メニュー

イタリアン・フレンチ 蒲田駅 の飲食店舗・居抜き物件一覧

イタリアン・フレンチ 蒲田駅 の居抜き物件・貸店舗の検索結果です。

2件中 1 - 2件を表示

蒲田周辺で居抜きで飲食店を開業するための町情報

平均賃料相場

平均坪単価

26,619円 (坪単価)

※2024年04月16日更新

※本情報は、過去3ヶ月(変更あり)の間にABC店舗に掲載された物件の中から独自に集計した情報であり、価格を保証するものではありません。階層、間取り、駅分数などの様々な条件によって変動いたしますので、参考情報としてご活用ください。

蒲田駅の街情報

大田区は、1947年に大森区と蒲田区が合併して出来た区です。東京23区の最も南に位置し、1967年に始まった東京都の埋め立て地の計画によって23区内で一番広大な土地を有することになります。蒲田は蒲田駅や京急蒲田駅を中心とした地域、または合併前の旧蒲田区全域のことを指し、位置は大田区の中心に位置します。 近年では駅前を中心に開発が進み、街並みも徐々に美しく整えられてきていますが、昔ながらの下町の良さを今に残し住みやすい街として再注目されています。 今回は、そんな蒲田の魅力をお伝えします。

隣接した駅から探す

イタリアンを開業するなら

日本でイタリアン(イタリア料理店)と言っても、どんなターゲットへ向けたどんな種類のイタリアンレストランにするかで、出店する場所(立地)、物件の規模(坪数)、内装づくりなどが変わってきます。

どのようなコンセプトかを決める

リストランテと呼ばれる高単価の高級イタリアンレストラン、トラットリアと呼ばれるイタリアの家庭料理や大衆料理を出すお店、ピッツェリアと呼ばれるピザ専門のお店、また、ワインなどのアルコール提供を主としたイタリアンバルなど、多くのコンセプトのお店があります。

サービスの形態もさまざまですから、フランス料理店のように高級レストランというイメージは少なくカジュアルなイメージが強いかと思います。

ターゲットは違うとはいえライバルも多く、居酒屋のようにエリアにいくつもの競合店舗があることも考えられます。

日本でイタリアン(イタリア料理店)と言っても、どんなターゲットへ向けたどんな種類のイタリアンレストランにするかで、出店する場所(立地)、物件の規模(坪数)、内装づくりなどが変わってきます。リストランテと呼ばれる高単価の高級イタリアンレストラン、トラットリアと呼ばれるイタリアの家庭料理や大衆料理を出すお店、ピッツェリアと呼ばれるピザ専門のお店、また、ワインなどのアルコール提供を主としたイタリアンバルなど、多くのコンセプトのお店があり、サービスの形態もさまざまですから、フランス料理店のように高級レストランというイメージは少なくカジュアルなイメージが強いかと思います。

ターゲットは違うとはいえライバルも多く、居酒屋のようにエリアにいくつもの競合店舗があることも考えられます。

イタリアンレストラン開業で役立つ資格

ソムリエ

ワインの豊富な知識を持ち、レストランではお客様のワイン選びの手助けをします。一般社団法人 日本ソムリエ協会(JSA)が年に1度行う試験に合格すれば資格を取得できます。

イタリア料理ソムリエ

イタリア料理に関する様々な知識を有する料理のソムリエです。食材や歴史、料理方法など広い範囲の知識が必要です。

 

イタリアンを居抜きで探すなら

内装や店舗外装のイメージを考えるとイタリアン(イタリア料理)の居抜きがベストですが、どういったコンセプトのお店を開くかでも探す物件の種類が変わってきます。

例えば、高級イタリアン(トラットリア)であれば、フランス料理やレストランの居抜き店舗、イタリアンバルであればバルや居酒屋、カフェの内装の方がイメージに近いことがあります。

全般的におしゃれな空間で食事をするイメージがありますので、内装費にはそれなりの費用が掛かることを考えると、なるべくイメージに近い物件を探すために、元の業種関係なく多くの物件を内見してはいかがでしょうか。

どのようなコンセプトかで探す物件が大きく変わるため、厨房の広さ、客席のとり方、客単価、1組あたりの滞在時間(回転率)などたくさんの要素を考慮した事業計画を作りことが先決です。

出店場所(駅や立地)や初期投資(物件取得費、内装工事費用、運転資金)が大きく異るため、どの不動産会社のサイトをチェックするべきか・相談するべきかが変わります。

コンセプトを決めて事業計画を立てましょう

イタリアンは手軽なイメージでメニューとしてはパスタやピザ(ピッッツァ)が有名ですが、「イタリアン〇〇」などの商品もよく見かけるほど日本に浸透しています。他社と差別化を行う際に、昔であれば「イタリアンワインの種類が多い」「お店にソムリエが常駐している」などのコンセプトだけで差別化できましたが、近年はそれだけでは個性を出すことはできません。

市場、顧客の動向を常に把握しながら物件探しをする前にイメージを固めておき、細かく計画を立てましょう。

 

当サイト(ABC店舗)では主に個人で新規開業をされる方、数店規模の増店(多店舗展開)をされるかた、個人店で移転をされる方に向いた、20坪以下の小規模(狭小)物件を中心にご紹介しております。他社では掲載をしていない物件だけをサイトでご紹介しております。そのため、他サイトのように複数のサイトで重複掲載している物件は掲載していません。

どこにも出ていない情報はこちら!