用語集

契約期間

賃貸物件で店舗を始めるときに不動産契約で重要になるのが契約期間です。通常は賃貸物件の契約期間とは年単位で決められていることがほとんどで、その満了時になると契約解除で退店するか、引き続き利用するために再契約するかになります。契約期間中に契約解除するときは中途解約となり、解約金や違約金といった金額は発生することもあるので気を付けなくてはなりません。解約する場合には数か月前に知らせておく必要があることも頭に入れておきましょう。

契約期間とはそのスペースを借りることができる期間でもありますが、その期間は利用しなくてはならない期間でもあるので、短縮するには別途手続きやコストがかかることもある場合も多いですので、事前の契約の確認をよくしておくことが大切です。また、十分な準備をしたうえでの契約にすることでスムーズに本契約まで進み、無駄のないお店の開店につながります。あまりにも短すぎたり長すぎる契約期間だと臨機応変に動けないケースも出てきます。
 

オフィスやお店では立地条件がとにかく大切です。これによって集まる人や仕事の効率もかなり変わってきますので、これはいいと思った物件があればすぐに契約に動くようにするのが鉄則です。というのも、契約は一番最初にした方が勝ちです。相談段階では複数を相手にしていることも多いですが、実際に使えるのは契約を最初に行った1人だけですので、段取りよく動くことも大切です。

そのためには契約時に契約期間に合わせた敷金や礼金などの初期費用が掛かります。それを納めないと本契約にならないことが多いので、ある程度の資金は準備しておかなくてはなりません。そこである程度の資金があるうちに良い物件を見つけてとりあえず抑えてしまうのも1つの方法です。ただ、契約した時点から契約期間は始まっているので、無駄なく実際の仕事を始められるように流れを考えて計画的に進めていくことも忘れてはなりません。まずは物件を見つけて動くことが大切です。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.