用語集

レインズ

レインズとは、不動産流通標準情報システムを英語になおした場合の頭文字をとった略称で、不動産行政を管轄している国土交通大臣からの指定を受けた、全国4か所に所在する不動産流通機構が運営しているネットワークシステムのことを指しています。全国各地にある不動産会社がこのレインズの会員となっており、会員企業に置かれたパソコンと不動産流通機構のホストコンピュータが回線で結ばれ、瞬時にさまざまな不動産物件の情報が登録ないし更新される仕組みです。

より詳しくいえば、パソコンを利用してインターネットから物件情報を登録するIP型と、マークシートを利用してファクシミリ回線から情報を登録するF型会員の両方がありますが、今では当初と異なりインターネットがごく一般に普及してきているため、もっぱらインターネットを使った情報のやり取りをするサービスと考えればよいといえます。これらの情報には居住用とそれ以外の店舗や事務所などの物件が含まれます。
 

市中の不動産会社に対して所有者が土地や中古建物の売買を依頼する場合には、媒介契約とよばれる契約を締結する必要があります。この契約にはいくつかの種類が法令によって規定されており、具体的にいえば専属専任・専任・一般の3つの種類となっています。売主はこれらのなかから希望に合った形態を選択の上で契約をしますが、実は契約形態によってレインズにかならず登録しなければならないものと、そうでないものに分かれます。

専属専任および専任媒介契約については、単独の不動産会社にだけ依頼をする場合の形態であり、宅地建物取引業法によりレインズへの物件情報の登録が不動産会社には義務付けられています。いっぽうで複数の不動産会社との契約が可能な一般媒介契約の場合には、レインズへの登録は必須ではありません。そのため全国の住宅や店舗の売買または賃貸情報がレインズに登録されているとはいっても、それがすべてを網羅しているとは限らない点には留意が必要です。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.