街レポート

西早稲田(新宿区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

西早稲田(新宿区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

東京都新宿区に位置する西早稲田は、西早稲田駅と直結している「早稲田大学 西早稲田キャンパス」や、「学習院女子大学」などが位置する、学生街として知られています。また、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がっており、スーパーやコンビニなどのお店も多くあるため暮らしやすい地域です。
ここでは、そんな西早稲田の特徴や魅力についてご紹介します。

学生やファミリー層に人気のある閑静で緑豊かな住宅街

東京都新宿区といえば、一般的には華やかな繁華街といったイメージがあるかもしれません。それに反して、新宿区西早稲田エリアには閑静な住宅街が広がっています。周辺には公園や神社仏閣が多く、緑豊かな景色を楽しめるのが魅力です。
また、スーパー・コンビニ・飲食店など生活に欠かせない店舗が駅周辺に集まっていることから、子育て世帯をはじめとしたファミリー層に大変人気です。

その一方で、西早稲田駅の目の前には「早稲田大学 西早稲田キャンパス」や「学習院女子大学」があり、学生街としての側面もあります。日々多くの学生が駅を利用するだけでなく、通学がしやすいことから、周辺地域で暮らす学生も少なくありません。
学生街ならではのグルメも充実し、人気店には行列ができることもあるようです。

都内主要駅まで乗り換え不要!文句なしの交通アクセス環境

西早稲田駅には東京メトロ副都心線が乗り入れています。乗り換えなしで池袋駅や渋谷駅といった都内主要駅までアクセスできることから、都内全域へスムーズに移動できるのが魅力です。西早稲田駅から利用できる路線は1つですが、池袋駅までは約4分、渋谷駅までは約10分で到着します。
また、副都心線は、新宿三丁目駅があるので、新宿へのお出かけも乗り換えなしで可能です。

理系の学生たちが集まる「西早稲田キャンパス」

西早稲田エリアは、早稲田大学の「西早稲田キャンパス」が所在する、学生街としての側面もあります。最寄り駅である東京メトロ副都心線の西早稲田駅は、こちらのキャンパスと直結しており、日々多くの学生が地下鉄を利用して通学しています。

そんな西早稲田キャンパスの特徴は、早稲田大学理工学部の建物が集結していることです。
メインのキャンパスから少し離れたところに位置する“理工キャンパス”には、理系の学生たちが集まっていることから、独特の雰囲気があるといわれています。
例年の文化祭シーズンになると、キャンパス内では「理工展」と呼ばれる催し物が行われ、学生たちが制作した科学にまつわる展示物を見学できます。学生のほか多くの地域住民が足を運ぶイベントです。

ファミリーでも暮らしやすい閑静な住宅街

西早稲田エリア一帯は、公園が多く緑豊かな風景が広がる、閑静な住宅街です。駅周辺には、「早稲田大学西早稲田キャンパス」や「学習院女子大学」といった複数の大学があるため、やや賑やかな印象があるかもしれません。
しかし、駅から少し離れると落ち着きのある住宅街が広がり、ファミリーでも暮らしやすい環境が整っているといえます。徒歩圏内に「東京都立戸山高校」や「東戸山小学校」などの教育機関があり、お子さんの進学を考慮しても暮らしやすい地域です。
大きめのスーパーマーケットや飲食店が充実しているだけでなく、公園など子どもを遊ばせる場所にも恵まれており、ファミリー向けの物件も多く見つかります。

買い出しに便利でなおかつ飲食店も豊富

西早稲田駅の付近には、スーパーマーケットやコンビニエンスストアが多く、食料品や日用品の買い出しに便利な環境が整っています。また、駅から徒歩圏内に「ドン・キホーテ」の店舗もあることから、雑貨を購入する際にも困ることがないでしょう。
ファミリーでの暮らしにも、ビジネスマンや学生の一人暮らしにも、生活しやすい地域だといえます。

また、なかなか自炊をする時間を取れない場合も、駅周辺に飲食店が多数あることから、問題なく生活を送れます。仕事や学業で帰宅が遅くなってしまったとき、飲食店に立ち寄って食事を済ませる方も多くいらっしゃるようです。

