契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
路地の雰囲気にこだわり!伝統の街で開く味噌専門居酒屋店
物件番号
55921
業態
和食
路線・駅名
つくばエクスプレス 浅草駅
面積
20.91坪 / 69.12㎡
所在地
東京都台東区
坪単価
20,087円
徒歩
1分

ご契約者様のプロフィール
株式会社サードプレイス 代表取締役 岩本 大 様
辻調理師専門学校卒業後、イタリアンシェフとして数々の店で修行。東京で6年半、店長・マネージャー業務を担当して経営スキルを身に付け、28歳で独立。2011年2月に神田「ミトシロバル⓻」、14年2月に錦糸町「蔵・みそら屋」をオープン。今回は3店舗目出店のため、浅草のこちらの物件をご契約いただきました!

 

【新しく開くお店について】お味噌・日本酒・おばんざいー日本食がテーマのこだわり居酒屋店!

Q.こちらの物件ではどのようなお店を開くご予定ですか?

これからスタッフで顔を合わせて話し合っていきたいと思います!弊社は有り難いことに人材に恵まれ、この6年というものスタッフ募集の告知をかけたことがなく、みんな紹介やアルバイトから社員という形で仲間になってくれています。「みそら屋」の看板もみんなで書道コンペをして、1位になったうちの嫁さんの書が採用されています(笑)。この物件が決まったときも、お昼に全員が現地に集結してきました。飲食店は顔が一番の表現手段と思うので、中が見え隠れして、そこからあたたかい灯りが見えるようなそんな外装をイメージしています。飲食店には街を変える力があります。この浅草の店も、会社名「サードプレイス」(第三の場所)のとおり、「おかえり」と言ってもらえる居場所のような場に育てていきたい。タイトなスケジュールですが、スタッフの力を合わせ、2017年2月オープンを目指し頑張ります。

【ABC店舗について】物件に対する期待値のギャップを生まない工夫が必要!

Q.素敵なお店になりそうですね!最後にABC店舗のご感想をお聞かせください。

ABC店舗は6年程前に会員登録し、ずっと配信情報をチェックしていました。社員の顔が見えるホームページが好感度抜群で、特に、物件の内外装や周辺環境を細かに伝えてくれる「パーフェクトガイド」は分かりやすくて素晴らしいです。反面、物件への期待値が事前に上がり過ぎてしまい、実際とのギャップに興ざめを覚える方もいるかもしれません。一方、私もこうした打ち出し方があったからこそ、この物件に目を留めたということもあります。難しいところかもしれませんが、ちょうど良いバランスの伝え方が出来るとよいのではと思います。

【内外装について】居抜きの造作をフル活用!親子連れにも居心地よい空間を

Q.それは楽しみです!物件の内外装で手直ししたい箇所はありましたか?

住まいが中野区ということで、中野・中野坂上・中野新橋など、周辺で探していました。当初探していた物件よりも小さめでしたが、周辺店舗など立地に惹かれました。飲食店が集っており、他店の皆様と協力し合い、地域の活性化につなげたいです。あの人の店行った?とか(笑)また、以前の方が綺麗に使用していてくれたので、厨房など、そのまま使用しようと思います。客席は少し増やそうと思いますね。

 

貴重なご意見をありがとうございます!弊社でも、より分かりやすい情報配信に取り組んでまいりたいと思います。伝統の街に開くお味噌のお店、スタッフ一同オープンを楽しみにしております!

 

物件公開日
2016年11月22日
内見日
2016年12月2日(物件が公開されてから11日)
申込日
2016年12月2日(物件の内見をされてから0日)
契約日
2016年12月7日(物件に申込をされてから5日)
物件取得 当初の予算
約460万円
物件取得 実際の金額
上限600万円
予算の相違理由
保証金の額が抑えられた為。家賃は想定より少々高いが繁盛店になればカバーできると考える。
物件探しで苦労されたこと
物件情報を見て「これはいい!」と思っても、実際行ってみると空振りに終わるときがあること。
この物件の担当者
名前
石川 真衣
紹介
おっとり系、清楚系、表する言葉は数数多ある新人女性営業マン。好きなものは、居酒屋メニュー。 お客様を大事にしたいという思いからなのか、やりとりの量は目を見張るものがあります。