飲食開業マニュアル

グルメサイトを活用する

STEP7
  • 運用

いまや飲食店の広報に欠かせない存在となったグルメサイト。インターネットで店名を入力すると、食べログ、ぐるなび、ホットペッパー、Rettyなど様々なグルメサイトがしのぎを削っているのが見て取れます。

では、これらのグルメサイトをうまく活用し、お店の収益につなげていくにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、クーポン系、口コミ系、予約特化型、総合系などさまざまに分類されるグルメサイトの、それぞれのメリットと活用方法についてみていきたいと思います。

食べログ

現在使用されているグルメサイトの中では断トツ利用率1位なのが食べログです。口コミに基づく店舗が5段階で評価されていてわかりやすく、この点数を参考に飲食店選びをするというユーザーも多いです。幅広い層のユーザーがいるため、ピンポイントにターゲットを絞るのではなくいろいろな層に来てもらいたいと考えているオーナーさんには特におすすめのサイトになります。

ぐるなび

運用年数が最も長く、そのためユーザーからの信用度も高いグルメサイトです。また有料版は、年間の販促プランをコンサルティングしてくれる「販促正会員プラン」や、ぐるなびの基本機能をすべて使える「ビギナー会員プラン」といったように、いくつかのプランにわかれており、自分のお店に合ったプランを選ぶことで経営に役立てることができます。また、メニューや基本情報だけでなく「貸し切り情報」や「こだわり情報」なども掲載できるため、口コミがメインの食べログやRettyに比べ、情報の充実度が高いサイトといえるでしょう。

ホットペッパーグルメ

上記2社に比べ、クーポンが充実しているのがホットペッパーグルメです。店舗ページをプロが作成してくれるため、効果的なページをつくることができます。掲載できる内容の中に「店長のおすすめ料理」や「心をこめたおもてなし」などがあり、自分のお店のウリが何かを明確に打ち出していくことが可能です。

特に、クーポンを使ってお得に飲食を楽しみたい若い女性ユーザーが多いため、それらの層にアピールしたい店舗であればターゲット層との相性も抜群といえるでしょう。

そのほか、インターネットにおける集客を全面サポートしてくれるサービスなどもあるため、もしも販促方法を相談したいと考えているオーナーさんがいたら、一度話をきいてみてもよいかもしれません。

Retty

近年ローンチした比較的新しいグルメサイトです。実名での口コミ投稿が基本の口コミサイトのため、口コミの信用度が高いのが特徴です。ちなみにユーザーとしては30代男性が多いといわれています。また、Rettyは、他のサイトに比べスマホアプリのアクティブ率が高いサイトのため、スマートフォンユーザーをもっと取り込みたいというお店には特におすすめできるグルメサイトといえます。
 

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.