街レポート

西船橋(千葉県船橋市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

西船橋(千葉県船橋市)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

千葉県船橋市にある西船橋は、近代化が進みつつも昭和の風情が残された、独特の雰囲気を持つ街です。近年は人口が増加傾向にあり、ファミリー層はもちろん単身者向け物件も増えています。
今回は歴史・街全体の雰囲気・住みやすさ・交通の便などの情報を通して西葛西エリアの特徴をご紹介します。

古くから多くの人が住み発展してきた地域

船橋という地名の由来には諸説あります。その中のひとつに、“ヤマトタケルノミコトが東征時に渡河のため船を並べて橋を作った”という伝説があります。
古事記にも登場する人物の行動が地名の由来として考えられているという意味では、船橋は古くから続く由緒ある地域であるといえるでしょう。実際に、この船橋という地名は鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」にも登場しています。

船橋市内ではいくつかの規模の大きい貝塚が発見されています。ある研究によると、かつての海老川は現在よりも川幅が広かったと唱えられているようです。かつての船橋周辺は港として栄えていて、縄文時代から多くの人が住んでいたのではないかと言われています。

中世には交通の要所として賑わい、近世に入ると成田山参拝客が足を休める街として発展していきました。そして近代には軍都習志野の近隣にあることから「兵隊の町」として発展し、インフラ整備も活発になっていきます。
敗戦後は「日本の上海」と言われるほどに、闇市で賑わいをみせていたようです。

船橋が中世から近代まで発展していく中、1966年になると住居表示が実施されます。こうして新しい町名として「西船」が誕生しました。これこそが、現在にも続く「西船橋」という地名が正式に使われるようになった瞬間です。
その由来としては、1953年に開業したJR西船橋駅のことを、周辺住民が「西船」と使うようになったことが挙げられています。

昭和の空気を残した独特の街並み

昭和レトロを楽しめる街

西船橋はどちらかというと古い街並みが印象的な地域です。特に北口ロータリー付近には築年数の古い建物が多く、昭和レトロな雰囲気が漂います。
商店街も一昔前のアーケードとなっていて、懐かしさを感じられるでしょう。近年では着々と建て替えが進んでいるとはいえ、どことなく残るノスタルジックな風情も、西船橋らしさといえます。
そんな街の雰囲気に合わせてか、飲食店も昭和の雰囲気を感じさせる店舗が少なくありません。都心部でも増えつつあるノスタルジックな大衆居酒屋は、西船橋エリアでも人気を集めており、このエリアに似つかわしい業態のひとつだといえるでしょう。

近代化とレトロが同居する雰囲気

西船橋はレトロ感が溢れる地域ですが、その一方で近代化も進んでいます。たとえば、新たに建設された西船橋の駅ビルは、レトロとは対照に近代的です。多数のテナントが入っていることから、昼夜賑わいを見せています。
また、住人にファミリー層が多いことから、駅周辺には真新しいビルの学習塾が数多く存在しています。レトロな街並みが残されている一方で、近代的なビルが立ち並ぶというコントラストが、西船橋の独特な雰囲気を作り上げているといえます。

買い物環境が充実し一人暮らしもしやすい街

駅周辺にはスーパーが集中

西船橋の買い物環境は、比較的充実しているといえます。街の玄関口である駅ビルには、多数の店舗が入っていて、帰りがけに夕飯の食材を購入できます。
また、商店街があることから、日々の生活用品や食料品も気軽に入手可能です。駅周辺に多数存在するスーパーマーケットの中には、深夜営業している店舗もありますから、買い物環境としては充実している部類といえます。

治安は決して悪くない

西船橋というと治安があまり良くないイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際には犯罪発生率はそれほど高くありません。
駅前周辺は人通りも多く、交番もあるので安心感があります。また、夜間でも営業している店舗がたくさんあり、道も明るいところが多いでしょう。
ただし、駅前は昼夜を問わず賑わっているため、人によっては騒がしく感じられるかもしれません。女性が一人暮らしをする場合には、落ち着いた雰囲気がある駅南側が無難だといわれています。

千葉県内トップクラスのターミナル駅

全部で5路線が乗り入れる駅

西船橋駅は、千葉県でトップクラスの乗降者数を誇り、都内を含めても利用者数は上位に入ります。JR東日本・東京メトロ・東葉高速鉄道の3社が乗り入れており、合計で5つもの路線が走っているのです。
まさに西船橋は、千葉県屈指のターミナル駅といえるでしょう。西船橋は古くから交通の要地として栄えてきました。今後も都内と千葉を結ぶ多くの人達の拠点として発展が期待されています。

