用語集

売上予測

店舗における売上予測としては、今後どのぐらいの売上が見込めるかという事を予測する事です。
賃貸物件を借りる前には、この物件を借りることによって、どれだけの利益が得られるのか売上予測を立ててみる必要があります。

売上予測を立てずに賃貸契約をしてしまうと、見切り発車をしたような状態になってしまい、利益が得られなくなってしまう事があるので危険です。あらかじめ予測をしておかなければ、どのくらいの従業員を雇えばいいのかもわからなくなりますし、給料の設定の仕方も難しくなります。

売上予測を立てておく事によって、あらゆることを計画通りに進めていく事が出来ますので、無理のない経営をしていく事が出来ます。無計画に経営をしているだけでは、どこかで息詰まる部分が出てくるだけではなく、経営が立ち行かなくなってもいけません。順調に経営をしていく為には、先を予測しながらどう経営をしていくかが非常に重要な部分になっていきます。
 

売上予測の考え方としては、ある程度の一定期間を目安として考えていくといいでしょう。1日にどれだけの売上が見込めるのかだけではなく、1週間や1ヶ月、さらには1年などいろいろな期間を設定して予測を行っていかなくてはなりません。

特に時期によって売り上げが上下してしまうような業態の場合、繁忙期の売上と、閑散期の売上との差が激しくなっています。その差の事を考えていなければ、予測通りに行かなくなってしまいますので、繁忙期や閑散期の事も考えて予測をする必要があります。

予測をしておけば、アルバイトを増やす時期や減らす時期などもわかってきますので、期間限定で雇うなどの対応も出来るはずです。繁忙期に忙しいからと言って雇ったものの、期間限定で雇っていなかった場合は雇用を続けなくてはならなくなります。無駄に人件費をかけない為には、予測を立てておく事で、必要な時に必要数の人材を雇う事も出来ます。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.