会員様先行紹介とは

他社不動産サイトでは掲載されていない、ABC店舗先行公開の物件です。
本物件はABC店舗の会員様限定のご紹介となります。
[ 新規登録・ログインはこちら ]

代々木上原 アンティーク調の店内外装 話題の街から、惜しまれつつ閉店する和風居酒屋

「時期を見定めて希望に近い物件を取得」 ご契約者:株式会社Count Nine 代表取締役 永原 統 様

 
  
 

代々木上原


  ― 代々木上原徒歩5分。アンティークの古木を活かした和の空間 ―
 

 


 


東京の中でも洗練された住宅街として知られている、代々木上原。


繁華街とは一味違う落ち着いた雰囲気のおしゃれなマンションが立ち並ぶ中、

オーナーのセンスが光る良店が点在し、昨今のSNS全盛も相まってか、

口コミを中心に広がり雑誌やWEBメディアの常連になっている話題店なども数多い。

 



 


代々木八幡、代々木公園、参宮橋、初台、笹塚など、

少し離れた住宅地からも散歩がてら立ち寄りやすく、

バスや電車で渋谷や新宿方面からのアクセスもしやすい立地のため、

そのオリジナルの味やコンセプトを求めてわざわざ訪れる人が多いのだ。

 


 
 


そのため地域住民はもちろん、外からのお客さんの両方を取り込みやすいエリアと言える。


今回ご紹介するのは、そんな代々木上原駅から徒歩5分。


井の頭通りを抜けてすぐの「上原仲通り商店街」にある元和風居酒屋の居抜き物件だ。

 



 


お隣はコンビニ、はす向かいにはインテリアショップや自家焙煎のコーヒー店。


住宅地の商店街らしく落ち着いた雰囲気のストリート沿いに居を構えている。


前オーナーさんのこだわりがうかがえる外観は、

古い民家の建築材や建具が取り入れられ、

近代的な建物とのコントラストに思わず目を惹かれる。

 



 


店内は無造作に塗られた壁と、

それを支えるように外観同様古い建材が用いられ、

長年生活とともに時を重ねてきた素材だからこそ出すことのできるぬくもりを感じさせてくれる。


そんな柱の傷やカウンターの質感は、十数年やそこらではきっと出すことができないものなのだろう。

 



 


深みある空間にあう食器類や装飾品には、セレクトのセンスが光っていた。


閉店しているにも関わらず、取材中も女性客3名がランチに訪れ、

閉店したことを伝えると残念がって帰っていった。


近隣には和食が食べられお酒も飲めるお店がないため、

地域住民からも重宝されていたのだろう。


十数年続いた営業の中で、

毎日来るような常連客の方にも恵まれていたとのことだった。


前店舗のお客さんを引き継ぐ意味でも引き続き同業態での営業は手堅そうだ。


また、コーヒーや焼き菓子などを提供する喫茶、

創作料理の店、懐かしい昭和の味を提供する食堂など、

さまざまなイメージがふくらむ空間でもあるため、今後の可能性は未知数だ。

 

 
担当 加藤
tel 090-1797-6586
mail kato@abc-tenpo.com

【時期を見定めて希望に近い物件を取得】


ご契約者様のプロフィール
株式会社Count Nine 代表取締役 永原 統 様
福岡から東京に上京された。ご自身でやられている事業とは別に、飲食会社の立ち上げに参加。十数店舗にのぼる出店開発に携わり広く深く知見を集積された後、3年前に1店舗目となる「楽酒屋 ごえん 下北沢店」をご開業され本格的に飲食業界へと足を踏み入れられた。1年前には、知り合いからの紹介という形で「楽酒屋 ごえん 秋葉原店」を2号店として増店を決められ、同時に新たな増店の道を探される。この度、3店舗目となるお店を代々木上原でご出店されることが決まった。