ベッドタウンとして交通の便が良い

西船橋駅からは都内までのアクセスも良く、東京駅まで約28分、新宿・渋谷・池袋まで45分以内で到着できます。
千葉県内でありながら1時間以内に都内の主要エリアに向かえるため、ベッドタウンとしての人気が非常に高いエリアです。単身者はもちろん、家族を支えるビジネスマンにとっても、西船橋は利便性の高い地域といえます。

通勤や観光にはバスが便利

西船橋駅ではバス路線も充実しており、北口の駅前ロータリーからは京成バス・京成バスシステム・ちばレインボーバス・京成トランジットバス・成田空港交通と5社が運行しています。
通勤はもちろん、観光やレジャーにも便利です。ちなみに、南口からも2路線のバスが走っていますから、ほかの地域へのアクセス環境は良好といえるでしょう。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

西船橋周辺にはおよそ320店舗の飲食店があります。もっとも多いのは「居酒屋」で約100店舗、次いで「和食」が100店舗弱です。両者を合計すると約200店舗となり、全体の3分の2を占めることになります。近年人口が増加していることから、落ち着いて食事を楽しめる業態が集中しているようです。

どんな業態が出店チャンス?

データからも分かるように、西船橋は『居酒屋』『和食』の業態が圧倒的に多いのが特徴です。これらの業態は狙い目と言えるでしょう。現在も人口が増加傾向にあることから、単身者はもちろん、ファミリー層向けの業態にもチャンスがあるでしょう。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

居酒屋の居抜き
和食の居抜き

周辺の主なスポット

・正延寺
・ストライカーズ西船ボウル
・中山競馬場
・船橋ケイバ
・ららぽーと東京ベイ
・飛ノ台史跡公園博物館
・吉澤野球博物館
・船橋大神宮(夕日の宮)
・シャポー船橋
・ふなばし三番瀬海浜公園
・船橋市民文化ホール
・船橋東照宮
・サッポロビール千葉工場
・船橋市運動公園

西船橋に似た地域

練馬

練馬駅には4路線が乗り入れており、交通の便が非常に良い地域です。西船橋も使える路線が5路線あり、両者ともに交通の利便性が高いという共通点があります。
練馬(練馬区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東陽町

東陽町駅周辺は西船橋と同様に多数のスーパーマーケットや、商店街があります。深夜営業している店舗もあるため、買い物環境が良好です。
東陽町(江東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

新板橋

新板橋は都心までのアクセスが良く、学生やビジネスマンなどの単身者向け物件が多い点で、西船橋と共通している特徴です。
新板橋(板橋区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

東陽町・豊島園・新板橋の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
西船橋は夜間人口に対して昼間人口が15%ほど減少します。客層的には、ビジネスマンというよりも学生・主婦・高齢者など幅広い層の地域住民がメインで、ランチ平均単価は1,000円以下です。

【平日/夜】【土日】
ベッドタウンである西船橋は、夜間になると会社帰りのビジネスマンが、駅周辺の飲食店へ足を運ぶケースが多くなります。ディナーの平均単価は2,000円~3,000円が目安です。

人口特性

西船橋を含む船橋市の人口特性として、20~64歳までの年齢層が多いことが挙げられます。特に35?54歳で働き盛りと言われる層が最も人口が多くなっています。また、船橋市は近年人口が増加傾向にあり、2017年には63万人に到達しました。これは日本の中核市の中でもトップの数値です。

乗降人数

2017年度における西船橋駅の乗降人数は、JR東日本で138,177人(同社駅内25位)となっています。千葉県内のみに絞ると、船橋駅に次いで2位です。東京メトロでは同じく2017年度で293,332人でした。東葉高速鉄道の2016年度の乗降人数は57,689人であり、同社駅内で1位です。

西船橋の賃貸相場

西船橋の単身者向け物件(ワンルーム・1K)の賃貸相場は6万円台が主流です。1DK・1LDKになると8~9万円台になります。2DK・2LDKで9万円弱、3LDKで10万円台の割安感のある物件も存在しています。単身者向けの物件は築浅のものが多くやや割高になると考えられます。

西船橋の店舗賃料相場

船橋市全体の店舗賃料は20~40万円と、駅近の物件でも都内と比べるとやや安価な傾向にあります。それでいて、首都圏の主要駅に引けを取らない利用者数を誇るのが特徴です。そう考えるならば、西船橋の物件には値ごろ感があるといえます。

西船橋(千葉県船橋市)の居抜き店舗物件を見る

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.