用語集

壁面サイン

壁面サインは建物の壁面において設置されている宣伝広告の一つです。建物の壁面を利用するので小型のものや大型サイズなどさまざまなサイズや種類があります。パネルタイプのものから文字発光タイプなどのいろいろな種類があり、店舗の存在を通行者にアピールすることが可能です。直接建物に取り付けるものもあり大型になると下地にステンレスや鉄骨を利用することがあり、小型になるとアルミ複合板を画材にして施工するが多いでしょう。

壁面のスペースを使って効果的に店舗を演出することが可能です。比較的に自由な位置に設置することができ、大きなものから小さなサイズまで自由にアレンジすることができます。何のための建物なのかを明確に表示することができるので、広告効果は非常に高いと言えるでしょう。特に店舗の出入り口付近に設置されると、その建物の顔として十分機能することになり、ラウンドマークになったり店舗の特性や特徴をアピールすることができます。
 

壁面サインは店舗名や印象に残るキャラクターを表示していると見る人の注意を引きつけることができ、建物に対する誘因効果を向上することが可能です。建物の顔として効果を発揮することができ、クライアントへの安心感を与えながら新規獲得に効果を発揮することができるでしょう。壁面に取り付けるので支柱を必要としないケースもあり、壁面をかなり有効活用することが可能です。

設置場所として平面や曲面を選ばないので、自由に設置することができます。例えば屋外にのぼり旗を設置する空間がなかったり、看板を設置するのが困難なケースでも利用することが可能です。ネオンやスポットライトといった照明と一緒に用いることができ、夜間でも明確にアピールすることができます。昼夜を問わずに効果を発揮することができ、ネオンやスポットライトなどの種類によって建物のイメージやコンセプトなども伝達することが可能です。看板を単体で利用しないでいろいろな装置と組み合わせて使用することができます。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.