街レポート

駒込(豊島区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

駒込(豊島区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都豊島区の駒込は、山手線の駅のひとつです。都心へのアクセスが便利なため、住みたい街として人気があります。巣鴨地蔵通り商店街や駒込銀座商店街といったように、たくさんの商店街があり、買い物する場所に困りません。また、六義園や根津神社を始めとして、多くの自然が感じられるスポットがあるのも魅力です。こちらのページでは、駒込エリアの特徴についてご紹介します。

自然豊かで交通アクセスが便利な街

駒込は、交通アクセスも治安も良く、住みやすい街です。昭和の雰囲気の残る商店街がたくさんあり、六義園を中心とした緑豊かなスポットもあるため、ゆったりと過ごすことができます。この地域一帯は江戸時代には武家屋敷だったことから、歴史的な雰囲気も残っています。

駒込の歴史

江戸時代、駒込周辺には武家屋敷が集まっていました。有名な「六義園」も、徳川5代将軍綱吉の即用人だった柳澤吉保の下屋敷をもとに作られた庭園です。さらに、現在の東京都立駒込病院のある場所には、徳川8代将軍の吉宗が作った、鷹狩をするための「鷹狩屋敷」があったと言われています。

明治時代以降、かつて武家屋敷であった跡地は、開発されて住宅街となりました。加賀藩前田家中屋敷の跡地や大和郷はその代表です。開発は、歴史ある街並みを崩さないように配慮されながら行われました。現在は、多くの財界人や政治家が開発された駒込の住宅地で暮らしています。

また、駒込の動坂遺跡では、縄文時代の土器や住居跡も見つかっており、古い時代からこの地域では人間が暮らしていたということも分かっています。

都心へのアクセスが良好

駒込は都心へのアクセスが便利な街です。JR山手線と東京メトロ南北線が乗り入れています。JR山手線を利用すれば、都内主要駅へも10分前後でアクセスできることから、通勤や通学でも利便性が高いと言えるでしょう。池袋駅までは7分、上野駅までは10分、新宿駅までは12分でアクセス可能です。

レトロな商店街が魅力

駒込周辺にはたくさんの商店街があります。もっとも有名なのは、巣鴨駅へ向かった先にある「巣鴨地蔵通り商店街」です。うなぎ屋・大福屋・甘味処・和菓子屋・洋品店・純喫茶・食堂といったように、さまざまなお店が軒を連ねており、毎日たくさんの方で賑わっています。商店街の中にある高岩寺の「とげぬき地蔵」は、全国的にも大変有名です。

「駒込銀座商店街」というものもあります。こちらは駒込駅の東口方面にある商店街で、別名「さつき通り」とも呼ばれています。駒込銀座商店街を歩いていくと「霜降銀座商店街」へつながり、昭和の雰囲気が残ったレトロなお店で買い物ができます。

ほかにも、上中里高台商店街・西ヶ原大通り商店街・駒込駅前通り商店街・サンモール大塚商店街・江戸川橋地蔵通り商店街といったように、駒込周辺にはさまざまな商店街があります。日用品の買い物にも困らないため、生活しやすいエリアです。

自然が感じられるスポット

駒込には魅力的な観光スポットが多数あります。特に有名なのが「六義園」です。六義園は、1702年(元老15年)に柳沢吉保によって建設された日本庭園をもとに作られました。

柳沢吉保の死後、荒れ果てていた庭園は三菱財閥の創設者である岩崎彌太郎の手に渡ります。1938年には東京市に寄贈されて一般に公開されるようになり、1953年には国の特別名勝になりました。

柳沢吉保は「古今和歌集」の世界観をテーマに庭園を作ったため、園内のいたる所で和歌に出てくるような風景が見られます。「六義園」という名前も、古今和歌集の序文にある六義という言葉を由来に付けられたものです。お花見や紅葉の時期には園内の木々がライトアップされ、毎年たくさんの方が観覧に訪れています。

根津神社も有名です。こちらはヤマトタケルノミコトが約1900年前に作ったと言われる神社です。ツツジの名所として有名で、境内のつつじ苑には、100種3000株のツツジが植えられています。4月上旬から5月上旬にかけてはつつじ祭りが開催され、さまざまな種類のツツジや露店が楽しめます。

