Before & After
前店舗からどのように生まれ変わったのか、実際の店舗写真を比較します。

外観

Before

img_b01

After

img_a01

池ノ上商栄会通りに面した元家庭料理居酒屋の路面店物件。だいぶ年季の入った外観を、洗練されたプチレストラン風ファサードに一新させた。素朴なフォントの店名ロゴも可愛らしく、暖かな灯りについ足を止めてしまいそうだ。

店内

Before

img_b02

After

img_a02

耐震対策用に当初から入っていた鉄骨ブレース(補強材)だが、うまく店のデザインとマッチし、隠れ家のような落ち着く空気を与えてくれている。イメージカラーのひとつ、碧(あお)を取り入れたソファーがとても爽やか。椅子のみの席構成だった前店舗と違い、ゆっくり寛げる雰囲気が生まれている。

Before

img_b03

After

厨房・カウンター部分を大改造して「見せられる厨房」に。にわかには以前の内装が想像できない程のイメージチェンジを果たしている。厨房設備は総入れ替えして、オープンキッチンに転換。地中海調の白とネイビーの美しいタイルが目を引く。譲渡された立派な一枚板のカウンターは、半分に切断して現店舗でも引きつづき使用している。

Before

img_b03

After

入口から入ってすぐの風景。右手の壁は全面ブラックボードを張り、自慢のワイン・日本酒を説明書きとともに飾っている。天井、壁、テーブルなど、随所にアイボリーやナチュラルウッドの明るいカラーを配置。そのことで、これまでにないあか抜け感と暖かみが生まれているのが分かるだろう。

レビュー

住宅地での地域密着型レストランを構想して選んだのは、高級住宅地もすぐ隣の世田谷・池ノ上。元家庭料理居酒屋の居抜き店舗を大幅にリフォームし、現代感と素朴な暖かみが同居したハイセンスなお店をつくりあげた。洗練された内外装はデザイナー会社に依頼。店名「アオゾラ」を想像させる青・白・ブラウンのテーマカラーをまず設定して、そこからデザイン案を膨らませていったという。吉野さんが最もこだわったのは厨房。下図のように既存のカウンター・調理スペースを大胆につくりかえ、美麗な店舗デザインの一部となるような魅力的なオープンキッチンに変身させた。自ら3D ソフトを使って図を引き、ワン・オペレーションにも耐えうる効率的な動線も実現。機敏なサービスに向けて、厨房から客席への出入口は奥側と玄関側の2 箇所に設けた。洗面所に入る客と目線が合って気まずい思いをさせぬよう、玄関側はスライドドアにするという細やかな配慮も。前店舗には家庭用冷蔵庫3 台しか入っていなかったため、本格的な調理に向けて厨房設備は総入れ替えした。

「Bar and Restaurant 食堂AO-ZOLA(アオゾラ)」は京王井の頭線・池ノ上駅から南方面に徒歩3 分、池ノ上商栄会通りに面した2016 年5 月9 日オープンのイタリアンレストランである。オーナーシェフの吉野宗典さんは、イタリア現地のリストランテで習得した本場の調理技術を駆使して、旬の山海の素材を用い、日本の風土に合った新たなイタリアンを追求。豊富なワインリストの他に、日本各地のこだわりの日本酒を取り揃えているのも特徴で、魚醤などの和の調味料との意外性あるマリアージュを提案している。