飲食開業マニュアル

飲食店に必要な電気容量は? 居抜き物件のチェックポイント

STEP1
  • 物件探し

飲食店を営業していくうえで、電気・ガス・水道は必要不可欠です。今回はその中でも、物件探しや内見の際にも役立つ、電気についての基礎知識をご紹介したいと思います。

電気に関する単位はV(ボルト)、A(アンペア)、W(ワット)の3つがあり、それぞれV=電気を押し出す力の量、A=電気の流れる量、W=消費エネルギーの量を表しています。それを踏まえて、気になる物件の電気設備をチェックしていきましょう。

 

電気の供給の仕方には「単相2線式配線」と「単相3線式配線」の2種類があり、建物に取り付けてある電力量計(電力メーター)をみて確認することができます。どちらの方式かは電力量計に記載もされていますが、屋内のブレーカーの蓋をあけ、何本線がでているかをみてもわかります。2本であれば単相2線式配線、3本であれば単相3線式配線となります。

単相2線式配線

100Vのみ使用可能、30Aが上限

単相3線式配線

100Vの設備でありながら200Vも使用可能。容量の大きな電気機器にも対応

昭和の時代に比べ、現在は家庭で消費する電力量も増えてきているため、一般家庭でも単相3線式配線の場合が多いでしょう。飲食店においては、業務用エアコンや冷蔵庫、スチームコンベクションオーブンのように、そもそも作動条件として200Vが必要になる、電力消費量の高い電気機器などもあります。その場合、単相2線式では対応できないため気をつけてください。

 

30A 家庭用

一般家庭

40A 家庭用

軽飲食~飲食用(寿司、BAR、カフェなど)

50A 飲食用

飲食用(和食・イタリアン・フレンチなど)

60A 飲食用

中華などの重飲食にも対応

※飲食店の電力量は、業態よりも店舗面積の広さによって高くなる傾向にあり、上の表はあくまで目安となります。

 

自分の店舗で使用する大まかな電力量がみえてきたら、各電力会社が提供しているプランから最適なものを選びましょう。例えば東京電力の場合、30A~50Aの容量であれば「従量電灯B」、60A以上の電力が必要な場合は「従量電灯C」、商店や工場などより大きな電力が必要になる場合は「低圧電力」というように、それぞれの料金プランが設定されています。

また2016年4月以降は、2の電力自由化によって、様々な会社が電気の供給に参入しているため、電気代を安く抑えるための選択肢は広がっていると言えるでしょう。

電気などのインフラは、月額にすると大した差はなくても、年単位で考えると大きな違いになるため、最初の段階でよく考えて契約するのがおススメです。是非、賢い選択でランニングコストを削減しましょう!

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.