メニュー

大塚駅 の飲食店舗・居抜き物件一覧

大塚駅 の居抜き物件・貸店舗の検索結果です。

1件中 1 - 1件を表示

大塚周辺で居抜きで飲食店を開業するための町情報

平均賃料相場

平均坪単価

19,788円 (坪単価)

※2024年04月16日更新

※本情報は、過去3ヶ月(変更あり)の間にABC店舗に掲載された物件の中から独自に集計した情報であり、価格を保証するものではありません。階層、間取り、駅分数などの様々な条件によって変動いたしますので、参考情報としてご活用ください。

大塚駅の街情報

大塚は、山手線で池袋と巣鴨の狭間に位置する便利な街ですが、これまでなかなかスポットが当たってきませんでした。しかし、近年の大塚は駅ビルの再開発や分譲マンションの建築などを通して、少しずつ印象が変わりつつあります。今回は、そんな大塚の魅力をご紹介します。大塚エリアへの出店や居住をされる方は、ぜひ参考にしてみてください。 [prop station_id="33"]

隣接した駅から探す

大塚駅で居抜き物件を探すためのエリア情報

駅の特徴

JR山手線が走る大塚駅。都電荒川線が走る大塚駅前駅へは北口から出て徒歩1分と、その名の通り大塚駅の駅前に位置している。また、東京メトロ丸の内線が走る新大塚駅にも徒歩8分で移動が可能。

駅ビルの「アトレヴィ大塚」内には、カフェやレストラン、雑貨店、書店など仕事帰りの利用を取り込む。

駅利用者

1日の平均乗車人員

JR58882人(2019年度)

街の特徴

下町情緒を残しながらも、再開発で進化するディープタウン。

大塚といえばオフィスビルやビジネスホテルが林立する「オフィス街」。2018年に開業された「大塚のれん街」は、都電荒川線が通る道なりにある古民家を再生し、居酒屋やバルなどの飲食店を集めた飲み屋街である。はじめはビジネスマンの憩いの場であったが、いまでは若者も足を運ぶ人気の飲み歩きスポットとなっている。

「サンモール大塚商店街」「大塚銀の鈴通り商店街」といった商店街は、駅前の通りから細い路地まで長年営業する青果店や書店、飲食店など地域に根付いた個人店が多く軒を連ね、現代と昭和が入り混じった下町エリアである。商店街を抜けると、マンションが立ち並ぶ住宅街となっており、交通量の多い駅前大通りと比べて静かな街並みが続いている。

都市整備として2009年に駅舎をリニューアル。自由通路で分断されていた南北がつながったことを契機として、2017年には駅南口に駅前広場「トランパル大塚」がオープン。2019年からは、夜でも安全且つ安心してたのしめる”アフター・ザ・シアター“を実現させようと、駅北口の再開発事業が進められている。

駅周辺の飲食店の傾向

大塚は幅広いジャンルで名立たる飲食店が多数。大手チェーン店は少なく、個人店がほとんどである。焼鳥屋「蒼天」、餃子店「東亭」、インドカレー店「カッチャル バッチャル」などは食べログ百名店に選出され、専門性の高い料理が揃っている。おにぎり屋「ぼんご」もそのひとつで、開店直後から行列になるほどの人気店となっている。

また、ラーメン好きが集う人気店も多く点在。ミシュラン一つ星獲得の担々麵「創作麺工房 鳴龍」をはじめとして、「志奈そば田なか」「麺たつ」などシンプルで洗練されたラーメンが目立つ。

飲み歩きスポットとしては、ネオ大衆酒場が集まる「大塚のれん街」のほか、昭和漂う商店街沿いにディープな飲み屋が立ち並ぶ。1970年創業の「鳥政」や、日本酒の飲み比べができる「ぐいのみ大」「地酒や もっと」は、地域住民が集う酒場として連日賑わっている。

アクセスしやすい駅・エリア

JR山手線で隣駅の池袋駅は、新宿に次ぐ巨大ターミナルとして人口が密集。東側は大型商業施設が林立し、大手企業の激しい商戦が繰り広げられている繫華街。西側は劇場や映画館、古書店などが多く残る文化都市として、東西で異なる顔をもつエリアである。一方、反対側の巣鴨駅は、「おばあちゃんの原宿」として名高い街。駅北口には「巣鴨地蔵通商店街」と数多くの寺院が並び、お散歩スポットとしてファミリー層やお年寄りがこぞって足を運んでいる。また、最近では、交通の利便性、生活の利便性、山手線内における家賃の安さから、独り暮らしの若者や女性の住む場所として注目されている。

都電荒川線を利用して、早稲田~王子~三ノ輪橋までの下町エリアを巡ることも可能である。

どこにも出ていない情報はこちら!