用語集

管理会社

店舗賃貸・居抜きにおける「管理会社」は、賃貸の店舗の管理をオーナーに代わって引き受けて、毎月その手数料を得る代わりにオーナーの煩わしさ、ストレスを取り去ることを仕事とする会社です。オーナーは資産活用のために店舗を人に貸したいと考えたとしても、その賃貸経営についてはよくわからないことも多く、テナントとの間でトラブルが起きることもあります。たてもの、設備に不具合が出てくればリフォームなども必要となり、毎日常にストレスを抱えることになります。そんなストレスを持つくらいならば多少費用が掛かっても、安定した収入のみが約束される、管理会社にお任せの賃貸経営の方が楽と考えて当然です。

地元にはきっと多くの不動産屋さんがあるでしょうしそこに相談してみるのも良いです。インターネットででも、店舗賃貸・居抜き物件専門の管理会社を見つけることが出来ますので、よく説明を読み何度か実際に会って説明を聞いてみると安心です。何度か会うことで、任せられる良いところにきっと出会うことが出来ます。
 

前にその店舗を借りていた人が残していった什器やエアコン、椅子、テーブルなどがそのままになっている賃貸物件を居抜き物件と言いますが、それを込みで賃貸するにはメリットもデメリットもあります。

メリットは、それらを利用してすぐにでも営業が始められるかもしれませんし、初期費用があまりかからないという点があります。しかし、それらの老朽化の度合ははっきりせず、ずっと使えると思って得したと思って借りた店舗だったのにあれもこれも余り長持ちしない状態である場合だったということが実際に存在します。また、壁紙なども古く、汚れていて貼りかえるとなると、まずは撤去費用から掛かってしまいます。そういうこともよく考えて、よく調べたうえで契約は結ばなければなりません。管理会社を決めているオーナーさんも、ここは注意してほしいと考える点は管理会社にしっかり伝えておくべきです。そして、自分の賃貸におけるイメージもしっかり管理会社に伝えて後々不満を持つことにならないようにきちんと話をしておきましょう。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.