた新しい虫が入ってきてしまうので侵入口の発見は最優先で行いましょう。何度バルサンをしても虫が来ると悩んでいる経営者は多いですが、それは侵入してくる穴と隙間を放置しているからです。

そうならないように侵入口をふさぐための情報を知り、適切な対策を実施していくことが大切なことであるといえます。そのうえでバルサンを使い、超音波機器を設置すればその物件の害虫駆除は成功したといえるでしょう。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.