用語集

看板

店舗を運営していくうえで重要なことのひとつに集客があります。看板は客を集めるためのアイテムであり「この店舗がここにある」という認識を周囲に与えることが可能です。いくら良いものを販売していたとしても客に気づいてもらえない状況では売り上げだすことはできません。そのため店舗物件の価値を上げる効果がある広告物として捉えると良いでしょう。

種類は様々ありますが道に立てるタイプの「立て看板」や建物の側面から突き出すように設置されている「袖看板」、ビルの屋上に設置する屋上看板や「ポールサイン」等が有名です。「立て看板」は手軽に設置できるというメリットはありますが、道路にはみ出すなど敷地外においてしまうとトラブルの原因になるので注意しましょう。

店舗物件の価値を左右する要素となるため、ナントビルの場合で設置するときには賃料とは別に使用料が発生することがあります。集客力は期待できますが、広告効果高いタイプものに関しては金額が高くなるケースがありますので注意して下さい。
 

看板は店舗の大きさに関わらず24時間365日いつでも宣伝を行うことが出来る重要なアイテムですので、店舗の魅力が伝わるものを作りましょう。店舗賃貸を考えている最中なら、通行人から見やすい場所に設置できるかも視野に入れて検討しておくことをおすすめします。

店の魅力を伝えるためにはデザインも重要ですが隣接する店と被らないかなど通行人目線で検討するのがポイントです。ビルオーナーや大家さんに許可を取りに行くだけではなく、近隣との関係性も考慮し営業妨害に繋がってしまうようなデザインを避けるとトラブルを減らせます。

看板を設置するときには許可申請が必要なケースがあります。「屋外広告物条例」は各自治体で定められていますので、条例の対象範囲に含まれる場合にはあらかじめ自治体に申請し許可をもらいましょう。大型のものやデザインが華美なもの、照明が多いものなどが対象となります。許可申請が必要かの判断はプロに相談するか、自治体に問い合わせておくと良いでしょう。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.