ビフォーアフター

和風から洋風にスイッチ。入りやすい明るい入口と、色気のある店内を創出

宮崎 龍太
和風から洋風にスイッチ。入りやすい明るい入口と、色気のある店内を創出

外観

Before

img_b01

After

img_a01

2枚合わせた引き戸の入口を、1枚の開き戸に変更。閉鎖的だった格子の扉をガラス張りに変えることで、入りやすさを演出した。
また小窓を新たに追加することで、店内の様子を外に見せるようにした。

内観

Before

img_b02

After

img_a02

2段だったカウンターを1段に変更。元のカウンターの上段の高さに合わせ、カウンター板を造り変えることで、奥行きの広いカウンター席に。
元和食店だったため、雰囲気が異なるテーブルや椅子はすべて撤去。天板や椅子をブラウン素材に変えることで、落ち着いた空間に仕上げた。

内観

Before

img_b02

After

img_a02

厨房設備はほぼ変えず、新規で入れたのはコンベクションオーブンのみ。厨房内の棚はオープンだったが、棚に扉をつけてなかを隠し、清潔感のある厨房に変えた。

内観

Before

img_b02

After

img_a02

元々あった小上がり席を撤去。床を張り替え、天井にダウンライトを設置し、グループ利用ができるテーブル席に変更した。

内観

Before

img_b02

After

img_a02

壁紙は店名のブランコ=白をイメージして張り替え。床も木材を使うことで、シックなムードに仕上げた。

レビュー

パエリアをはじめとするスペイン料理と、スペインワインがコンセプトの「ワイン&パエリア Blanco」。
オーナーの宮崎龍太さんが修業した、ホルモン料理店やイタリアンでの経験も活かし、スペインに捉われず、イタリアンや和の要素も加えた一品料理で、地元客を中心に集客する。

宮崎さんが物件を探したエリアは、大田区や品川区、新橋など、自身が働いたことのある場所が中心。家賃条件は20万円と決め、半年間で20軒ほど内見したという。そのなかで一番広かったのが、東京・蒲田の現物件。
予算はオーバーしていたが、駅にも近いオフィス街と住宅街の狭間で、隣は昼に行列を生む超人気店だったことが決め手となった。

「開業までは比較的スムーズでした。一番大変だったのは、掃除ですね」と笑う宮崎さん。元和食の居抜き物件だったが、厨房や客席が汚れていたことから徹底的に掃除を行なった。
また、新しく仕入れた食器類は手作業で洗い、すべての掃除で丸3日要したという。と言うのも元々食洗機がなく、導入しようにも電気容量不足で断念したのだ。

店内は雰囲気をがらりと変えるため、残っていたテーブルや椅子、小上がりをすべて撤去。入口の扉も店内が見えるようガラス張りに変え、明るい雰囲気にスイッチ。一方で店内は、ブラウンを基調にダウンライトで色気のある空間に仕上げた。

内外装工事費は計500万円。初期投資額1000万円は、日本政策金融公庫からの融資でまかない、自己資金500万円は運転資金へと回した。
カウンターの奥行きを広くとっているのは、一人客がゆっくりと飲めるようにとの配慮から。厨房に立つ宮崎さんと話しやすい距離感が心地よく、夜な夜な足を運ぶ常連客も多いという。

 

店舗情報


  • 住所: 東京都大田区蒲田5-43-7 ロイヤルハイツ蒲田1F
  • 電話: 03-6715-8388
  • 営業時間: ランチ11:00~16:00(予約のみ)/ ディナー16:00~24:00(L.O.23:00)
  • 業種: スペインバル
  • 地域: 大田区蒲田
  • 面積: 48.28m2 / 14.60坪
  • 初期設備: 居抜き
この記事で紹介された人
宮崎 龍太さん

飲食業歴8年。これまでBar Espanol LA BODEGAや、五反田漁師バルなどのスペイン料理店で料理長として腕を振るってきた。「自分のつくりたいものをつくりたい!」と思い独立を決意し、2017年8月から本格的に物件探しをはじめる。日本パエリア選手権出場経験あり。 もっと読む

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.