用語集

POSレジ

POSレジはPOSシステムやPOSレジを省略した言葉で、飲食店はもちろん、スーパーやコンビニ、洋服店などでレジをとして売り上げが発生した時点で、バーコード情報をスキャナーなどの読み取り機で読み取り、商品の種類や品名値段などを、瞬時にコンピューター画面に表示した後にレシートに印刷を行うシステムのことを言います。レジ本部のメモリーにどんな商品がうれたのかについて情報を記録することが出来ます。

こうした情報を集計分析することが可能ですので、どんな商品が売れているのか、反対にどのような商品があまり売れていないのかについて集計をすることが出来ますので商品の在庫が残らないようにすることが出来ます。
売上データーを分析することができますので、商品管理や顧客管理を同時に行うことが出来ますのでうまく活用することによって商品回転率を上げることが出来、売り上げを伸ばし利益率を上げることが可能になるでしょう。またPOSレジを導入することによってレジ担当者の不正を防止することも出来ます。
 

POSレジを導入することによって、商品購入時にいちいち金額を入力する必要がありませんので、業務を効率的に行うことが出来ます。レジの打ち間違いや、打ち間違いによるクレームなどもあらかじめ防ぐことが可能です。大手グループ会社で割引セールなどを行う場合、本部のデーターで割引価格の設定を行えば一度に全店のPOSレジの価格を変更することも可能ですので、とても便利なシステムだといえます。
会計を短時間に行うことが出来ますので、お客にとっても待ち時間がなくなるメリットがあるでしょう。

売れ筋商品に対しては、POSレジを通して商品の発注作業もシステムで行うことが出来ますので、よく売れる商品に関しては、在庫が少なくなる前にそのまま本部のコンピューターに発注作業を行うことが可能になりますので、発注忘れによる商品切れを防ぐことも可能です。
顧客がどのような商品を何度も購入しているかどうかについても把握することが出来ますので、マーケティング調査も同時に行うことが可能でしょう。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.