格安航空会社は、航空運賃を安くしつつも売上を伸ばすような仕組みを採用しているのです。その採用している項目の一つが、航空機の回転率を多くするというものです。

すなわち、航空機を飛ぶ回数を多くして運賃をたくさん稼ぐということです。
航空機が動く回数が多くなるだけたくさんの便数を飛ばすことができるようになるため、利益を手にすることが可能となります。回転率を上げるという考え方を別の視点で見れば、以下のようなことになっていくのです。

このような手法を採用することによって、航空機に乗るための価格を下げることができるのです。回転率が上昇することは、それだけ時間の空きを短縮するということを意味しているのです。本来なら生じる空き時間が短縮されて、その分を航空機の運用のために振り替えているのです。

つまり、空いている時間を切り詰めて航空機を飛ばすために使用しているということになります。この考え方は飲食店で利益を生み出すときにおいても、導入をすることができる考えなのです。

飲食店の店舗では、店内の面積の関係から収容人数に制限がかかるということがあるのです。加えて一人一人の食事の時間に違いがあり、その間だけ受け入れることができる人数が決まってくるのです。このとき、店舗内で回転率を上昇させるための創意工夫を取り入れるということをしていきます。

回転率が上昇するようなアイデアを採用して、店舗における利用者の数を増加させていきます。利用者を一人でも多く増加させていき、食事を提供することで低価格でも売上を確保することが期待できます。

回転率の上昇によって、別の利用客を呼び込むことができるようになっていきます。飲食店が利用客を集めるために、割引券を発行したり価格を値下げするといったパターンがあります。利用者は、料金が安くなることによって食事に使うお金の支出を減らすということを実現できます。

また店の運営者も値下げなどをすることで、利用促進をするという側面があるのです。このスタイルは規模が大きい航空会社でも採用されており、早割という形で存在しています。格安航空会社で実施されている回転率の上昇は、飲食店でも採用することが可能な考え方です。

回転率を増やすことで利用客の人数を多くして、売上を確保していくという形態ということになります。
そのため、格安航空会社と同様に飲食店においても回転率を上げるという手法には長所があると指摘できるのです。