駒込はソメイヨシノ発祥の地

駒込、本駒込エリアはソメイヨシノの発祥の地です。武家屋敷が多かったことから庭園用の植木の需要が高く、園芸が盛んに行われていました。この地域でエドヒガンザクラとオオシマザクラを交配して生まれたのがソメイヨシノです。ソメイヨシノという名前は、駒込の昔の名前である染井村から付けられました。駒込の染井霊園には、現在でも多くのソメイヨシノが植えられています。

治安が良くお店も多いため住みやすい

駒込の治安は比較的良くなっています。犯罪件数が少なく、特に駒込4丁目と中里1丁目は粗暴行為がほとんど発生していない安全なエリアです。ただし、駅の北側の駒込2丁目付近はほかのエリアに比べて犯罪発生率が高いため、ご注意ください。また、駒込には商店街やスーパーがたくさんあるため、買い物する場所に困りません。24時間営業しているスーパーもあり、暮らしやすい地域となっています。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

駒込には和食屋が多く、現在では235件のお店が営業しています。居酒屋やカフェ、中華料理屋も多めです。商店街が多く、その中で営業している店舗もたくさんあります。レトロな雰囲気の残るお店が特に人気のようです。

どんな業態が出店チャンス?

駒込に出店するなら、和食屋や居酒屋がおすすめです。これらの業態の飲食店は駒込にたくさんあるため、ターゲットが周辺に集まっている可能性が高くなります。新しく同じ業態のお店を出した場合にも、繁盛させやすいと考えられます。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き
中華の居抜き

周辺の主なスポット

・染井吉野桜記念公園
・駒込公園
・六義園
・旧古河庭園
・東洋文庫ミュージアム
・西福寺
・東京染井温泉
・大龍寺
・駒込富士神社
・巣鴨地蔵通り商店街
・無量寺
・根津神社
・飛鳥山公園
・平塚神社
・東京都北区防災センター(地震の科学館)

駒込に似た地域

新小岩

新小岩には商店街がたくさんあり、買い物に便利です。駒込と同様にレトロな雰囲気のお店も多く、下町情緒の残る街となっています。
新小岩(江戸川区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

調布

調布からは、都内へアクセスがしやすくなっています。新宿まで約17分、渋谷まで約24分、池袋まで約28分で行けます。アクセス良好な駒込との共通点と言えるでしょう。
調布(調布市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

亀有

亀有は治安が良いエリアです。特に中川2丁目は犯罪が非常に少なく、住みやすくなっています。
亀有(葛飾区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

新小岩・調布・亀有の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
豊島区の昼間人口は、417,146人です。通勤や通学で来る方が多いため、夜間に比べて昼間のほうが人口が増えます。飲食店を利用するのは、ビジネスマンや、商店街へ買い物に来た方が多くなり、価格はお手頃な1,000円以下に設定しているお店が多くなります。

【平日/夜】【土日】
豊島区の夜間人口は、昼間よりも少ない291,167人です。飲食店の利用は、帰りがけのサラリーマンや地元住民が多くなります。昼間と同じく、メニュー価格は1,000円以下に設定しているお店が多いようです。

人口特性

豊島区の人口は、総数287,623人のうち、男性が144,807人で、女性が142,816人となっています。豊島区は住居として人気のあるエリアですが、中でも駒込は人気の高い街です。特に男性からの人気が高く、住民も男性が多めとなっています。

乗降人数

駒込駅には、JR東日本山手線と、東京メトロ南北線が乗り入れています。JR東日本の2016年の1日平均乗車人数は48,094人、東京メトロは39,584人となっています。都内にあるほかのJRや東京メトロの駅と比較しても、平均的な利用率の駅です。

駒込の賃貸相場

駒込の賃料相場は、ワンルームの場合7.18万円、1DKの場合9.86万円です。豊島区全体の家賃平均はワンルームで7.48万円、1DKで10.27万円ですが、駒込の賃貸相場はそれよりも低めとなっています。比較的、部屋を借りやすいエリアです。

駒込の店舗賃料相場

駒込の平均坪単価は14,197円です。毎月の賃料は、20~40万円払っている方がもっとも多くいらっしゃいました。次いで多かったのは、20万円未満という方です。60万円以上の家賃を払っている方はほとんどいらっしゃいませんでした。

駒込(豊島区)エリアの居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.