用語集

営業譲渡

営業譲渡とは、その会社の営業を譲渡することをいいます。居抜き物件で言えば、最初に利用していたオーナーが、途中でお店を辞めることになり、その営業を新しい人に譲渡することになんでしょう。この場合には、単にテナントを明け渡すだけでなくそれ以外の部分も明け渡す必要が出てきます。

居抜き物件の場合には、通常の物件と異なりテナントだけでなく備品や設備なども次の人に手渡すのがポイントになります。この時重要になるのは、どこまで譲渡するかの範囲になるでしょう。譲渡する場合には、一般的にはそこで使っていた設備と備品そしてテナントになりますがそれ以外でも譲渡したいものがあれば契約の中に盛り込んで新しいオーナーに渡すのが良いです。この時、どの範囲まで営業譲渡するかによって金額が異なることになります。可能な限り受け渡す相手にたくさんの物を譲渡することができれば、オーナーだった側も多くの利益を得ることができるようになります。
 

営業譲渡する場合には、条件がマッチすれば最上級の選択を選ぶことができますが、そうでなければ十分な利益を上げることができないか問題が発生しやすい可能性があります。

営業譲渡で問題になりやすいのは、備品や設備に十分な価値がある場合です。例えばラーメン屋を居抜き物件として明け渡す場合には冷蔵庫等の金額が高価なことが考えられるでしょう。このような高価ものをただで明け渡してしまうと、持ち主は十分なお金を回収することは出すことができません。そこで、備品や設備の中でも十分なお金を支払って新しい借主にあげてしまうか、あるいはレンタルと言う選択肢を取り貸し続けることで回収することは可能ですが、果たして新しい借主がそれで納得するかの問題が出てくるでしょう。なぜなら、わざわざ居抜き物件を利用する人は可能な限り安い金額で借りようとしたいからです。そのような客層を理解すると、安易に高い金額でレンタルするのは妥当と言えない場合もあります。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.