ビフォーアフター

賑やか系の本店、しっとり系の2号店 個室メインの会食・接待向け店舗で成功!

出田 啓二
賑やか系の本店、しっとり系の2号店 個室メインの会食・接待向け店舗で成功!

店内

Before

img_b01

After

img_a01

会食・接待用途を重視して、テーブル席から個室メインの内装に。各部屋に扉も設置し、プライバシーが保てるようにしている。

Before

img_b02

After

img_a02

カウンターは8席のみ。より高級感を出すために檜造りのものを新調した。

Before

img_b02

After

img_a02

店内奥の大きめ個室。ゆったりとしたソファでくつろぎの空間を演出。天気が良いと窓から富士山が望めることも。

レビュー

『喜鈴 別邸(きりん べってい)』は、恵比寿駅西口から徒歩5分、京都・丹波黒鶏をメインに、希少部位含む絶品の手打ち串焼きが楽しめる人気焼鳥店である。同じ恵比寿で圧倒的人気を誇る焼鳥店『喜鈴』の2号店として、2016年12月22日にオープンした。

席構成は個室メインで、全33席のなかカウンターは8席のみ。店主の出田啓二さんは別邸のコンセプトについてこう語る。「本店はどちらかというとワッショイ系、ガヤガヤ系。カウンターメインなので『個室ありますか?』というお問い合わせが多かった。なので、別邸を増店する際には、逆に個室の席を増やし、接待・会食利用向けにしたら、と。そしたら当たりでしたね」。

会食利用を意識して、内装や店構えもシックなものに。前店舗も和食系だったが、より高級感を演出するため、壁を明るめのものに張り替え、檜造りのカウンターを新調した。最も変わったのは、玄関入って左手のテーブル席スペース(店内1の写真参考)。いくつかの扉つき個室に分け、外からの目が気にならないように窓にも目隠しの不透明フィルムを貼った。

改装でいちばん苦労したのは、ダクト部分。元の店がそれほど炭などを使う業種でなかったためパワーが十分でなく、焼鳥の脂が落ちてすぐに店内に煙が充満してしまうのが悩みだったという。結局、専門業者に吸気圧を上げてもらうことで排気性を確保した。

玄関左手奥の大きめの個室にはバルコニーが付属。ビルの4階で眺望も良い。「周りがマンションなのでなかなか窓は開けられないですが、ゆくゆくは盆栽を置いたり、ライトアップしたりすることも考えています」。洗練された店内のさらなるブラッシュアップが楽しみだ。


Written by 飲食店の居抜き物件なら!ABC店舗

物件のご紹介はもちろん開業までをサポートいたします!


簡単30秒で会員登録完了!

飲食店、物販やテイクアウトなどの店舗物件をご紹介します!

この記事で紹介された人
出田 啓二さん

Copyright © ABC TENPO Inc, All Rights Reserved.