Before & After
前店舗からどのように生まれ変わったのか、実際の店舗写真を比較します。

外観

Before

img_b01

After

img_a01

「KITERU」の看板を2箇所に設置。外観にはほぼ手を加えず、以前からあった植物などを有効活用している。

1階

After

img_a02

絨毯や椅子・テーブルを撤去し、居心地の良いソファを設置。お酒やグラスが並べられていた棚は本棚として活用。カウンターテーブルは手作りしてブックレビューのファイルを置いている。大きな絵が印象的。

2階カウンター

Before

img_b02

After

img_a02

全体的に明るい印象になるよう、カウンターの壁面には白いタイルを貼り、黒の窓枠も白に塗り替えた。

3階客席

After

img_a02

物置として使われていた部屋をリフォームして客席として使用。畳だった床は業者に頼んでフローリングに替え、壁には山中さん自ら新聞紙などを貼って装飾。ソファを置いてくつろぎの空間を創出している。

レビュー

2017年6月に西麻布にオープンした『KITERU』は、パスタやカレーなどすべてのメニューにスーパーフードを使ったおいしい料理が楽しめる店。1軒の古民家全体を使い、すべてにオーナーの世界観が表現されている。2〜3階はカフェ&ダイニングとして、1階は「若者たちの夢のきっかけになれば」という思いが集まって実現した本屋を展開している。

以前のやや暗い印象だった割烹料理屋から、古民家の雰囲気を生かしたおしゃれなダイニング&カフェにチェンジ。すべてを業者に依頼するのではなく、できるところはDIYでリフォーム代を節約。内装工事費はトータルで700〜800万円ほどかけ、世界観を作り出している。特に1階の本屋と3階のソファ席はガラッと印象が変わり、それぞれのテーマに合った居心地の良い空間ができあがっている。自由にレイアウトを変えられるため、目的や人数に応じて対応でき、幅広い層を取り込んでいる。