契約
探し方から契約準備まで、物件契約に関するお話をご紹介します。
既存店が安定し、すべての条件がそろったところで満を持して出店。いいタイミングで想定エリアにでた空き物件を取得
物件番号
56608
業態
バル
路線・駅名
JR中央線・四ツ谷駅
面積
46㎡ / 13.91坪
所在地
新宿区四谷
坪単価
徒歩
5分
ご契約者様のプロフィール
山本 雅也 様
2004年に有限会社SECRET BASEを設立し、渋谷区千駄ヶ谷に「北参道バール ZIPANGU」のオープンを皮切りに、「Wine & Kitchen RED HEARTS TOKYO」(千駄ヶ谷・リニューアル)、「ビストロ ボレロ」(中目黒)、「もつ焼き屋 豚忠」(千駄ヶ谷・リニューアル)と数々の新店舗開業の経験をもつ。

 

【物件探しについて】3店舗目出店により、さらなる事業の発展を図る

Q.物件探しはいかがでしたか?

2016年、中目黒に2号店となるビストロ・ボレロを開設し、セントラルキッチン機能を有した飲食店を立ち上げ、ワインバーとしての機能は順調に稼働してきています。そのセントラルキッチン部門を稼働させるための新店舗開店が当社発展のポイントとなるところですが、既存店舗がオリンピックの影響による道路拡張整備計画に伴って大規模な改装を余儀なくされたことなどももあり、着手がおくれておりました。ようやく既存店が安定してきたタイミングと重なって、好条件の店舗物件がでましたので、この度3号店を計画~運営し、セントラルキッチン企画を機能させたいと思っています。

【新しいお店について】手打ち生パスタとイタリア各地の地方料理が食べられる店

Q.新しくオープンをされるお店についてお話をお聞かせください。

一番のポイントはパスタなんですけど、スパゲッティ、ラビオリ、ニョッキ、ピチ、キャンディパスタなどさまざまな種類の生パスタを常時10種類ご用意しようと考えています。イタリア料理経験の長いシェフが、研究を重ねたオリジナルの手打ちパスタで、色も形もバリエーションがあり、見た目も鮮やかなんです。エミリア地方、リグリア地方など日本では耳馴染みの薄いイタリアの地方料理にも注目して、まだあまり知られていないイタリアのおいしい「食」をたくさん紹介していければと思います。ちなみに、ランチは大きな銀プレートに手打ち生パスタ、前菜、サラダ、メイン、スープ、デザート、ドリンクを盛り付け、日替わり1000(税込) で提供しようと思っています。サラリーマンの多い四ツ谷「しんみち通り」ですが、OLさんや上智大学の女子大生たちにも気軽に利用してもらえるようなお店にしていけたらと思っています。

 

会社としては3店舗目となる今回、女性に楽しんでもらえるようなオステリアに初挑戦されるということですが、お話を伺ってみて、イタリア料理へのこだわり、そして何よりコストパフォーマンスの高さに驚かされました。新宮シェフオリジナルの手打ちパスタ、そしてまだ知らないイタリアの地方料理に早く出会ってみたい!早くも期待が高まっています。本日はどうもありがとうございました。オープンを楽しみにしています!

 

物件公開日
2017年8月2日
内見日
2017年8月1日(物件が公開される1日前に内見)
申込日
2017年8月14日(物件の内見をされてから13日)
契約日
2017年9月20日(物件に申込をされてから36日)
業態
イタリアンバル
店名候補
Grazie(グラッチェ)
物件取得 実際の金額
約740万円
この物件の担当者
名前
冨張 悟史
紹介
度々弊社ホームページで顔写真が登場する新進気鋭、期待の営業マン。好きなものは、グミ。
少し声が小さいのが玉に傷だが、優しさと心遣いに定評あり。