用語集

シズリングセールス

シズリングセールスとは鉄板焼き・お好み焼き・ステーキなどの各種飲食業店舗において、注文された料理の調理をお客様の目の前で行うサービスのことになります。料理に鉄板を使用する鉄板焼業においてはシズリングセールスの形態を採用する店舗が多く、注文を受けた直後に料理人が鉄板の上で調理をして、作り立ての料理をお客様に提供するのです。

熱々の鉄板を使用して「ジュージュー」と商品が焼けるいう音を立てながら売ることにより、お客様には調理の最中の臨場感を楽しんでいただくことができます。さらに注文を受けた料理をその場で調理してお客様に提供するため、作り立ての熱々の料理を楽しんでもらうことができるのです。

シズリングセールスを採用することでお客様の食欲を増進させ、顧客満足度を高めることができます。来店率を高め売り上げに繋がることはもちろんですが、さらに消費者の口コミなどによる広告効果なども期待することができるのです。
 

鉄板焼き・お好み焼き・ステーキなどの鉄板を利用する飲食店では、お店の調理人がお客様の目の前で料理を行うシズリングセールスの形態を採用することが多くなっています。ただし比較的カジュアルな飲食店の場合には、お客様自身に調理を楽しんでいただく形式を採用する店舗なども多いようです。

お好み焼きなどを提供する飲食店を利用する際には、機会があれば自分で焼いてみることに挑戦してみてはいかがでしょうか。一般的な大阪風(関西風)のお好み焼きの場合には、まずは油をひいた鉄板の上にお好み焼きの生地を広げます。生地は事前にしっかりと混ぜておくことが重要ですが、かき混ぜすぎるとふっくらとした仕上がりが難しくなりますので、空気を含むように優しくかき混ぜて下さい。

肉類は別に焼いて、軽く火が通った時点で生地の上に重ねます。生地に火が通って固まってきたらひっくり返しますが、ひっくり返した後には焦付きやすくなりますので、焼き過ぎないように注意をしましょう。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.