飲食開業マニュアル

飲食店に必要な席数とスペース

STEP4
  • 内装工事

内装業者との打ち合わせの際に必ず話題に上るのが店舗の席数です。売り上げ計算やスタッフの人員配置などにも関わってくる席数は、飲食店経営においてとても重要な決断といえるでしょう。

もちろん席数は広さに左右されますが、同じ面積でも業態やコンセプトの違いによってとるべき席数が異なるなど、一概に面積=席数とは言い切れないところがあります。

ここでは飲食店におけるスペースと席数について、業態やコンセプトによる違いを踏まえながら具体的に考えていきたいと思います。

飲食店の業態と店舗面積の関係

基本的に10坪以上の店舗であれば、どんな業態の飲食店でも営業することは可能です。反対に10坪未満の店舗の場合、できる業態は限られてくると言えます。例えばカウンターのみのラーメン屋、カウンターのみの居酒屋、ファーストフード店、デリバリーの店、お弁当屋、セルフサービスの店というような業態であれば、10坪未満の店舗でも充分やっていけるでしょう。

飲食店の業態と坪数あたりの席数の関係

飲食店には必ず厨房があります。そのため店舗面積のすべてが客席になるわけではもちろんありません。また冒頭にも書いたように、厨房の広さは各店舗によって異なるため、たとえ同じ面積の店舗だとしても、面積に対する客席の割合いは店舗によって異なります。

そのためあくまでも目安にはなりますが、まずは業態別の1坪あたりの客席数の例をみていきたいと思います。

・居酒屋の場合
1坪あたり1.5席程度

・カフェやファーストフード店の場合
1坪あたり2席程度

・レストランなどテーブル中心の店舗の場合
1坪あたり1~1.3席程度

このように、1坪あたりの席数が少なければ少ないほど、座席と座席のあいだに空間が生まれ、高級感や落ち着いた雰囲気をつくり出すことができるのです。

そのため、比較的ラグジュアリーな店舗を目指すのであれば、席と席の間には余裕を持たせる必要がありますし、反対にあえて席間隔を狭くして、お客さま同士の距離を縮めることでワイワイとした活気ある雰囲気のお店をつくることもできるのです。

このように、席数設定はお店のコンセプトとも密接に関わっています。それだけでなく店舗の売り上げ計算にも影響を及ぼすため、内装設計の段階でお店のコンセプトと売上の両面を念頭に、最もバランスのよい席数を考えておく必要があります。
 
 

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.