【物件のお探しについて】基盤である既存店との連携を視野に 投資額と経営リスクを最低限に抑える

Q.本日はご契約ありがとうございます。物件のお探しは大変でしたか?物件をお決めになられた理由と併せてお聞かせください。

物件探しはかなり難航しました。秋葉原店を出した1年ちょっと前くらいから探し始めてはいたんです。秋葉原店は、たまたま知り合いから紹介してもらってその引継ぎという形でとんとん拍子で話を進めることができたんですが、その後の増店では、なかなか希望に近い物件が出てこなくて・・・。時期的なものもあるかと思うのですが、ここ最近になって不動産会社さんからたくさん物件の紹介を受けて、今回決めた物件もその中の一つです。この物件の魅力は、希望でもあった下北沢から近いということと、造作譲渡費用と内装費用が安く状態がいいということですね。下北沢から近いという点では、食材や人員の配置などの管理面から、ロスやコスト削減への効果を期待しています。内装面では、もともと内装費用が安くできるのであればスケルトンからというのも選択肢には入っていたのですが、今回の物件は内装費用が安く、そして最低限の設備投資で十分使えるほどに状態がいいです。本当はもっと小さい規模で探してはいたのですが、変に大きくなければありという判断を下しました。

 

【新しく開くお店について】エリアに合わせたサービスがカギ 今現状を変更するポイントとは・・・?

Q.既存店との連携が重要ですね。新しいお店について、課題となりそうな部分と併せてお話しください。

これまでのエリアとガラリと雰囲気が変わるので、どうやって集客するかが課題になってきますね。既存店は、外に出れば必ず人が歩いているような場所でしたが、今回はそういう立地ではないです。なので、コンセプト自体の見直しが必要になってきていて、今話し合っているところです。客引きをするタイプのお店ではなく、お客様に選んでもらえるようなお店にしていかなければいけないと考えています。なので、既存店よりも少し上のものを提供しようかと考えています。ただ、話していく中で、既存店のような形でやっているお店もないので、それはそれでありだな、とは考えています。既存店でやっている、店名の由来でもある1杯目を5円にするサービスなど、何が受けるかわからないですからね。メニューは、薩摩の知覧鶏を使った料理の提供を予定しています。あとは、宮崎のチキン南蛮など、九州にちなんだ料理の提供をいたします。

 

契約後のお疲れのところインタビューのご対応いただき、ありがとうございました。料理の構成も含め、楽しくお話を伺わせていただきました。社員一同、オープンを楽しみにお待ちしております。


希望業種居酒屋
店名候補楽酒屋 ごえん
物件公開日2017年1月25日(物件を探し始めてから約1年)
内見日2017年1月27日(物件が公開されてから2日)
申込日2017年1月27日(物件の内見をされてから0日)
契約日2017年2月13日(物件に申込をされてから17日)
オープン予定日2017年3月中旬
物件取得金額約350万円
当初想定予算物件の状態によって変更
予算の相違理由内装の状態がよかったため、安く抑えることが出来た
物件探しで苦労されたこと とにかく物件がでてこなかった。ちょうど年が明けたくらいから物件がたくさん出てきて、その中からタイミングよく見つかった。


物件購入者の声
この物件の担当者
加藤 翔太
名前
加藤 翔太
紹介
期待のユーティリティー営業マン。好きなものは、スマホゲーム。
冷静沈着に行う営業スタイルは、後輩からだけでなく先輩からの信頼感も抜群。
過去の担当物件はこちら

会員ログイン後に募集図面や物件・街写真などの詳しい物件詳細が表示されます。
会員登録をされていないお客様はお手数ですがこちらからご登録ください。会員様には新着物件情報もメール配信いたします。

物件番号
56010
業態
その他
路線・駅名
小田急小田原線 代々木上原
面積
19.33坪 / 63.89㎡
所在地
東京都渋谷区
坪単価
18,886円
徒歩
3分
担当者
加藤 翔太

物件地図

ご覧の物件の位置情報を表示します。
 

類似物件

ご覧の物件と条件が近い物件を表示します。