会員様先行紹介とは

他社不動産サイトでは掲載されていない、ABC店舗先行公開の物件です。
本物件はABC店舗の会員様限定のご紹介となります。
[ 新規登録・ログインはこちら ]

池袋 有名チェーン店も出店する好立地! 大通りからも視認可能な1階路面たい焼き店居抜き

「長年探し続けていた池袋でやっと出てきた好立地物件!逃すまいと即断即決」 ご契約者:有限会社 食心道JAPAN 本間淳一 様

 


 

池   袋


  ― 池袋C2出口すぐ 立教大学そばの一等地 大通りからの視認性高いたい焼き屋居抜き物件 ―
 

 
 


新宿・渋谷についで、一日の乗降者数世界第3位の池袋駅。

言わずと知れたターミナル駅の東西にはデパート、繁華街、

文化施設などを有する広大な商業地帯が広がっている。


昨今Echikaの開発が進み、

池袋駅地下はショップやカフェ、レストランなど

話題の店が軒を連ねる華やいだ地下ストリートと化している。

 



 


今回ご紹介する物件は、

このEchika池袋を通りC2出口を出てすぐの、

元たい焼き屋居抜き物件だ。


目の前にコンビニがあり、

大通りからの視認性もかなり高い。

 



 


たい焼き屋と聞くと、

店員さんが焼いてくれるのを外で待つ店頭販売のイメージを持つ方が多いと思うが、

こちらの店舗はご覧の通り店内にくつろげる空間をつくり、

ショーケースの中の商品をじっくり選んでもらえるような環境が整った

高級感ある和菓子屋の雰囲気だ。

 



 


都内に数店舗展開するこの店のオーナーさんも、

「ここに配属になる社員が口をそろえて言うのは、

お客さんが商品をじっくり楽しそうにみていく、ということなんですよね」と話す。


元ラーメン屋を改装したという店内は、水道、ガス、エアコンなど

基礎の部分はそのままに、カウンターを取り外して作りこんだ和の空間だ。


広々とした厨房は、ラーメン屋だった空間をそのまま活かしているからだそう。

 



 


物件は、雑多な池袋駅周辺と、

結婚式場や広大な立教大学の敷地が広がる落ち着いたエリアの間にあり、

大通りに限らず道幅が広いこのあたりは、

どの通りも人通りが多いのが特徴だ。

 



 


道と道が斜めに交差している周辺の街路も街全体に開放感をうみだし、

例えばオフィス街の裏通りのように、

店が建物の陰に隠れてしまうようなこもった感じをまったく感じさせない。

 



 


前オーナーさんが、「土日は正直期待していなかったんだけど」と前置きした上で、

土日の人の多さも平日に引けをとらないほどだったと教えてくれた。


業態にもよるとは思うが、前店舗は土日は平日より客数が若干減るが客単価があがり、

売り上げ的には平日を上回っていたそうだ。


Echikaの恩恵か、なんでもこのエリアには回遊客がかなりいるそうだ。


C2、C3出口から近く、

周辺にはアウトドアショップや化粧品ショップなど買い物のできるスポットなどもある。


加えて平日は、地域の方々や大学生にも恵まれるエリアだ。


取材時も学生グループが買いに来ては食べ歩きをしたり、

おばあさんが手土産を買いに来たりと、客層の幅広さを感じさせた。


あれほど雑多な駅周辺からは想像できないほど落ち着いた空間に驚くが、

物件からすぐ近くにはこんな公園もあり、

その周囲をぐるりとマンションが囲んでいた。

 



 


「観光客が遠くから集まってきてわさわさしているのが駅の方だと思うんだけど、

地域に密着して気に入ったらリピートしてもらえる環境を作りたい店にとっては、

こっち側が向いてるなと思います。」という前オーナーさんの言葉からも、

池袋の一等地でありながら、

周囲にローカルな資源もたくさん含んだこのエリアのアドバンテージを伺うことができた。


最後に、アルバイトの募集には80名を超える応募があり

選りすぐりの人材を選ぶことができたということも付け加えておきたい。

 

担当 前田
tel 090-7814-1774
mail maeda@abc-tenpo.com

【長年探し続けていた池袋でやっと出てきた好立地物件!逃すまいと即断即決】

ご契約者様のプロフィール
有限会社 食心道JAPAN 本間淳一 様
2004年にYAMITUKIカリー 早稲田店をオープンし、学生を中心に人気を集める。その後も中野、飯田橋、神保町と店舗拡大を続け、今回激戦区池袋に5店舗目をオープンされます!


