用語集

ロイヤルティ

ロイヤルティとは、英語の意味では充実、愛情、見返りなどといった意味を持っていますが、ビジネスの世界では全く異なることを意味します。フランチャイズビジネスにおいてはビジネスの要と言える用語になりますのでこれからフランチャイズビジネスの世界で仕事をするつもりの方は知っておくべき用語です。

フランチャイズの場合、加盟店は本部に一定の歩合であったり、固定の決まった金額をロイヤルティとして支払うことになります。どのような歩合になるのか、どの程度の金額を収めるのかは企業によってことなりますが、経営のノウハウや商品の利用はもちろんのこと、何といってもフランチャイズの最大の利点はその企業のブランド力をそのまま利用出来ることになります。一般的なサラリーマンの方が飲食業や小売業などに急に参入してもノウハウがないとすぐに売上に結びつかないものです。しかし、ロイヤルティを支払うことで、経営ノウハウやブランド力をすぐに身につけることが出来ます。
 

加盟店として起業する場合、店舗オーナーの悩みは起業資金でしょう。一からお店を作るとなると、土地の選定から物件の契約、内装に飲食店であれば調理器具の購入などを考えるとある程度まとまった額の初期投資が必要になってきます。

しかし、居抜き物件を上手に利用することで、初期投資を抑えることが可能になります。内装や調理器具をそのまま利用出来る場合には浮いた初期投資の金額を運転資金に廻すことも出来るでしょう。また、フランチャイズの場合、本部のアドバイスを受けることが出来ますので、立地や、十分に集客が見込める魅力的な物件なのかどうか、選択する業種が適正なのかどうかなどのアドバイスを求めることが出来ます。本部の側にとっても居抜き物件は開店までの期間を短い時間で行うことが出来ますので、ビジネスとしてより速い速度を求めることが出来るメリットがあります。加盟店本部にも、オーナーにも利点がある選択肢と言えます。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.