契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
オフィス街の中でも条件を絞り根気強く探し続け、市ヶ谷の駅近半地下物件を獲得
物件番号
56238
業態
その他
路線・駅名
JR中央・総武線 市ヶ谷
面積
20.00坪 / 66.11m2
所在地
千代田区九段南
坪単価
 -
徒歩
3分
ご契約者様のプロフィール
横山 禎也 様
2002年から西安料理の事業に携わり、独立する形で2010年から「唐朝刀削麵」をオープン。成田空港、西新宿、赤坂見附、人形町、浜松町と5店舗を運営されていたところ、浜松町が定借終了に伴い閉店。今回市ヶ谷に物件をご取得され、移転オープンされます!

 

【移転、物件探しについて】定借終了に伴う移転で女性比率の高いオフィスエリアに絞って市ヶ谷の物件を取得

Q.本日はご契約ありがとうございます。今回は浜松町の店舗が移転という形での増店でいらっしゃいますね。

はい。浜松町のお店が定借終了になり、半年前から移転先を探していました。昨年の秋にひとつ物件を申し込んでいたのですが、なかなか進展せずオーナーさんに違う店舗を選ばれてしまったのが去年の年末。年明けにまた違う物件を申し込むも再び取得できず、また頑張ろうと思ったときに今回の物件に出合いました。
元々の希望条件は上野~品川の山手線エリア、新宿、飯田橋、市ヶ谷、御茶ノ水、赤坂あたりなど、オフィス街でも女性の比率が高いところに絞って探していました。というのも、うちの店は中華でも野菜を使用したヘルシーなメニューも多いので、女性のお客様を見込める立地というのはポイントなんです。
そして今回の物件は市ヶ谷の駅から近く立地も良いですし、地下といっても半地下なので外から見える。希望エリア内で知っているビルだったのですぐにABC店舗さんに連絡をして、説明して頂く中でさらにいいなと思いました。立地、坪数、条件全て希望の範囲内で収められたので、以前の物件が取得できなかった途端にこの物件が出てきたタイミングの良さも感じています。

【新しいお店について】西安から招聘したシェフが作る本場の味を楽しんで頂きたい

Q.既存店の移転という形ですが、内装なども含めどのようなお店になるご予定でしょうか。

現状がかなり使い込まれている感じなので、大きくを変える予定です。基本的には他の既存店と同じく中国の雰囲気は演出しつつ、これから細部を詰めていきます。料理に関してもうちのウリである刀削麺を筆頭に、餃子やショーロンポーなどの点心や、大人気メニュー「ナスの山椒揚げ」もおすすめです。当店は西安から招聘したコックが作る本場の味が楽しめるというのがこだわりでもあるので、他店ではなかなか味わえない西安料理を提供していきたいですね。

 

人気店の移転ということで、市ヶ谷でも注目が集まりそうで楽しみです!特にナスの山椒揚げは他ではなかなか味わえない一品なので是非食べに伺いたいと思います。ありがとうございました!

 

物件公開日
2017年3月31日
内見日
2017年4月15日(物件が公開されてから16日)
申込日
2017年4月15日(物件の内見をされてから0日)
契約日
2017年4月26日(物件に申込をされてから11日)
オープン予定日
7月頭を予定
業態
中華
物件取得 実際の金額
約170万円
予算の相違理由
予算の範囲内でした。
物件探しで苦労したこと
他店との申込の兼ね合いでなかなか希望物件を取得できなかったことです。今回はやっと希望の条件に出合えましたが、タイミングも大きいと思います。
この物件の担当者
名前
石川 真衣
紹介
おっとり系、清楚系、表する言葉は数数多ある新人女性営業マン。好きなものは、居酒屋メニュー。
お客様を大事にしたいという思いからなのか、やりとりの量は目を見張るものがあります。