メニュー

目白駅 の飲食店舗・居抜き物件一覧

目白駅 の居抜き物件・貸店舗の検索結果です。

3件中 1 - 3件を表示

目白周辺で居抜きで飲食店を開業するための町情報

平均賃料相場

平均坪単価

25,793円 (坪単価)

※2024年04月19日更新

※本情報は、過去3ヶ月(変更あり)の間にABC店舗に掲載された物件の中から独自に集計した情報であり、価格を保証するものではありません。階層、間取り、駅分数などの様々な条件によって変動いたしますので、参考情報としてご活用ください。

目白駅の街情報

東京都豊島区目白は、学生街でありながら落ち着いた雰囲気の漂う街です。格式高い住宅街があり、街全体に高級感が感じられます。池袋や新宿に徒歩でも行ける便利な街ですが、公園が多く、自然の中でくつろぐこともできます。住みたい街として大変人気のあるエリアです。こちらでは、目白周辺の特徴についてご紹介します。目白に出店する予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

隣接した駅から探す

目白駅で居抜き物件を探すためのエリア情報

駅の特徴

JR山手線が走る目白駅。東京メトロ副都心線の走る雑司が谷駅へも徒歩10分で移動可能となっている。

駅利用者

1日の平均乗車人員

JR37536人(2019年度)

街の特徴

学生が多い都心でありながらも、閑静で自然あふれる“ハイソ”な高級住宅街。

目白といえば「都心の高級住宅街」。駅東側は「学習院大学」「日本女子大学」を代表とする大学や専門学校、小・中・高等学校が揃う文教エリアであるが、隣駅の高田馬場駅のような賑やかな学生街ではなく、落ち着いた雰囲気の街並みとなっている。要因としては、歴史を感じさせる建物や庭園が点在し、教会が数多くあること。また、自然を感じることのできる公園が多いことや、大正~昭和初期のお屋敷と高級住宅が多いことなどが関係しているといえる。

対して駅西側は、古書店や美容院、カフェなどこぢんまりとしたお店が並ぶ商店街となっており、スーパーやドラッグストアなどの日用品店もみられる。駅近くは高級住宅街であるが、目白通り沿いの落合南長崎駅または雑司が谷駅に近づくにつれ家賃相場は下がり、学生を含む独り世帯が多く住む場所となっている。

駅周辺の飲食店の傾向

目白は都心駅の中でも飲食店の店舗数が少ないエリアであるが、駅西側目白通りを中心に隠れた名店が点在。中でも、うなぎ屋「目白ぞろ芽」や天ぷら屋「天作」などの和食からスペイン料理「目白スペインバル」、タイ料理「プァンタイ」といった専門性の高い飲食店が多い。

また、エリアとして価格帯の高い飲食店が多い中でも、ボリューミーなオムライスが有名な喫茶店「レフティ」や600円から海鮮丼がたのしめる「う月」は、コストパフォーマンスが高いと学生からの人気が高く、ランチ時には行列をなしている。同様に、かき氷店「志むら」もメディアにしばし取り上げられ、夏季には連日行列の人気店である。

大型商業施設がない為、大手チェーン店の数は少なく、個人経営の店舗が大半を占めているのも特徴的である。

アクセスしやすい駅・エリア

JR山手線で隣駅の高田馬場駅は、「早稲田大学」「学習院女子大学」など学生の多い街であるが、目白駅と打って変わり、昼夜問わず滞在人口が多く賑やかな街となっている。駅周辺には、大手チェーン店から個人経営店まで数多くの飲食店が軒を連ね、ラーメンの激戦区でもある。反対側の池袋駅は、JR線、地下鉄東京メトロなど多数の路線が入り混じり、1日の乗降客数が新宿に次ぐ全国第2位の巨大ターミナルである。また、鉄道だけでなく幹線道路も至近にある為交通量が多く、街全体にはマルイ、パルコ、サンシャインシティなどの大型商業施設が広がっている。

徒歩圏内で移動可能な雑司が谷駅は、豊島区の歴史ある地域で多くの偉人が眠る「雑司が谷霊園」や「鬼子母神さまの神社仏閣」で知られている。街全体としては、目白駅周辺同様に閑静な街並みが続いており、駅から少し離れると高貴な住宅街から古いアパート住宅といった昭和の風情漂う住宅街へとかわっていく。「鬼子母神前」から都電荒川線を利用することも可能である。

どこにも出ていない情報はこちら!