ビフォーアフター

街の中華屋から完全一新。通りの雰囲気も変える驚きのフルリノベ

橋本 真也
街の中華屋から完全一新。通りの雰囲気も変える驚きのフルリノベ

外観

Before

img_b01

After

img_a01

中華店から鮨店ということもあり、店構えから完全リニューアル。印象的な横長のスリット窓は外から店内は見えるが、お客さまから外は見えず、店主からは外が見えるようにと高さ、サイズの工夫がなされている。エアコンの室外機も目立たぬよう目隠しの内部に隠し、すっきりと美しい外観に。

内観(カウンター席)

Before

img_b02

After

img_a02

同じ場所かと見違えるほどの店内。客席と通路はしっかりと余裕を持たせストレスのない動線を確保。客席から板場で鮨を握る職人の手捌きへ自然に目がいくように劇場的な演出がなされている。一枚板のカウンターは店主自慢の特注品。

内観(テーブル席)

Before

img_b02

After

img_a02

建物の構造上そのスペースに面影を残す店舗奥のテーブル席部分。直線で構成されていながら温かみを感じる空間に。

レビュー

中華店から鮨店への改装ということで店頭から内装まですべてを一新することとなった。改装期間は丸2ヶ月、改装費用も1500万と大規模な工事となったが、むしろこれだけのこだわりの改装をこの期間でやってのけたことに改装を請け負った設計事務所と店主の意識の高さと意気込みを感じる。

もともと神田駅の北口側で、勤務していた店舗を引き継ぐ形で経営していた橋本さん。既に贔屓にしてくれるお客さまもあり安定の人気店であったが、この移転をきっかけにこれまで自身で温めてきた理想の店舗を実現させたことで、その腕前と価値により一層磨きがかかったに違いない。

 

この記事で紹介された人
橋本 真也さん

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.