契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
大好きな日本で故郷のカレーを広めたい!観光客も会社員も見込める浅草で勝負を賭ける
物件番号
56053
業態
居酒屋
路線・駅名
東京メトロ銀座線・浅草
面積
15.00坪 / 49.59㎡
所在地
台東区西浅草
坪単価
 -
徒歩
9分
ご契約者様のプロフィール
アチャリャ・シタ 様
3年前にご夫婦で来日され、最初の2年は福岡で日本語の勉強と並行してうどん店に勤務。昨年の10月から独立開業を目指し東京に引っ越され、この度浅草で物件をご取得されました!

 

【独立について】故郷の味を日本に広めたいという思いから東京で出店を決意

Q.本日はご契約ありがとうございます。これまで、どのようなご経験を積まれてこられたのでしょうか。独立の経緯と併せて、お聞かせください。

子どもの頃から日本が大好きで、来日するのが夢でした。念願叶って2年前から福岡で暮らし始め、日本語を勉強しながらうどん店でホールを担当。やっと日本での生活にも慣れてきたので、故郷ネパールの料理を出す店を開きたいと東京に来たんです。
慣れない土地でわからないことや不安もたくさんあるけれど、旦那さんや友人、周りの人に協力してもらい何とかここまで来ることができました。お店では私はホールを担当し、キッチンには新しく人を雇う予定です。

【物件探しについて】予算オーバーでも集客を見込んで浅草の路面店を取得

Q.物件探しはいかがでしたか?

去年の12月頃からインターネットや友達のネットワークを使ったり、実際に不動産屋に行って探しました。希望条件は繁華街で駅近、浅草の中でも浅草寺周辺がよかったのですがやはり見つからなかったですね。他にも前店がカレー屋だった中野や新宿の物件を見に行ったのですが、想像していたイメージと違ったり狭すぎたりしたのであきらめました。
そしてこの物件は予算的にかなりオーバーしてしまうけれど広さもちょうどよく人通りの良い立地。観光客も多いですし、目の前に郵便局があるので人の出入りも多く、ランチ客が見込めそうです。カレーはテイクアウトもやるつもりなので、周辺のオフィス勤務の人たちの集客も期待して頑張ることを決めました。

【新しいお店について】カレー&ナンのセットをメインに、日本人ウケのいいタイ料理も提供したい

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

メインはカレーとナンのセットで、ベジタブル・チキン・シーフード・ほうれん草など5種類程度のバリエーションを作る予定です。カレーの他にはネパール・インド料理や、生春巻きなどのタイ料理もメニューに加えます。アジアン料理は日本の方にもファンが多いので、既に日本で親しまれているメニューを置くことで入りやすくしたいですね。内装は大幅には変えず、出来る限りセルフリフォームでまかないたいです。現状にキッチンとバーカウンターをつくり、作業がしやすいように変えていければと思っています。

 

優しさがにじみ出るようなアチャリャさんの笑顔に癒されに来る常連さんがたくさんつきそう!故郷のカレーの味を浅草から広めていってください!ありがとうございました!

 

物件公開日
2017年1月20日
内見日
2017年4月22日(物件が公開されてから約3ヶ月)
申込日
2017年4月22日(物件の内見をされてから0日)
契約日
2017年4月27日(物件に申込をされてから5日)
オープン予定日
5月末~6月頭
業態
カレー
物件取得 実際の金額
約300万円
予算の相違理由
かなりオーバーしてしまったけれど、がんばろうと思います。
物件探しで苦労したこと
日本語でのコミュニケーションがまだ不慣れで、手続きに苦労しました。
この物件の担当者
名前
清水 千歌
紹介
コツコツやる努力家タイプの新人営業ウーマン。
物件の取得から、案内に至るまで細やかなサポートを心掛けてます。