特集記事

業態や営業スタイルから考える、中規模以上の物件が適性の飲食店舗

業態や営業スタイルから考える、中規模以上の物件が適性の飲食店舗

昨今、飲食店開業志望者の間で、10坪以下の小さな物件の人気が高くなっています。
実際に株式会社ABC店舗でも10坪以下の飲食店舗居抜き物件の契約率が上昇しています。

しかし、人気だからと言っても全ての業態が小規模の物件でうまく行くとは限らないため、物件探しの際は注意が必要な面もあります。
物件の適正規模は、業態や営業スタイルから必要なオペレーション人数や席数を導き出し、そこから適した坪数を見つけ出すことが重要です。
では、中規模以上の物件はどのようなお店が適しているのでしょうか。

中規模以上の物件での開業に適した業態

オフィス街の居酒屋・バル

適している規模

・テーブル席が複数設置できる広さ(15坪以上)
・ランチ難民が出る地域であれば20坪以上

不向きな規模

コンパクトでカウンターのみの物件

実例

ご経営者様の声

「このエリアはランチ難民が出ます。そのため、それなりの席数がないと回転数が鈍って利益を上げることはできません。ゆとりを持った24坪は適正の範囲内だと感じています。カウンタ―のみの物件でやっていたと考えたら、パンクしてしまうほどなのに売り上げも上がらず、うまくいかなかったと思います。」

解説

オフィス街の居酒屋やバルは中規模以上の物件が多くなります。その要因の中でも大きなものが、オフィス街であるが故の酒宴需要。仕事終わりに複数人で飲み行くという文化はもちろん、年末年始や春先歓送迎シーズンはグループでの宴会需要が高まるため、それを見込んでテーブル席を複数設置できる広さの物件が選ばれる傾向にあります。

もちろん、オフィス街の中でも小規模の小さな居酒屋やバルも珍しくありません。団体を集客としない、一人でもしっぽりと飲めるお店やアットホームな小さなお店の場合は、10坪以下の小規模の物件で営業されています。
しかし、ランチ営業も行うとなれば、オフィス街の居酒屋・バルであればそれなりの物件規模は必要となります。周辺にオフィスが多ければ外でランチを取るビジネスマンも自ずと増えるため、ランチ需要は高まります。
一般的なビジネスマンのランチは〜1,000円の大衆的な価格が好まれる傾向にあります。ランチ難民が出るようなエリアであった場合、席数が少ないカウンターのみの店舗となると、来客を捌ききれずに取りこぼす可能性が高まります。また、取りこぼしが生じることで規模の大きい物件よりも売り上げが少なくなってしまうというデメリットも生じます。
ランチも営業するのであれば回転率や売り上げを考慮し、中規模以上の物件で多めの席数を設けることが望ましくなります。

中華料理店

適している規模

・厨房機器を多数設置できる広さで、重飲食が可能な物件
・ファミリー層の多い住宅街やビジネス街の場合はテーブル席を複数設置できる広さ

不向きな規模

・厨房が小さい物件
・重飲食不可の物件

実例

ご経営者様の声

「夜は仕事終わりのビジネスマンだけでなく地域住民、しかも家族連れが外食をしに来てくれるので、たくさんの座席が必要です。中華は重飲食なので、油跳ねなどを考えると広めの厨房でないとオペレーションが難しい思います。カウンターの先が厨房という小さな物件だと、お客様に油などが跳ねてしまう危険性もあります。街の中華屋さんなら20坪は必要だと思います。 」

解説

中華料理店は大衆的なお店も高単価のお店も、15坪以上の物件で開業される場合が大半です。中華料理は火や油を扱う重飲食に分類されるため、高火力の機器の導入を要し、厨房にも複数名が立つことが主であるため、厨房スペースに余裕が持てる中規模以上の物件が必要とされています。

また、住宅街にあるような街の中華料理屋さんは家族連れの来店も見込まれるため、テーブル席を多めに設置できる広さが求められます。

コース料理を扱うレストラン

適している規模

・コース料理も置ける広めのテーブルが複数設置できる広さ
・幅広いメニューを扱う場合は厨房を広くとれる規模

不向きな規模

・カウンターのみの物件
・厨房が小さい物件

実例

ご経営者様の声

「コース料理を扱うので、複数のお皿やグラスを置ける幅の広いテーブルを置く必要がありました。 大型のコンベクションオーブンを導入したら、入れられる厨房機器の数が少なくなってしまったので、実はメニュー数を想定より減らしました。たくさんのメニューを扱うのであれば20坪以上でもよかったかなと感じています。 」

解説

洋食・イタリアン・フレンチなどのレストランは、業態柄2名以上での利用が多く、コース料理を取り扱うことも多いためテーブル席の設置はどうしても必要になります。特にコースを扱う場合は調理工程の関係から厨房には2人以上の複数名が立つことが多いことが、厨房スペースも加味して広めの物件が必要とされる要因となっています。

おすすめの中規模物件


Written by 飲食店の居抜き物件なら!ABC店舗

物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

飲食店、物販やテイクアウトなどの店舗物件をご紹介します!

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.