インタビュー
居抜き開業を成功させたオーナーに、成功の秘訣や開店までの裏話などを伺います。

子どもやお年寄り。なかなか来られない人こそ、訪れやすいサロンに

感度の高いショップが軒を連ねる「一度は住みたい憧れの街」として名高い、自由が丘。オーナーの池和田さんは、去年2017年7月、ここ自由が丘にヘアサロンを構えた。駅から歩くこと徒歩4分。駅チカでありつつも次第に駅周辺の喧騒から離れ、落ち着いた住宅街にさしかかろうとするあたりの雑居ビルの一角に「fleuve(フラーブ)」は佇む。

サロンに入ると、明るくも隠れ家的な落ち着ける空間。カット席とシャンプー席は、ともに2席のみ。のんびりカットを受けリラックスするには格好の場所だ。そしてスタッフは、オーナーである池和田さん一人だけ。プライベートな空間が心地いい。

おしゃれタウン・自由が丘にあれど、実は目指すのは「敷居が高くなく気軽に来られる空間」。その理由は、池和田さんが美容師になるきっかけとなったルーツに基づいている。
「高校生のとき、障害を抱える友達がなかなか髪の毛を切りに行けない……と悩んでいて。そんな姿を見て、美容師になって力になりたいと思った んです」

内装も自身で手がけ、「おしゃれ過ぎて足を踏み入れるのに躊躇する」というふうに思わせない、アットホームな空間にした。
「今来てくださっているお客さまは、みんな友達みたいなもの。お年寄りから小さな子まで、僕に対して敬語なんて使わないですよ」と、屈託のない笑顔で笑うのだった。

訪れたらリピートする理由。それは、独自のカウンセリング術にあり

「カウンセリングするときには、自分なりのセオリーがあります」
池和田さんがカウンセリングをする際に、気をつけていることが二つ。

一つ目は、「今日はどうしますか?」とは聞かない、ということ。
「お客さまにはまずはリラックスしてもらいたい。だから、すぐに髪の毛の話はしないですね。髪の毛の状態を見て、こちらである程度察知します」
世間話をする中でお客さまがどうなりたいのかを引き出し、池和田さんから提案する。それが、ワクワク感に繋がるというのだ。

二つ目は、言われた要望に対して「無理」という言葉を使わない、ということ。
髪質によってはできないこともあるのでは……?の問いにも「できないことってないんです。できないというのは、自分の技術力が足りないだけですから。だから勉強すればいいだけの話」と動じずに答える。前サロンで学んだ確かな技術と、講師もしていたという豊富な経験値が、その自信をもたらす。

さらに「fleuveならでは」をお客さまに届けるべく、オーストラリアから直輸入したオーガニックアロマオイルを導入。髪の毛にも肌にもすべて使えるという、日本ではなかなか扱っていない逸品。こういった細やかな気配りも、お客さまには好評だ。

物件選びはお客さま目線。居心地のよい「2階」にこだわった

独立前は9年弱、自由が丘のサロンで勤めたという池和田さん。「前サロンからの継続のお客さまが来やすいように」と店を構えるエリアは、自由が丘と決めていた。探すときのこだわりも、もちろんお客さま目線。
「髪を切ってもらっている間、目線に外が見えるのって開放感があっていいなと。とはいえ、外から見られるのは居心地が悪い。だから、二階の物件限定で探していました。集客するには一階のほうがもちろんいいんでしょうけど」

さらに「駅からなるべくスグの場所」という物件探しのこだわりからは、髪を切るために電車で自由が丘に降り立ってくれる、常連のお客さまの多さもうかがえる。

“初心を忘れず、その先の無限の可能性へ” 美容師を通じてボランティア活動を

店名である「fleuve」。“フラーブ”という素敵な響きには、池和田さんの想いがギッシリと込められている。フランス語で「河の入口」を意味する単語を選んだのは、自身が幼い頃から川のそばで育ったことから、「自分がなぜ美容師をやっているのか、初心を忘れないため」の念を込めた。

そして「河口から海へ……その先にあるすべての無限の可能性を引き出す」
と、未来を見据えるビジョンの意味もある。

「自分の価値を高めるため」に独立し、店を持った。ただ、ゴール設定はもっともっと先。現在は、年に2回障害者施設を訪れ、なかなかサロンに来られない人の髪を切るなどの活動も増やしている。

「やりたいことはいろいろある。将来ボランティア関連の事業を少しずつ広げていくためには、いまここfleuveで、しっかりとした基盤をつくっておかないと」

“初心を忘れず、その先の無限の可能性へ”
fleuveには、池和田さんの過去・現在・未来が凝縮されている。

(取材日:2018年5月28日)

池和田 宏さん
美容学校卒業後、自由が丘のヘアサロン「M.SLASH」で9年弱スタイリストとして従事し、独立。2年間フリーランスでスタイリストや講師として活動した後、2017年7月に現ヘアサロン「fleuve」をオープン。前サロン時代の顧客の8割のお客さんが、足繁く通っている。

fleuve
住所:東京都目黒区自由が丘1-3-22 アーバンビルサカス11 1-B
TEL:03-6883-6968
営業時間:10:00~20:00(L.O. カラー・パーマ18:00/カット19:00)
定休日:火曜日
店舗情報:公式サイト