【物件のお探しについて】内見前から「ココならいける!」という確信があった

Q.本日はご契約ありがとうございます。いつ頃から物件を探し始めたのですか?

弊社の既存店「YAMITUKIカリー」は現在4店舗で、常に出店計画があり恒常的に物件を探し続けています。池袋エリアもずっと情報を追っていたのですが、なかなか良い物件が見つかりませんでした。そんな中で今回の物件は立地も坪面積も店内のレイアウトの組みやすさも、ネックになるような部分が見当たらなかったので即決。大学生やサラリーマン、OLさんなどをターゲットにできるのはもちろん、地域住民の方にも来ていただける立地だと思います。以前私自身も近隣に住んでいたことがあり、このエリアの土地勘や人の流れは把握していたので、内見前の情報を見た時点で「ココなら絶対にいける!」という確信がありました。

 

【新しく開くお店について】既存店で築き上げた強みを貫く

Q.既存店も学生街やオフィス街といった激戦区ばかりで営業されていますから、ノウハウもしっかり蓄積されていらっしゃいますものね。今回の池袋も同様だと思いますが、店内コンセプトやメニューは変えずにいかれるんでしょうか?

基本的には他店と同じコンセプトで、内装に関しても既存店のレイアウト、デザインを踏襲する予定です。カレー専門店なので、今までもとにかく商品力で勝負してきました。居酒屋やBARなどは商品力以外に接客などのコミュニケーション力も重視されますが、ウチの場合はハキハキニコニコさえしていれば、接客は必要最低限で余計なものは要らないと思っています。そして肝心の商品は、創業当初から変わらず〝タイでも欧風、インドでもないここだけのカリー〟。ココナッツミルクなど東南アジアの食材をベースにしながら、商品によって和洋中のテイストをミックスさせたオリジナルカレーです。常時12~13種類のメニューがあるんですが、例えば牛すじカレーならば仕込みの段階で醤油やみりんを使用しているので和テイスト、トマトやチーズを使用していれば洋テイストになりますね。各メニューによって具材の存在感とオリジナルのルーを楽しんで頂けます。辛さやボリュームも調整できますし、トッピングの種類も豊富なので、男女問わず幅広い客層の方に好評です。カウンターのみなので比率としては男性が多いのですが、他のカウンター店よりは女性のお客様が多いのも特徴。女性1人でも気軽に入りやすい雰囲気を心がけており、地域密着店舗を目指す池袋店でも引き続き来て頂きたいなと思っています。

 

飲食店自体はもちろん、カレーというジャンルでも激戦区の池袋。しかし、早稲田や中野、神保町などで既に実績のある店舗の増店ということで期待大!好立地を味方につけて、さらなる増店も期待しております!

物件公開日2017年2月28日
内見日2017年3月1日(物件が公開されてから1日)
申込日2017年3月3日(物件の内見をされてから2日)
契約日2017年3月8日(物件に申込をされてから5日)
業態カレー店
物件探しで苦労されたことかねてより池袋エリアで物件を探していたが中々見つからず、ようやく希望に見合った物件に巡り合ったので、苦労ではないかもしれないが探し続けていてよかった。


物件購入者の声
この物件の担当者
前田 卓文
名前
前田 卓文
紹介
体の一部がイタリアっぽい体格だけを見れば力士(未経験)かラガーマン(未経験)風営業マン。好きなものは、肉(笑)。
体力だけで乗り切ろうとして、その都度上司に怒られる。※だれからも忘れられている能力:中国語がしゃべれる
過去の担当物件はこちら

会員ログイン後に募集図面や物件・街写真などの詳しい物件詳細が表示されます。
会員登録をされていないお客様はお手数ですがこちらからご登録ください。会員様には新着物件情報もメール配信いたします。

物件番号
56193
業態
その他
路線・駅名
東京メトロ有楽町線 池袋
面積
9.98坪 / 33.00㎡
所在地
東京都豊島区
坪単価
33,058円
徒歩
1分
担当者
前田 卓文

物件地図

ご覧の物件の位置情報を表示します。
 

類似物件

ご覧の物件と条件が近い物件を表示します。