契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
スケルトン物件で開店予定だったが居抜きに出合い印象変化! 当初の予算の約5分の1で増店!
物件番号
56035
業態
和食
路線・駅名
東京メトロ日比谷線 人形町
面積
14.36坪 / 47.47㎡
所在地
東京都中央区
坪単価
20,000円
徒歩
1分
ご契約者様のプロフィール
依知川 高明 様
20代前半の頃に、初めて串揚げ屋で食べた串揚げに感動し、その場で弟子入りを申し込んだという依知川さん。浅草橋の「串衛門」で9年程修業されたのち、経営委託という形で同店を引き継ぎ、平成23年に独立。2年前には弟の弘昌さんが店長を務める「串揚げ 依知川」を錦糸町にオープン。そして今回3店舗目となる物件を人形町でご取得されました!

 

【増店の経緯について】人材も育ち、かねてより希望だった多店舗展開を実現

Q.本日はご契約ありがとうございます。串揚げ店一筋で運営され、今回3店舗目となる増店ですね。

はい。元々本店の「串衛門」は僕がこの業界に入るキッカケとなったお店なのですが、そのお店を引き継いだ後独立という形で続けており、2店舗目は弟が店長を務め、この3店舗目は僕がお店に立とうと思っています。ずっと串揚げ一筋でやっていますが、20代前半で「串衛門」の串揚げを食べるまでは自分が料理人になるとは思ってもいませんでした(笑)。それほど初めて食べた車エビの串揚げに感動したんですよね。今でもその感覚は覚えています。当時その場で「働かせてください」と志願し、8~9年程働いた後、最初は経営委託という形で「串衛門」を始めました。独立してからは人手も足りなくなってきたので焼鳥屋で働いていた弟を誘って、一昨年からは錦糸町に「串揚げ 依知川」をオープン。店のコンセプトやメニューは本店とほぼそのままに、彼が店長として店を仕切っています。元々多店舗展開したいという気持ちはあり幸い人も育ってきたので、本店には店長をおいて、新店も基本的には現店舗と同じく、今までの経験を活かしつつ僕が色々とチャレンジしていければと思っています。

【物件探しについて】興味のなかった居抜き物件だが内見して想像以上の好感触、契約へ

Q.物件のお探しはいかがでしたでしょうか。

今年の1月後半くらいから本格的に探し始めました。当初は上野や御徒町、秋葉原でスケルトン物件を探していて、人形町エリアも居抜き物件も全然視野に入れてなかったんです。でも、今回福田さんに物件を見させていただいて、「居抜き物件もアリだな」と考え方が変わりました。2階の物件ですが本店は地下ですし、路面店に関してのこだわりもないんです。表看板の集客よりもネットの集客が優先されますしね。人形町エリアは街の雰囲気もいいですし、店のコンセプトともマッチしそうな感じがしたのと、この物件自体も本店と近い雰囲気があるんですよ。居抜きの状態もきれいだったので、使える部分はそのまま活かそうと思っています。当初はスケルトン物件で開業予定だったので、今回居抜き物件にしたことで予算も約5~6分の1程度に抑えられました。

【新しいお店について】串揚げ以外のメニューも充実させ、季節の食材を存分に楽しんでいただきたい

Q.最後に、新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

内装は居抜きを生かしつつ、大正時代あたりを意識したレトロモダン風に仕上げる予定です。串揚げは現店舗と変わらず、10種類のオリジナルソースで楽しんで頂く基本コースがメイン。塩、辛子、自家製のタルタルソース、おろしポン酢、チリソース、甘酢トマト、オリジナルソース、秘伝のタレ、甘味噌、すだちといったラインナップで、タレと食材をマッチングさせて飽きがこないおいしさを提供します。また、このお店では小鉢や前菜、〆の一品など、串揚げ以外のメニューも力を入れていきたいですね。
 

人形町の雰囲気ともマッチした串揚げ店、人気が出そうで楽しみです。ありがとうございました!

 

物件公開日
2017年2月23日
内見日
2017年2月23日(物件が公開されてから0日)
申込日
2017年2月23日(物件の内見をされてから0日)
契約日
2017年3月17日(物件に申込をされてから22日)
業態
串揚げ
物件取得 実際の金額
約800万円
予算の相違理由
当初はスケルトン物件で探していたので、大幅に抑えられました。
物件探しで苦労されたこと
希望エリアではなかなか良い物件が見つからなかった
この物件の担当者
名前
福田 美智子
紹介
涙もろい人情派、福ちゃんこと我らが福田営業部部長。将来の夢は、居酒屋ふくちゃんの開業。
彼女の酸いも甘いも混在する道を歩んだ経験値がお客様に元気と活力を与えます。