用語集

申込

店舗を借りたいと思っている場合、最近では居抜き物件と呼ばれる不動産が人気となっています。これは前に借りていた人の店舗内部造作がそのまま残されている物件を指します。居抜き物件を申込する場合には、無償貸与・リース・造作買取といった契約方法をとることが出来ますが、それぞれにメリットデメリットがあるのです。エアコンやトイレ設備などは無償貸与されることが多いものですが、所有権は貸主にあることが多くこれらは賃貸借契約のみで行われるケースが多いです。

リースは居抜き物件の設備をリース契約して借り受けることです。店舗を借りる際には別にリース契約を結ぶ必要があります。
造作の買取は内部造作の所有権をお金を払って買い取ることです。店舗の賃貸借契約とは別に譲渡契約を結ぶ必要がありますが、買い取ったものは退去時には売却して資産に変えることも可能です。
どのような申込を行うかは自分の出店形態に合ったものを選ぶといいでしょう。
 

近年では、居抜き物件の造作は賃貸契約の際に買い取ることが人気となっています。今までの不動産取引ではこれらの内部造作や設備は譲渡契約を交わらせないことが慣例とされてきました。しかしきちんと契約を交わらせて自分の所有にしておくことで、店舗を大幅にリフォームする際や退去する際には造作を売却することが出来るというメリットが生まれます。

飲食店の中古厨房などは市場でも高値で取引されることも多く、所有権を有することで資産に変えることも可能なのです。ただ不動産物件を探している場合、空き店舗として期間が開いている場合は問題ないのですが、解約日まで営業している物件をそのあとすぐに借りたい場合などは居抜き造作売買契約を結ぶこととなります。前借主にとっては物件を原状回復する必要がないというメリットが生まれ、次に借りたい人には店舗立ち上げの費用や期間を節約できるというメリットがあります。契約があいまいにならないようきちんと結んでおくといいでしょう。

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.