ビフォーアフター

清潔感とおしゃれ感のある明るい店内、適度にクローズドな空間が商品とターゲットにマッチ

丹羽 真理子
清潔感とおしゃれ感のある明るい店内、適度にクローズドな空間が商品とターゲットにマッチ

外観

Before

img_b01

After

img_a01

壁面に看板と照明を設置。シンプルながらロゴが映える。店内がガラス越しに見えるため入店しやすい。照明は近隣住居へ配慮し暗めに設定したが、「もう少し明るい方が良かった」とオーナーの丹羽さんは話す。

入口正面

Before

img_b02

After

img_a02

陸上のトラックをイメージしたラインを入口から階段下まで引くことで奥行きが感じられるようにした。壁面には外からでも営業中であることがわかるようモニターを設置。

階段下

Before

img_b02

After

img_a02

入店のしやすさを考慮し、入口正面ではなく階段下にL字カウンターを設置。無駄なスペースになりがちな階段部分の有効活用にも成功。奥には試着室を2つ設置。カーテンを二重にすることでお客様のプライバシーにも配慮した。

レビュー

明治神宮前駅から徒歩4分、原宿駅から徒歩8分、表参道駅から徒歩9分の路地裏にある「SPOBRA 原宿店」。2017年1月にオープンした日本で唯一のスポーツブラ専門の路面店。

現物件はアクセサリーショップだった居抜き物件で、階段でつながる地下フロアがあるやや変わった作りをしているのが特徴。大掛かりな工事は不要だったが、階段部分の活用には頭を悩ませたとオーナーの丹羽さんは話す。デザイナーとも相談した結果、L字カウンターを設置することで、外からお客様は入りやすく、店主も常に外に気を配る必要がないためパソコン作業などの仕事がしやすい空間が出来上がった。

入口から階段下まで続く床に引かれたラインも面白い。陸上トラックをイメージしたラインは奥行きを感じさせる効果がある。入口から見える場所にはモニターを設置することで、外からでも一目で営業中であることがわかるよう工夫した。白い壁を生かした商品陳列も目を引く。壁と棚を設置して見やすく陳列するほか、もともと壁に取り付けてあったピクチャーレールにフックをかけ、カラフルな商品を見せている。

試着室は2部屋設置し、カーテンを2重にすることでお客様のプライバシーにも配慮。試着室の前にカスタムのテーブルを置くことで、試着した商品を並べて比較したり、お客様の荷物を置いたりと便利に使うことができるようにした。

外からはガラスで丸見えでも、一見使いにくい階段をうまく利用することでお客様が入店しやすく、かつプライベート感のある空間を作り上げた。エリア全体のおしゃれなイメージへの期待にも応えつつ、スポーツブラというデリケートな女性の下着を扱う店として、店主のやさしい雰囲気が作り上げたオンリーワンの店といえる。

店舗情報


  • 住所: 東京都渋谷区神宮前 6 丁目 9-6
  • 電話: 03-6386-7276
  • 営業時間: 水~土/ 12:00 ~ 19:00、日/ 12:00 ~ 18:00
  • 地域: 渋谷区
この記事で紹介された人
丹羽 真理子さん

1967 年、神奈川県生まれ。親の仕事の関係で 12 歳から 21 年間アメリカで暮らす。アメリカで就職した後、帰国。フリーランスで広告関係の仕事に従事した後、『SPOBRA 原宿店』をオープン。 もっと読む

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.