用語集

管理・共益費

賃貸の店舗物件などで、家賃とともに管理費というものを支払ってお店のオーナーは多いでしょう。ほかにも共益費というものがあるケースもあるかもしれません。では、この管理・共益費がどのようなものであるかは何となくしか分からないというところが本音では。じつはこの管理・共益費は、不動産公正取引競技会連合会という団体が「不動産表示に関する公正競争規約施行規則」という自主ルールを作って定義化しているのです。その中で、管理費は集合住宅などの事務を処理したり共用の部分を管理するために必要な費用のことで修繕積立は含めないとしています。

また、共益費については、住民が共同で使っている設備や施設を運営したり維持していくのに必要な費用ということです。具体的には、管理費は管理人を雇うお金やビルのオーナーがエレベーターや廊下の固定資産税として払うお金、共益費は廊下についている蛍光灯やエレベーターを動かす電気代として支払うお金ということになりそうです。
 

不動産公正取引協議会連合会が示す管理費や共益費の定義とは別に、物件を借りている人が支払っている管理費には共益費が含まれていることも少なくありません。またそれ以前に、実際に支払っている家賃や管理費の内容についても最初から何となく示されているだけなので、同じような造りの物件でも値段のつけ方がさまざま。オーナーが10万円で貸し出したいと思っても、借りる側が少し高いとみるかもしれないと、家賃9万5000円、管理費5000円とするほうが借り手がつくだろうと、思惑で決められたりします。

オーナーの家賃と借り手の考える家賃は同じ金額でも捉え方が明らかに違います。例えば、10万円の家賃にしたいと家主が考える場合、まずその物件購入のローンの返済7万円がきて、次に実際の管理費5000円、続いて一ヶ月に換算した固定資産税5000円がきて、そして修繕費用5000円となり、他に集金代行費用3000円などがくるといった内訳になってきます。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.