ラーメンの激戦区!多数の人気店が軒を連ねる

西早稲田を含む高田馬場・早稲田エリアは、ラーメンの激戦区としてその名を知られています。日々、多くの学生が足を運ぶ街であることから、リーズナブルにお腹を満たせるグルメが人気です。
その中でも、ラーメンは特に人気を集めています。ほかの地域と比べて多くのラーメン店が集まる中、日夜行列の絶えない繁盛店も見受けられます。
その一方で、数ある人気店の中での勝ち残りは困難を極めるともいえ、撤退を余儀なくされる店舗も少なくありません。ラーメンの業態で勝負するのには非常に魅力のあるエリアといえます。

 

どんな飲食店がある?(1km圏内)

西早稲田周辺でもっとも多い飲食店は、406件の居酒屋です。続いて、346件の和食店があります。BARが148件、カフェが139件と多いのも特徴です。また、中心地からは少し離れますが、ラーメンの激戦区らしく、ほかの地域よりやや多めの83件のラーメン店があります。

どんな業態が出店チャンス?

学生街である西早稲田エリア。多くの学生やビジネスマンが足を運ぶことを考え、既にニーズの高い『居酒屋』や『和食』といった業態での出店を検討してみましょう。あえて繁盛店の近くへ同業態で出店し、勝負をかけるという戦略が考えられます。

業態別 募集中の居抜き物件一覧

和食の居抜き
居酒屋の居抜き
BARの居抜き
カフェの居抜き
ラーメンの居抜き

周辺の主なスポット

・戸山公園(交通公園)
・穴八幡宮
・箱根山
・諏訪神社
・玄国寺
・早稲田大学
・学習院旧正門
・早稲田松竹
・金泉湯
・源兵衛子育地蔵尊
・早稲田古書店街
・新宿コズミックセンター
・亮朝院
・甘泉園公園
・新宿スポーツセンター

西早稲田に似た地域

世田谷代田

新宿駅まで乗り換えなし12分というアクセス環境に恵まれた世田谷代田は、西早稲田と同じく利便性の高い地域です。

仲御徒町

駅周辺に買い物できる場所が豊富である点で、仲御徒町と西早稲田は似ています。
仲御徒町(台東区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

新富町

ファミリーでも安心して暮らせる閑静な住宅街が広がる新富町は、西早稲田と類似しています。
新富町(中央区)で居抜きで飲食店を開業するための街情報

類似地域 周辺の募集物件一覧

世田谷代田・仲御徒町・新富町の居抜き物件一覧

 

どんな客層?

【平日/昼】
西早稲田を含む新宿区の昼間人口は、平成17年度で770,094人。日中はほかのエリアから訪れる学生が客層の中心であるため、ランチ平均単価はリーズナブルな1,000円以下となっています。

【平日/夜】【土日】
ビジネスマンやファミリー層が暮らす西早稲田。新宿区の夜間人口は305,716人にまで落ち込みますが、地域住民が利用するディナーの平均単価はやや高くなり、2,000~3,000円が目安です。

人口特性

平成30年8月の時点で、西早稲田一丁目から三丁目までの人口は、男女合わせて18,737人です。世帯数は12,065件。このうち、もっとも多くの人がいるのは、人口7,033人世帯数4,322件の、西早稲田三丁目です。いずれの地域も男女比に大きな偏りはありません。

乗降人数

西早稲田駅には東京メトロ副都心線が乗り入れていますが、2017年度の乗降人数は38,739人となっています。利用者数は少ない部類に入り、東京メトロ全駅(130)のうちで98位となっています。ただし、利用者数は開業した2008年から徐々に増加している傾向にあります。

西早稲田の賃貸相場

西早稲田エリアの賃貸相場は、ワンルームで7~8万円、1Kで8~9万円、1DKで9~10万円が目安です。ファミリー向けの2DKは11万円、2LDKは21万円、3LDKは21万円が相場となります。学生の一人暮らしにはやや高額ですが、新宿区としては落ち着いた価格帯といえます。

西早稲田の店舗賃料相場

西早稲田周辺の店舗賃料相場は、駅から徒歩圏内で10~20万円が目安です。学生の通りが多い好条件の物件では、40~50万円に達することもあります。飲食店の競争率が高いエリアであるため、人通りの多さや賃料を考慮しつつ、出店戦略を練ることをおすすめします。

西早稲田(新宿区)の居抜き店舗物件を見る


Written by 新規開業者を応援します!ABC店舗

物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

新規開業者向けの飲食店居抜き物件をご紹介します!

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.