用語集

フュージョン化

フュージョン化とは主に飲食店でさまざまなカテゴリの料理形態を組み合わせることによって、既存にはなかった新しいスタイル・メニューを作り出すことです。目的としては顧客を飽きさせず来店頻度を上げることで、リピーターを確立して売り上げの安定化につなげていきます。

飲食店を経営する場合、新規顧客と定期顧客の獲得が重要となり、どちらか片方だけに依存した場合はリスクが大きくなってしまいます。リピーターを確立しておけば安定性が保たれますが、新規がいないと発展することがなくなってしまうので注意が必要です。どちらに対しても魅力のある店にすることが大切になってきて、フュージョン化は既存の形態を組み合わせることにより新しい料理を作り出していくので、最初から開発するよりもとっかかりが得やすいです。
飲食店にとって集客するためには立地条件の良さも大切ですが、目玉となるメニューがあることが重要で、作り出す必要性が出てきます。
 

飲食店で集客効果を高めるためには出店場所が重要となり、店の選び方は大切です。今は路面店よりもショッピングパークや商業ビルにテナントとして出店した方が客足が伸びやすく、本店の他に支店を出店することが増えています。ただしテナント料金がかかってくることから事前のシミュレーションをしっかりと行わないと赤字経営になり、そのため頻繁に別店舗になるという現象が起こります。この際は居抜きで同業種が入る場合が多くなるので、初期費用を抑えることが可能です。

また集客効果を上げるためにはメニューに工夫を凝らすのが大切で、フュージョン化は試しやすい方法になります。料理店が客足を増やすためには目玉商品が必要で、美味しさはもちろん、そこでしか食べられないというのは魅力が大きいです。今は一般人もSNSで情報を発散するので、紹介したいと思わせる料理を作り出すと自然と人気が広がっていき、集客につながります。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.