飲食開業マニュアル

物件の申込み~契約締結までの流れ

STEP3
  • 契約

実際に物件の内見をして、「ここなら自分の店をオープンできる」と感じた物件があれば、次はいよいよ申込みのステップへ進みます。

とはいえ人気物件には申込みが殺到してしまったり、申し込んだ段階ですでに別の誰かが成約一歩手前まで進んでいたなどというケースもあるため、申込み=取得とは限りません。

ここでは、物件の申込みをしてからどのようなプロセスを経て希望物件を取得するまでに至るのか、申し込みから契約締結までの流れを見ていきたいと思います。

内見をして気に入った物件があれば、所定の申込書に必要事項を記入し申し込みをします。住所や氏名などのほかに連帯保証人を記入する欄もあるため、申し込みの時点で保証人となる人を決めておく必要があります。

また申し込みをしたからといって、まだ物件を取得したことにはなりません。場合によっては不動産会社の担当者に、「他に検討しているお客様がいらっしゃいます」といわれることもあるでしょう。この時点での申し込みはあくまでも取得するという意思表明にすぎず、実際に取得できるかどうかはこの後の審査にかかってきます。

居住用物件を賃貸するときなどにも不動産の入居審査があるため、経験されたことのある方も多いのではないでしょうか。ただし住居などとは異なり、飲食店舗の場合はこの審査に長い時間がかかることがあります。そして、散々待った挙句にお断りをされるというケースも少なくないため覚悟しておきましょう。

審査は、申込書や事業計画書をもとに大家さんがおこないます。審査基準としては、申し込み者の支払い能力や希望している業態がどのようなものかなど様々ありますが、たまに人物像を把握したいということで面接を希望される大家さんもいらっしゃいます。その際は、事業計画書をもとに、自分のやりたいお店のコンセプトを伝えることはもちろん、「この物件でぜひやりたい!」という熱意もきちんと表明しましょう。また、身だしなみや礼儀作法を気にする大家さんも多いので、面接時は清潔感ある服装で立ち居振る舞いにも気をつけてください。

審査を無事通過することができれば、いよいよ契約となります。契約に関する費用については「物件取得時に必要な費用の内訳」に詳しく書きましたのでそちらを参考にしてみてください。

契約時には「賃貸借契約書」の締結が必要になります。契約締結前に、担当者から重要事項説明がなされます。重要事項説明とは、物件契約者が知っておくべき事項をまとめたものですが、専門用語も多いのでわからないことがあれば必ずその場で確認し、納得してから契約を交わしましょう。

賃貸借契約書の内容やチェックポイントについては、次項の「賃貸借契約書の内容を確認する」で詳しく見ていきたいと思います。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.